気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ おせち準備2011

年末は何かと忙しく、ブログもおろそかになりがちです。

クリスマスの記事だって「後でちゃんと書こう」と思いましたが
写真だけ載せっぱなしで、う?む…ですしね(苦笑)


まぁ、その辺りは、ちょっと後回しにして
とりあえず、年内に書いておきたいことをひとつだけ。

と言うか、まぁ毎年書いている「おせち」の話なんですが
年が明けてから、「こういうのを作りました」って書いてみたところで
自慢にしかならないし…とか、思った訳で


▼去年のおせち(2010)
aフルセット1

それよりむしろ、年内に何か書いて
今度のお正月の参考にしていただければ…と、考えた訳です。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

もちろん、これ、ほとんどすべて手作りです。
食事療法であってもなくても、
おせちくらい作れる人でいたいものですね。

写真の上の文字をクリックしていただければ、レシピのブログに飛びますし
写真をクリックしていただければ、画面いっぱいに拡大してご覧いただけます。
他の写真についても同様です。


毎年作っていても気づきませんでしたが
食事療法を始めてから、そういう視点で良く考えてみると、
昔ながらのおせちって結構「マクロビ」なんですね。

もちろん保存食なので、塩分は少し強めですが、まず肉類は入ってないし
昆布巻き(フコイダン)とか、紅白なますとか、数の子に田作り…
煮しめだって根菜類に鶏だし、卵焼きなどは少しくらいなら食べてもOK。

さすがに玄米ではありませんが
正月にお餅を食べたからといって
それだけで癌が再発や転移する訳でもありませんよね。

▼ホームベーカリーのお餅で作った、お雑煮
b雑煮碗

ホームベーカリーも3年くらい前の製品からは、
「餅つき」機能が付いたモノがあります。

半信半疑でしたが、何しろ<搗きたて>ですから、
これが結構まともなお餅で
さすがに、ちゃんと付いた餅にはかないませんが
買ってきた餅など、足元にも及ばない美味しさです。


それと、これはまぁ<年に1回の違反>なので
余り食事療法の方には勧められるものではありませんが
癌じゃない方には、是非真似していただきたい一品。

▼自家製ローストビーフ
c焼き上がり

この記事、写真入りでちゃんと書いてありますから
なかなかに、わかりやすいと思いますよ(笑)。

燻製器を使うやり方ですが、焼き芋器でも作れますし
深めの中華鍋と餅網に適当なボウルの蓋など
あり合わせの道具を工夫しても十分作れると思います。


その他、いも棒の作り方とか、

前の年のおせち料理(2009)の話とか

さらに、手前勝手な話ですが
おせち料理くらい自分で創ろう…と、屁理屈をこねる話とか
さらにその続編とか…まぁこの辺りは
退院してすぐの話(とはいえ1年後)ですから
まぁ、正論と言えば正論ですが、
セイロンはまぁ、生姜紅茶パンくらいにしておきましょう。



さて今年1年、ご愛読ありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。


よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

癌患者の方も、食いしん坊の方も
よろしければコメントをお寄せください。

では、良いお年を。

出来れば ↓ 拍手もね!


スポンサーサイト
2010/12/31/Fri 03:31:31  料理/CM:3/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。