FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ 教えてください!

昨日の今日ですから、そんなに変化がある訳ではありませんが
左手の指くらいは使えるようになりました。

といっても、肩の傷のせいで むくんだ左手を右手で持って
よっこらしょっ!とパソコンの上に置いて
手首をついて、指の届く範囲…でしか使えませんんが


それでも、入力の効率は随分と上がります。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

まずは沢山の応援コメント、本当にありがとうございます。

おひとりづつお返事を書きたいのは山々なんですが
あまりに数が多いので、さすがに対応しきれない…苦笑
うれしい悲鳴を上げております。


いつも、コメントのやりとりをさせていただいている方々はもちろん
はじめてコメントをいただいた方、
黙って長期間読んでいただいていた方など
改めて、ブログの力を再認識した次第でもありました。

さてその中で、ちょっと気になるお話が2件ほど。

ご家族の方が、僕と同じ「皮弁手術」されたという
「まぁネェ」さんと「you」さんにお伺いしたいのですが


1.皮弁手術で、食道はどのくらいで「くっつき」ましたか?
2.盛りあがった皮膚は、どのくらいで平らに落ち着きましたか?
  また、やっぱり完全には戻らないものですか?
3.そして、皮膚を剥がした方の「肩」に腕が上がりにくいなどの
  後遺症はどの程度あるのでしょうか?

何分はじめての経験ですので、その後がどうなるのか?
よろしければ、お教えいただけると助かります。


もし他にも経験談などがあればお教えください。
公表しにくいお話であれば、内緒の鍵付きでも結構です。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から

さて、今日は熱があり、ちょっとぼ~っとしています。

風邪とか、そういう事ではなく
大きな傷があるので、それと闘うために発熱している…という感じです。


昨日から今日の午前中は微熱、午後からは39度近くまで上がりましたが
現在は、座薬で平熱に下がっています。

座薬って、けっこう嫌う人が多いんですが
効き目が早くて、胃も荒らさないので、僕は嫌いではありません。


かつて、某・有名座薬メーカーの仕事をしていたせいもあるのですが
一般に「飲み薬」というのは
「唾液」や「胃液」の強力な酸に晒され「胆汁」などで消化されて
やっと腸にたどりついて吸収され始めます。

効果は遅いし、胃液に負けないよう強力な分、胃も荒らして…
と、あまりほめた話ではありませんが


その点、座薬って言うのは、
腸からスルリと入って、成分が直接吸収されるので
効き目も早く、胃も荒らしません。

注射には痛みもあって、打つ人にそれなりの技術も必要ですが
座薬なら、ほぼ同等の効き目と即効性がありながら
それらの技術も要らない…という、効果的な手法なのですが


お尻から入れる…
恥ずかしい、違和感がある…などの理由で
嫌う人が多いのも、ちょっと残念な気もします。

などという事も思い出しながら、実はこの「解熱剤」
一昨日も「痛みどめ」で使ったのですが
「沈痛・解熱剤」ですから、まぁ、そいうい事ですね(笑)




本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!

2012/04/26/Thu 20:21:00  喉頭がん/CM:6/TB:0/
BACK / MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房