気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 「治療しない癌」ではなく、「治療できない癌」…ですよね。

僕は、ほんの少しでも可能性があるなら
座して死を待つな、起きて勇気をもって、さぁ、がんと闘え!
というスタンスで、なんとか頑張ってはいますが、

それでも、なお、治療をあきらめ
残された日々を平穏に過ごす道を選ぶ…という場合も
残念ながら、あるにはある・・・と思っています。


それは、見つかったがんが、残念ながら「すでに手遅れ」で
治療しても、本人を苦しめるだけと判断される場合。

そして、懸命の治療も食事療法も、神も仏も及ばず
もはや助かる見込みがないと判断された場合に限っての話であり


▼はたしてこの本は正しいのでしょうか?
ちょっと気になるタイトルですね!

決して、近藤医師のいう「がんもどき」や、治療しない方が長生きできる、
楽に死ねる・・・などといった、根拠のない世迷いごとを信じて
自主的に無治療を選ぶ・・・というような、身勝手な話ではありません。

僕はその後、医療ミスで1年以上の入院を強いられましたが
その間、治療のがいなく、旅立たれる方や、ホスピスへ向かう方など
生きたくても生きられなかった患者さんをたくさん見てきました。


ホスピスやターミナルケア施設はそうした患者さんたちの施設であり
緩和ケアは、そうした患者さんたちの最後の砦です。
どうか「身勝手な無治療」で、本当に必要な方々の席を奪わないでください。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
more...
スポンサーサイト
2015/02/28/Sat 20:45:00  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。