FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ 三色サブジ

昨日のサッカー、イングランドも、メキシコもまけちゃいましたね?。

それにしても、ドイツといい、アルゼンチンといい、
めちゃくちゃに強いですねぇ。
パラグァイに勝ったら、あんなのとやるのか…と思うと
「う?む」ですが、とりあえずは明日。
パラグァイ撃破を目指して、みんなで応援しましょうね!


さて、今日は「三色サブジ」のおさらいです。

実はこのサブジの話、過去に何度か書いた事があります。
昨日の「ビリヤニ」の記事の中でも
サブ扱いなので一気に書いたのですが
読み返してみると、さすがに記事が長すぎて読む気がしない。


それにあくまでサイドメニューの扱いなので
詳しい事や、その良さも伝え切れていない…などなどの理由で
分離して、きちんと書くことにいたしました。
(昨日読まれた方は、半分繰り返しになりますが、改めて読んでね!)

▼三色サブジ
b三色サブジ

昨日は、サブジは、オイルで野菜の旨みを引き出す
ラタトィユの親戚みたいな料理。
単品野菜のスパイス煮込みだと思ってください。…と書きましたが

そもそも、サブジというのは、インドの「おばんざい」みたいな
冷めても美味しい「野菜の作り置き料理」で、


たとえばフランスのラタトィユが、水を一切使わず
野菜をオイルで「炒め煮」にするように
サブジは、野菜をオイルで「蒸し煮」にする…という
日本人にはまったく馴染みのない料理法で作ります。

もちろん水は一滴も使いません。

最初はちょっと面食らう料理法ですが
一度やると、要領がつかめてきて、後はラクチン。
<人参大嫌い!>のお子様にも大好評の料理ですから
是非憶えてくださいね。

▼人参のサブジ
a人参のサブジ

では作り方の具体的なご紹介です。

小鍋にオリーブオイル50?位を注ぎ
クミンシード小さじ半分程度を入れて、レンジに点火し
クミンがパチパチと弾け始めたら


スティックに切った人参、中1本を入れ、焦げないように炒めながら
ターメリック小さじ1/2、コリアンダー小さじ1程度、
レッドペッパー少々、塩小さじ1/2を加え、
アルミホイルで落し蓋をして、鍋にも蓋をして中火で15分蒸し煮。

さらにガラムマサラ小さじ1/2を加えて、弱火で8?10分煮て
芯まで火が通ったら出来上がりです。


▼オクラのサブジ
bオクラのサブジ

作り方はまったく一緒です。

面倒なら、材料を一緒にして
人参とオクラのサブジにしても何の問題もありませんが
まぁ分けた方が彩りが綺麗なのと
野菜が違えば旨みも異なるので、それぞれの美味しさを重視した
といえば、ちょっとカッコ良いかな?位のお話です。

オクラは、15?6本。ネット入りのヤツを1パック程度ですね。
サッと洗って、水気をよく切ってから(油でパチパチはねますから)
50?60? 位のオリーブオイルで、
揚げるような感じで炒め、スパイスを加えて、さらに炒め
ガラムマサラを足して、アルミホイルで落し蓋をして
さらに鍋に蓋をして、弱火で数分「蒸し煮」にします。


人参に比べて火の通りは早いので、
全部で10分くらいで出来上がります。

人参のサブジを弱火にするところまで作ったら、
もう一つ小鍋を出して、お蔵のサブジを作り始めて
ほぼ同時に出来上がる…といった感じですね。


▼ジャガイモのサブジ
bジャガイモのサブジ

まぁ、コレも一緒にして
人参とオクラとジャガイモのサブジでもいいのですが
せっかく別に作るので、
コレだけは「南インド風」の味付けにします。

といってもスターターシードを
クミンからマスタードシードに替えるだけ。(笑)
ジャガイモは、2.5cm位のサイコロに。
玉ネギを串切りにして加え、甘味を出します。
後のスパイスと手順は↑二つと同じです。


とは言え、僕の場合スパイスは「目分量」ですから
それぞれ微妙に味付けが変化して
またそれが美味しいことになりますから
皆さんも「適当」にやってくださいね。

▼三色サブジ
b三色サブジ

サブジも三色並べると、こんな感じのイタリアンカラー。
実はコレがやりたかったんですね?(笑)


もうじき2歳の男の子(孫ですよ?)も
好ききらいせず、全部美味しそうに食べてくれました。


⇒あちこちで試してかなりの確信を持って言いますが
サブジなら「ニンジン嫌い」のお子様も、美味しいと食べてくれますよ!

●サブジの材料
人参:中1本、オクラ:15?20本、
ジャガイモ(メークイン)小2?3個、玉ネギ:半個

オリーブオイル50?位(×3回分・以下同様)
スターターシード:クミン又はマスタードシード:小さじ1/2
ターメリック小さじ1/2、
コリアンダー小さじ1程度
レッドペッパー少々(好みで適当に)
塩小さじ1/4?1/2(減塩の度合いで適宜)
ガラムマサラ小さじ1/2



※関西だけかも知れませんが、最近、ハウス食品さんが
「クミンシード」のスパイス単独広告を時々流してますね。

その中で「まったく新しい料理の扉を開きます」という
ナレーションが入りますが、その新しい料理の扉がこれ!
オイルの中にクミンシードやマスタードシードを入れて
パチパチ弾かせて、香りを出す
「スターターシード」という考え方ですね。


オイルで「蒸し煮」にする、サブジという料理法。
ひょっとしたら、料理の新しいトレンドになるかも知れませんね。
憶えておいて、きっと損はありませんよ(笑)。



●喉頭がんステージ?で声帯摘出手術を受けたがん患者です。
声帯のない身体障害者ですが、シャント法という手術で声を取り戻しています。
放射線治療で味覚を失いましたが、こんな記事が書ける程度にまで回復しています。


ランキングに参加しています。
よろしければ、↓ ご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

癌患者の方も、健康志向の方もコメントくださいね。

   ↓も♪ブブ?してね!



2010/06/28/Mon 18:28:06  食事療法/CM:4/TB:0/
BACK / MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房