気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 2度目の整形外科、そうは問屋が・・・。

昨日は整形外科、2度目の検診に行ってきました。

a整形2・イントロ

先日書かせていただいた「必殺仕置き人 梅庵先生の」じゃなくて
「脊椎のズレ」による、指先の痺れ・・・の、続編です。

まぁ、結論から言いますと
残念ですが、治りません!


麻痺とか痛みとか、どうしても生活に支障が出てくるようなら
手術しかありません ・・・との事。


遠因をたどれば、若かりし頃(高校生ですよ・・・まだ)
大型バイクで転倒して、クビを捻挫(よく死ななかったものだと言う事故)
ヘルメットが真っ二つに割れて、助かったわけですが
1ヶ月と半分くらい、ベットから自力では起き上がれませんでした。


その時、ずれた脊髄が、周りの筋肉のばねが効いているお陰で
何とか無事にその機能を果たしてこれた訳ですが

今回の手術で、筋肉をごっそり摘出したせいで
その「ズレ」がひどくなってきて、脊髄を圧迫するようになった。


もう少し詳しく言うと、
今回の手術で、声帯&気管を摘出すると同時に
周囲に浸潤・転移した癌を根こそぎ摘出するため
リンパ節や甲状腺もごっそりと摘出(・・・何せステージ?です・苦笑)
さらに癌に侵されている可能性のある周辺の組織
つまり、脂肪や筋肉組織もがっさりと掻っ攫って、摘出したため
今回もまた、一月ほどは
「自力で頭が持ち上がらない」日々が続いた訳です。

退院当初は、首周りが全部腫れていて痛い、首が曲がらない、
動かせない、振り返れない、上が向けない、横も見れない・・・状態。


手の指は痺れてはいたけれど
放射線治療のせいで、味覚はないわ、鼻は利かないわ
シャントから、液漏れはするし、薬のせいで便秘も起きやすく
痰は絡む、しゃべるのは困難、喉は痛む・・・と
とてもじゃないけど、「それどころじゃない!」感じ。

それが、あれこれ徐々に解決、回復していって
気が付けば「手の痺れ」が残った・・・という事な訳ですね。



直接の原因は、喉頭がんではなく
前からあった古傷なんだけど、
それが、今回の手術の副作用?二次災害?ちがうなぁ
なんていえばいいのか、とりあえず、そのせいで実害が出るようになった。


⇒癌ダム「その、手術って、具体的にはどうするんですか?」

医師、首筋の真後ろを立てになぞりながら・・・
「まぁ、この辺をスパッと切って、当たってる骨を削るわけです」

癌ダム「あんまり気持ちの良い手術ではなさそうですねぇ」

医師「手術すると、また首の筋肉が弱りますし、ねぇ」
「まぁ、騙しだまし、付き合っていくのが・・・はい」

癌ダム「なるほど・・・ねぇ」


という訳で、薬だけガは処方してもらって
切れたら、また貰いに来る。

よほど悪くなれば、また診察に来ていただければ・・・という事で
「他に打つ手がありませんから、すみません」みたいな感じ。


・・・と、いわれてもねぇ。(苦笑)


せっかく、食道の腫瘍が消えて「喜んで」いましたが
やっぱり「そうは問屋が卸さない・・・」ってな事ですか?!


考えて見れば、まぁこの程度のことで済んでよかった・・・のかな?
癌の再発に較べれば、ほんとに屁のような話ですものね。
何もかもうまくいくよりは
このくらい「何かあったほうが」かえって気がゆるまなくて良いのかも。

まぁ、赤飯炊いて、盆と正月一緒に来たような大騒ぎ・・・などは
慎んだ方が良さそうですね。




●貰った薬です。オパルモン:朝夕各1錠
aオパルモン

血液をサラサラにして、血行を良くし
血行不良から来る、手足の痺れを改善します。


●同じくノイメチコール:朝夕各1錠
aノイメチコール

末梢神経を修復して、神経から来る手足の痺れを改善します。


●薬局でくれた、薬の説明
a効能効果

まぁ、良いことしか書いてありませんから
副作用や、薬の飲み合わせ、食事などについても聞いてみました。
薬剤師さんですから、聞けばちゃんと調べてくれます。

まぁ、多少の食欲不振などの副作用はあるみたいですが
弱い薬なので、目に見えての効き目などはないでしょう・・・とのこと。
まぁ「効き目」の方も、今のところ「聴いてる実感」はなく
じわじわと、そのうち効く・・・という薬のようです。


他の医薬品や、食品、生ジュース、野菜などとの食べ合わせ、
飲み合わせなども心配なし。


何だかんだと、悩みのタネは尽きないものですね・・・やれやれ。

僕にしては愚痴っぽい話になりました。
とは言え、別にめげてる訳ではありません。
強いて言えば、「めんどくせ?なー」見たいな感じ?!

はいはい!何でも言って・・・何とかしますから(苦笑)
めげない、頑張らない、でもちゃんと、対応して
したたかに生き延びて、それなりの楽しい事を見つけて遊ぶ。


皆さんも、見習うんですよ(笑)
はい、ころんでも、タダでは起きない癌ダムです。

・・・ちょっとは、元気出てきた(フン!)


●僕は、喉頭がんステージ?(末期がん)で声帯摘出手術を受け
身体傷害者(3級)の認定を受けた、癌患者で障害者です。
一旦は声を失いましたが、シャント法の手術で声を取り戻しています。


その割りに元気で、好きなことを言って遊んでいますが
現役でバリバリ仕事もやって、それなりにちゃんと稼いでいます。
そして、健常者に伍してちゃんとやっていることそのものが
癌で苦しむ「みんな」への、何よりの応援歌だと信じています。


ランキングボタン、応援よろしく!



応援ポチ!ありがとうございました。

またコメントも、どんどんお寄せください。
ブログのリンクも大歓迎。癌を笑って楽しむ会で行きましょう!
もちろん、癌でない方のコメントも大歓迎です。

スポンサーサイト
2009/10/30/Fri 00:00:00  病気/CM:10/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。