気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 餅搗きホームベーカリー

我が家は今年も、搗きたてのお餅です。

▼手作りのお餅
打ち粉

昨年もご紹介しましたが
これ、餅つき機ではなく、ホームベーカリーで搗いたお餅です。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

ライ麦パンが作りたくて購入したホームベーカリーでしたが
偶然「餅つき機能」が付いていて
これが、なかなかにいいんですね。

▼Panasonic SD-BM102
Panasonic SD-BM102

年に一回しか使わない機能?…かもしれませんが
これが、案外と役に立ってくれて、しかも予想外に美味しくて
あると「とてもうれしい」機能です。

▼もち米
もち米

作り方も、とても簡単で
もち米を洗って、30分ほどざるにあげて給水。
そのままホームベーカリーに入れて
スイッチを入れるだけ。

▼ホームベーカリーの餅搗き
ホームベーカリーの餅搗き

後は勝手にホームベーカリーがやってくれるというか
もち米が蒸しあがったら、ピッピッとお知らせがあるので
蓋をあけてスイッチを入れると
写真のようにぐるぐる回って、餅を搗きます。
(見ていても面白いですよ)

▼餅を丸める作業
餅を丸める

お餅を丸めるのは、さすがに手作業。

打ち粉をはたいた「搗きたての餅」をつかんで
親指と人差し指で丸を作って搾れば、それが1個分のサイズ。


家にはいませんが、小さなお子様がいれば
とても楽しい作業になるに違いありませんね。

▼搗きたて餅
搗きたて餅

出来たてのお餅は、そのまま食べても美味しいもの。
子供の頃は砂糖醤油で、大きくなってからは海苔と醤油で
たくさん食べたものでした。

僕の家のホームベーカリー(1斤用)では
一度に3合のお餅が搗けます


お餅にまるめると、少し小振りの丸餅で焼く15個分の量。
娘の家の分も含めて、2回で30個のお餅を作りました。

▼お雑煮
雑煮

僕の家は、焼いた餅に清まし汁。
鶏肉に、かまぼこ、三つ葉、手毬麩のシンプルなお雑煮です。


ホームベーカリーのお餅は、
雑煮にしても良く伸びて、美味しい「ちゃんとした」お餅で
コイツはなかなかにお勧めです。



本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

今年もまた、喉頭がんの事、食事療法の事、プチ違反の事、
そして単に美味しいレシピやパーティーメニューの事などなど
あれこれ書いていきますから、癌患者の方も、食いしん坊の方も
よろしければ是非、コメントをお寄せください。

出来れば ↓ 拍手もね!

スポンサーサイト
2011/01/03/Mon 00:03:03  パン作り/CM:6/TB:0/

§ ゲルソン ブレッド

今日から「冬」???
寒いですね?。

プレゼンが近いんで、癌患者のくせに
久々に完徹(完全徹夜)仕事をしてしまいましたが
エアコンの<暖房>を入れてしまいました。

う?、外に出るのが恐い(苦笑)大阪も大変です。

さて先週は、ブログ開設 満2年、4万アクセス達成と続き
皆さま、沢山の拍手と温かいコメントありがとうございました。

今後とも一層、癌治療と(…言いつつ徹夜するなよ・苦笑)
食事療法に励んで行きたいんですが


その舌の乾かぬうちから「罰当たりな」パンを焼いてしまいました。

▼ゲルソンジュース・ブレッド
aゲルソン・ブレッド

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

あっ、新しいカメラ(一眼)買いましてね。
そのカメラで撮ったんですが、
ピントのあった部分のシャープネスとボケ味も効いてて
ナカナカの出来ばえでしょ(笑)

カメラのおまけみたいに付いてきたレンズとは思えない出来ばえで…
じゃなくって、パンの話でしたね。


その…ですね、ゲルソンジュース・ブレッド。

▼もちろん、丸ごと全部じゃありませんが、これだけの材料が入っています。 
a人参ジュース2本分

僕は、毎日このジュースを3本飲んでいますが
たまたま飲みきれなくて、
キャロットジュースがちょっと余っちゃったんですね。

▼ゲルソンジュース3本・1日分 
aゲルソンジュース3本・1日分

この人参+レモン+リンゴジュースを200?ほど
全粒粉に練りこんで…というかジュースで捏ねて
<全粒粉100%食パン>を焼いちゃったわけですね。

赤サフとか、塩とか砂糖はいつもの分量。
(サフ:3グラム、塩:3グラム味、砂糖:10グラムですね)
まぁ、「ふっくら軽く」とは行きませんが
小振りとは言え、一応は綺麗に膨らんでいます。


以前、人参の絞りカスを使った「キャロットパン」なども焼きましたが
そちらの方は、しっとり重く、ふくらみが足りない感じ。

コチラは、さっくりとパンらしい出来ばえで
人参の風味にリンゴの甘さも加わって、美味しい出来ばえです。


▼ゲルソン・ブレッドUP 
aゲルソンジュースブレッド

それにしても、恐ろしくピーキーなレンズですね。
パンの左端にピンが来てるんですが
手前も、奥の方も見事にボケている。…は、ともかく


非常に「もったいない」使い方ながら
大変に美味しく<滋養に富んだ>全粒粉100%パンが出来ました。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
more...
2010/10/27/Wed 17:17:17  パン作り/CM:12/TB:0/

§ ライ麦パンへの道

 ▼厚さ5ミリ?8ミリ
a厚さ5ミリ?8ミリ

ブンパーニッケルに代表される
「膨らまないタイプ」のドイツパンの標準スタイルですね。

▼ずっしり重く、膨らまないパン  
aライ麦パン

膨らんではいませんが、発酵させていないわけではなく
また「失敗作」でも何でもありません。


パン1斤分の材料で作った、
100%全粒粉&ライ麦粉(50%:50%)の
マクロビ「食事療法」ブレッドです。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

砂糖・塩、極力制限。
ヨーグルト以外の乳製品&鶏胸肉以外の動物性タンパク質禁止
少量のオリーブオイルと胡麻油以外は禁止…の
「食事療法」ですから、まめ子さんのような材料は使えません。
※食事療法でない方は、まめ子さんのレシピもご参考に!

▼全粒粉・ライ麦100% レーズンブレッド  
aライ麦 レーズン・ブレッド

ほっといてもワインになる葡萄のレーズンは天然酵母の素でもあり
天然の甘みは「酵母のえさ」にもなりますから
大きく膨らみはしませんが、しっとりした「美味しいパン」になります。

▼全粒粉・ライ麦100% 無花果&カシューナッツ  
aブンパーニッケル スライス

乾燥フルーツは、こうしたパンの風味によく合います。
胡桃やカシューナッツは、歯ざわりも風味もよく
タンパク質の補助にもなりますから、
栄養バランスにも優れたパンになります。

▼そして、プレーン
aライ麦パン・スライス

ライ麦100%のパンに挑みましたが
ホームベーカリーでは「捏ねるチカラと時間不足」
寝かせる時間も、焼く温度などにも、微妙なズレがあるのか
部分的に「生焼け」になります。


したがってこれが、ホームベーカリーにおける
<ライ麦パン作りの限界>ということなのでしょう。
…などと書くと、これが限界みたいで、余り美味しくなさそうですが
とんでもない誤解…本当に美味しい出来上がりです。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
more...
2010/10/21/Thu 21:21:21  パン作り/CM:10/TB:0/

§ 納豆ブレッド

昨日作ったヨーグルトバターは、美味しくて何にでもよく合うので
マーガリンの出番がすっかり減ってしまった訳ですが

それはさて置き、今日は久しぶりに新作パンのお話です。

ホームベーカリーを購入したのが、去年の12月ですから
使い始めてかれこれ8ヶ月になるわけですが
その間、いろんなドライイーストや酵母を試したり、粉を変えてみたりしながら
「膨らまないパン」というコンセプトで、いろんなパンを作って来まして

中身の方も、生姜紅茶パンとか、十五穀米ブレッドとか
トリプルベリーブレッドとか、トロピカルフルーツミックス、
薬膳パンに、バナナ練り込みブレッド、カリカリ梅のお茶漬けパンに
果ては海鮮中華ブレッドにワインブレッドなどというヤツまで、あれこれ作って、
最近は、それなりに、落ち着くところに落ち着いてローテーション。

なんて感じだったんですが、久しぶりの「新作」です。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

まずは、今から少し前の、ある日のランチメニューから。

このメニュー、本来は前夜の夕食メニューなんですが、
帰宅が遅くて食べなかった日は、翌日のランチメニューになります。
(前夜の食事は、会社でそれなりに何か作って食べてはいますけどね・笑)

▼豆腐ハンバーグ・ランチ
a豆腐ハンバーグ・ランチ

この日のお弁当メニューは、豆腐ハンバーグ・ランチ。
詳しくは後で説明するとして、まぁこんな感じのランチだったんですが
この時、家内が、妙なパンを作って来ました。

▼納豆ブレッド・袋入り
a袋入り

それがこれ「納豆ブレッド」。
あの糸を引く「納豆」をそのまま全粒粉ブレッドに練り込んであります。

ホームベーカリーで、焼いているので
香りは薄くなってはいますが、袋を開けるとやはり
納豆のあの香りが、かなり色濃く残っています。

納豆の粘りのせいか?定かではありませんが
普通よりかなりしっとりした質感です。

▼納豆ブレッド
a納豆ブレッド

材料は、いつもの内麦粉「ゆきちから」50%に「全粒粉」50%
ライ麦を入れていないので、普通に膨らんでいますが
ドライイーストは、赤サフで、塩・砂糖は控えめ
水は適量で、納豆は1パックを手動で途中投入です。

ふっくら膨らんでいる分、いつものパンより肌理は粗く
全粒粉特有のさっくりした風味…のはずが
納豆を入れたことで、しっとりツルリ。
それなりに粘りもあって、
唾液が出にくいなどの嚥下障害の方にもピッタリの食感と「喉越し」です。

納豆の粒は、写真をクリックして拡大していただいても分かりますが
詳しくは、下の部分アップでご覧ください。

▼納豆ブレッド・部分アップ
a納豆ブレッドUP



a納豆ブレッド・ランチ



a豆腐ハンバーグ



a副菜



aジュース&オクラ




2010/08/20/Fri 02:28:14  パン作り/CM:3/TB:0/

§ BBBブルーベリーブレッド

久しぶりに、パンの記事です。

と言っても、久しぶりに焼いたわけではなく、
久しぶりに「新しいネタ」のパンを焼いてみた。ので
久しぶりに、ブログに載せようと思った…という事です。
(前置きはえ?から、早よ?初めんかい!へいへい)


今日はBBBです。
BBブレッドです
Bベリーブレッドです
ブルーベリーブレッドですね!
(読むのやめるぞ?まぁまぁ)

▼ブルーベリーブレッド
aBBブレッド

いつものドイツパン風「ライ麦 全粒粉ブレッド」に
たっぷりのブルーベリーを混ぜ込みました。

▼ブルーベリー
aドライ ブルーベリー

ブルーベリーと言っても、お菓子・ケーキ用ではなく
漢方薬局で買った、健康食品のブルーベリーです。
(中身は同じかも知れませんが・笑)
何となく、カラダに良さそうな気がしますね。…よね。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

ブルーベリーは、その色素からアントシアニンが豊富。
1日20?30粒食べると、
眼性疲労に効き(パソコンに向き合う仕事の人ですから)
視力回復の効果が期待できるそうです。


また、活性酸素を取り除く抗酸化作用があり
老化予防やがん予防にも効果があるとされています。
(癌患者の老人予備軍ですから・苦笑)
ブルーベリーはタップリ入れています。

▼ブルーベリーブレッド
aブルーベリーブレッド

ほら、どの断面を見ても十数個は入ってるのが見えますね。

まぁ三切れも食べれば、
一日分のブルーベリーは十二分に摂取できます。

その分、かなり甘口のパンに仕上がっていますが
砂糖ではなく、全てフルーツ、ブルーベリーだけの自然な甘さなので
さっぱりして食べやすく「食事療法」的にも問題はないはずです。


そのせいか否か、おかずと一緒に食べる
「食事パン」としても、そんなにおかしくない味。
特に欧風の鶏料理やカレーなどには良く合います。

▼ブルーベリー&ブレッド
aブルーベリー&ブレッド

レシピはいつも通り、内麦粉のゆきちから中心。

レシピは<基本のライ麦パン>
 ゆきちから   100g
 全粒粉      100g
 中挽きライ麦粉 50g
 水       200?
 赤サフ5g、塩 3?5g、をホームベーカリーに入れ
レーズンポケットにブルーベリーを入れて作りますが
砂糖は、ブルーベリーの甘さが入るので入れなくてOKです。


基本のライ麦パンについては
こちらのライ麦パンアラカルトもご覧ください。

なお初めて僕のパンに記事を読まれる方に言って置きますが
このパンは、ライ麦に全粒粉ですから、膨らみませんよ。(笑)
でも、これはこれで「美味しい」と皆さんおっしゃってますから
ホームベーカリーをお持ちなら、是非一度お試しください。


▼ブルーベリーブレッド・袋入り
aブルーベリーパン袋入り

また、このパンは<しっとり>している分には美味しいのですが
乾くとボロボロになって、場合によっては崩れたりしますので
必ずビニール袋などに入れて「保湿」をしっかりと心がけてください。

パンって、市販のものは保存料などが結構含まれていますし
砂糖や塩の含有量もそこそこ多いもの。
全粒粉パン、ライ麦パンといっても
裏面の内容物を見れば、やはり普通の小麦粉がベースで
そこに全粒粉やライ麦を「食感やフレーバー」として
入れているものがほとんどです。


「食事療法」として、本気で作るなら、ライ麦パンはやっぱり
こうした「膨らまない」ドイツパンのようなスタイルになると思います。

「全粒粉パン」なら、ちゃんと膨らみますよ。
ただし塩分や砂糖を極力控えるので、酵母に「白神こだま酵母」などの
強力な酵母を使うとか、
ヨーグルトなどを混ぜ込んで、ふっくら仕上げるなどの工夫も必要です。
まぁ詳しくは、↑のライ麦パンアラカルトを読んでくださいね。



本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

●喉頭がんステージ?で声帯摘出手術を受けたがん患者です。
声帯のない身体障害者ですが、シャント法という手術で声を取り戻しています。
放射線治療で味覚を失いましたが、こんな記事が書ける程度にまで回復しています。


癌患者の方も、食いしん坊の方も
よろしければコメントをお寄せください。


出来れば↓拍手もね!
2010/07/23/Fri 23:23:23  パン作り/CM:2/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。