気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 入院散歩風景

晴れたり曇ったりと、相変わらずすっきりしない天気ですが
セミの声もあちこちで聞かれるようになって、うだるように夏。

▼病院横の遊歩道の向日葵
遊歩道の向日葵

若い方なら「ゆず」などが聞きたくなるのでしょうが
僕などは「吉田拓郎」辺りの方が、歌詞もシッカリと頭に刻まれて、昼下がりの夏。

…なんですが、コチトラの方は、術後の経過も順調で
昨日、病院を外来で訪ね、診察室で「抜糸」して来ました。
 

先生、パチンパチンと糸を切りながら、う~ん、一番下のは残しときましょうか、って

えっ、残しといて いいんですか?
ええ、別に問題ありませんから…とかのやり取りがあって
(声が出ないんで筆談ですから、これがややこしい・苦笑)
 

要するに、傷口の端っこの「止めの力糸」ってことかい!
…等と、相変わらず「楽しい」先生です。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

というか、病気なんて、こんな風に「笑い事」にしておくのがいいのですね(笑)

こんなふうに、一方で「ちゃんと考えながら」その上で
「面白いことを見つけて楽しむ」のは、
治療や治癒にもつながりますから<本日のお勧め>ですが
 

普通は「深刻な顔をして」いながら、怖いので「最悪の事態を考えないように」して
誰かが「大丈夫と言ったから大丈夫」などと、事態を甘く見て、正視しようとせず
医者や薬頼みの「他力本願」で、「奇跡でも起きるんじゃないか」と何もしない

と・・・これでは治るものも治らないので
抗がん剤治療でも、放射線でも、食事療法でも結局「治すのは」自分のカラダですから
「頑張れ、自分」「頑張れ、免疫細胞」「がんばれ、マクロファージ」と
応援してあげる事が大事なんですね。
 

…と、思わず力が入ってしまって(苦笑)
ご自身の細胞さんにも「頑張るよう」よろしくお伝えください。

▼窓辺のハト
欄干のハト

ところで、前回は紹介状付きで、大先生の特別外来予約でしたので
この病院の「一般外来」で診察を受けるのは初めてだった訳なんですが

             続きを読まれる方は ↓ から
more...
スポンサーサイト
2011/07/30/Sat 22:33:00  入院日記/CM:6/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。