気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 夏野菜の揚げ浸し

▼夏野菜の揚げ浸し
夏野菜の揚げ浸し

夏バテで、食欲のないときにも美味しく食べられる
「夏野菜の揚げ浸し」です。

まぁ、基本は「茄子の揚げ浸し」に「野菜の素揚げ」を足して
「鶏の唐揚げ」もプラスして、後は湯剥きしたトマトなどの
生野菜系もONして…なんて具合の、アバウトな料理ですが


これが案外と美味しくて、病み付きになる味なんですね。
あっ、ガンとかで「病み付いちゃった」僕らにも適合の
食事療法対応メニューなのは言うまでもありませんよね。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
 
▼夏野菜の揚げ浸し きゅうり入り
夏野菜の揚げ浸しA

作り方など必要ないようにも思いますが…一応書きますと
軽く粉をはたいた野菜とか鶏の胸肉を
サラダ油とか(がん患者さんはオリーブオイルとか)でサッと揚げて
※少量の太白胡麻油でソテーしてもいいですよ

湯剥きしたミニトマトとか、きゅうりとか
マッシュルームとか若布なんかも入れて
出汁でサッとひと煮立ちさせて、自然に冷ませば出来上がり。
 

先日、僕が「きゅうりを煮炊きするレシピ」を作ったのに刺激されて
今度は家内が、きゅうりを煮炊きする料理に使ってみました(笑)

▼夏野菜の揚げ浸し(小鉢)
夏野菜の揚げ浸し(小鉢)胡瓜入り

小鉢に取って、アップで見ると、もっとよく解かりますね。

今回は入れていませんが、揚げ出し豆腐を入れたり
面倒な場合は「厚揚げ」を入れたり…とかで
鶏肉を使わないバージョンもあれば、
 

ピーマンとか、しし唐などを入れたバージョンもいいものです。
(各自で工夫してみてくださいね)

▼いわゆる日本のどこにでもある「普通のマクロビご飯」…ですね
普通のマクロビご飯

おかずには、もう一品「鮭の幽庵焼き」をプラスして
いわゆる「懐かしい感じの」日本の夕食ってイメージでまとめた
食事療法的にもお勧めの、マクロビオテック夕ご飯ですね。

えっと、ですね…油は使うけど(植物性)
出汁で煮るので、具材を食べる分には、油は落としてあるから
…実際に油の摂取量はほとんどない、と言う理屈です。


もちろん油分ゼロではないので、多少は気を使うべきですが
週に一度くらいなら大丈夫と思いますし、また
美味しく食べることも患者にとって重要だと思うわけですよね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


▼鮭の幽庵(柚子餡)焼き
鮭の幽庵(柚子餡)焼き

こちらは、食事療法的にも問題のない「鮭」の幽庵焼き。

室町の茶人「堅田幽庵」の作と伝えられていますが
要は、鮭の切り身を柚子餡(柚子茶の素)に漬けて焼いたもの
 

さわらとか太刀魚、鯛なんかにも応用できて
中々に美味しいものですから、憶えておいて損はありません。

▼とうもろこしご飯
とうもろこしご飯

ところで、今日のご飯は「とうもろこしご飯」です。

そろそろ季節といえば季節ですから
まぁ、ものは試し…みたいな感じで
お米と一緒に炊飯器で炊いてみました。
 

風味も良く食欲を誘って、案外と美味しいし
割とヒット!かも知れませんね。

▼コーン(バター)ライス
コーン(バター)ライス

試しにバターを溶かしこんでみましたが、まぁこれは好き好き…
がん患者さんはやめた方がいいし、冷めたら固まるので、これも問題。

まぁ、同じやるなら、たまねぎとかも炒めて
ちゃんとしたバターコーンライス…の方が、いいように思います。
 

でも、温かいうちにすぐ食べるなら、案外と悪くない味ですよ。
コーンとバターの相性は、ラーメンがとか言うまでもなく…ですよね。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2013/09/01/Sun 22:22:22  食事療法/和食/CM:10/TB:0/
new 豆アジのみりん干し / MAIN / 戦争予測…? old

COMMENT

質問  from - NK
初めてコメントさせていただきます。
美味しそうですね。少し質問あります。
>出汁でサッとひと煮立ちさせて、自然に冷ませば出来上がり。 
⇒出汁の材料を教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
2013.09.02-23:16/NK/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.02-23:42///EDIT/
Re: 質問 NKさま:  from - 癌ダム4G
はじめまして、こんばんは。
ご質問、大歓迎です。

> >出汁でサッとひと煮立ちさせて、自然に冷ませば出来上がり。 
> ⇒出汁の材料を教えていただけると幸いです。

基本的に「揚げ出し豆腐」と同じですが
カツオだしに、薄口醤油小さじ1~2杯、味醂少々…です。
僕は食事療法ベースなので、基本的に薄味ですが
その辺は味見しながらお好みで(特の減塩の必要がなければ自由です)

普通の醤油で必要十分なのですが、
薄口を使う方が色がきれいに仕上がりますよね。
僕は「ヒガシマルの減塩 薄口醤油」を使っています。

味醂は、適量…なんですが、
入れるとテリが良くなって味もまろやかになりますが
油が入る料理なので、入れすぎるとしつこくなりますので、控えめにどうぞ。

酢とかは入りませんが
具材に湯剥きしたプチトマトなどが入ると酸味もあって
美味しく仕上がります。

まぁ全体にさっぱりした仕上がり…を目指しましょう。

まぁ、こういう料理は、ホント「適当」ですから
あまり気にせず行きましょう!

また、何でも聞いてくださいね。
2013.09.03-00:57/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.03-10:38///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
なるほど、頑張ってらっしゃいますね。
亜流も含めて「ゲルソン式」はジュースが基本ですが
そのあたりはちゃんと飲んでらっしゃいますか?

僕が相談に乗れる立場かどうか?定かではありませんが
とりあえずは、鍵付きでけっこうですので
癌の部位とステージなど、差し支えなければお教えください。
でないと、僕もナニをお伝えしていいか判りません(笑)

僕は食事療法も5年近くやってますから
違和感はほとんどありませんが、始めはアレコレ大変ですよね。
僕もいろいろ調べながら五里霧中でやってましたが
とりあえず気付いたのが、
どの本を見て作っても「不味い!」(苦笑)という事。

書いてらっしゃるのがお医者様と栄養士さんですから
「美味しいものを作る料理人」というスタンスではなく
病気を治す「食餌」療法…みたいな感じだったんですね。

そこで「美味しい食事療法」というのを目指して
ブログで紹介していくことにしたのですが
現在書いているのは、治療後5年を経過して
まぁこの程度なら違反しても大丈夫であろう…というレベルですから

退院後2~3年以内の方は右側のINDEXから、
過去の食事療法メニューを探していただく方がいいのですが
まぁ、解からないことがあれば何でもご相談ください。
(オフ会もどきもやってますよ・笑)

あの…それから、今回のお便り…内容からみて、
特に鍵付きにする必要はないように思いますが、いかがでしょうか?
もちろん次回も鍵付きでけっこうですが
同じがん患者同士、オープンに仲良く行きましょう(笑)
2013.09.04-03:42/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.04-08:36///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
お気持ち、よ~く解かります。
(最初はみんなそうですよね)

一般に、癌であることを隠そうとする方は大勢いらっしゃいます
癌だとわかるとクビになる?リストラ対象にされる、昇給た昇進に響く、
また、こどもの結婚に影響する…などなど理由はさまざまですが
なんだか悲しい世の中ですね。

とりあえず、国民の50%が癌予備軍と言う時代
そうした<いわれなき差別>は過去のものになリつつありますが
それでもまだ気にされる方は大勢いらっしゃいますよね。

とは言え、やり取りの一切は任意に設定した「仮の名」ですし
本名やメールアドレスが流れる訳ではありませんから
その点はご安心ください。

そして、僕は、癌で苦しむさまざまな方が
こうしたやり取りや食事療法のヒントなどを読むことで
何らかの役に立つ…という理由で
出来る限り、オープンな形でご相談に乗りたいのです。

あなた様だって、そうした記事ややり取りなどを見て
僕のブログを参考にしようとお考えなわけですよね。
僕のブログをご覧になってる方の半数以上が
がん患者さん、もしくはそのご家族と思われます。

あなた様へのお返事は、きっとまた、どなたかの
食事療法のヒントになることでしょう
よろしければ、そうした意味からも
オープンなやり取りが望ましいと考えますし

また本名とか勤務先が特定されるようなこととか
誰かの批判や社会的に問題のありそうな発言でなければ
(そうしたご相談の場合は鍵付きですよね)
別に、何の問題もない様に思うのですが、いかがでしょうか?

さて、ご相談の件ですが
ちょっと珍しい部位の癌ですよね。僕も初めて知りました。
食事療法が役に立つのかどうかは定かではありませんが

肉や油、塩分の摂取量を減らして、野菜を増やすことで
少なくとも、症状の悪化を防ぐことは期待できるでしょうね。
食事療法のレシピなら、幾らでもお教えします。
料理の作り方も、わかりやすくお教えしましょう!
場合によってはあなたに合った新メニューも考えましょう

でもそれは、あなたの役に立つと同時に
癌で苦しむ誰かさんのお役にもキット立つように思うのです。
同じ癌仲間です。
どうか…ご理解ご賛同いただければ幸いです。

それでも怖ければ、もちろん鍵コメでけっこうですよ(苦笑)
(個人てきなことなら、なおの事、鍵をつけてください)
メールも鍵コメも守秘性としては同じことですから。
2013.09.05-19:20/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - NK
丁寧なお返事ありがとうございます。
何度見ても写真の料理、美味しそうです。

この記事とは少し場違いな質問で恐縮ですが、コメントのジュースが基本に関して。お忙しい中でジュースはいつのタイミングで作られているのでしょうか?朝一番に1日分を作成でしょうか?毎食前に作ってジューサー洗浄してとなると手間がかかりますが、癌ダム4Gさん流のコツなどあれば教えて貰えたら幸いです。
少し場違いなコメントで失礼しました。?(ジュースの記事にコメント書いた方がよろしかったでしょうか。)
2013.09.06-17:38/NK/URL/EDIT/
Re: NKさま:  from - 癌ダム4G
コメント、ありがとうございます。
言い過ぎたかな?…と、少し心配していたところでした(笑)

> ジュースが基本に関して。お忙しい中でジュースはいつのタイミングで作られているのでしょうか?朝一番に1日分を作成でしょうか?毎食前に作ってジューサー洗浄してとなると手間がかかりますが、癌ダム4Gさん流のコツなどあれば教えて貰えたら幸いです。

いえいえ、いつでもどうぞ。
まぁ、原発とか選挙に記事にはさすがに場違いかも知れませんが
そんなときは鍵コメか、一つ前の記事でお願いいたします(笑)

さて、ジューサーの手入れですね。
まずは「臼式ジューサー」をお持ちでしょうか?
シャープのスロージューサーとかヒューロムのいきいき酵素くんなどですが
食事療法のジュースには、ほぼ必須条件かな?と思います

で、その臼式ジューサーを基本に説明しますと
コツとしては、必要なジュースを絞った後、1~2リッターほど
投入口から ただの水を入れて、ジューサーの中を洗います。

受け口に「色水・笑」と「残りかす」が出てきて
ジューサー内部がかなりきれいになりますから
そこで分解して掃除すると、かなり楽に掃除できます。
(このテクニックはミキサーでも使えます)

野菜だけ…油やミルクなどが入る訳でなし
半日ごとに使うので、サッと水洗いで必要十分です。
(1週間に一度くらいは洗剤で洗ってます)

ジュース材料は、基本的にコープ自然派…という
低農薬・無農薬野菜の多い生協で宅配してもらっています。
(大量に摂取するので、多少の農薬も無視できませんよね)

足りない分は、近所のスーパーなどで休日に買出しに出かけます。
夏場はりんごなどが品薄になるので、まぁアレコレ大変です。

…で、絞るのは、基本「飲む直前」ですが
まずジュースを作っておいて、冷蔵庫に入れてから
食事の準備に取り掛かる、という段取りです。

以前は、実験がてら、あれこれ自分で作っていましたが、
現在は家内が作ってくれています。

会社に行く場合などは、赤のジュースとグリーンジュースを
各1本づつ朝絞って、1本はその場で飲んで
もう1本を、弁当と一緒に<保冷バッグに入れて>会社に持って行きます。

会社にも冷蔵庫はありますが、半日分の保冷剤を入れておけば
まぁ冷蔵庫に入れなくても大丈夫ですね。

食事療法を始めてから4年間…つまり術後5年経過までは
1日3本(赤2本・緑1本)を飲んでましたから
朝1本飲んで、保冷バッグに2本…というバランスでした。

ジュース作りとジューサーの手入れ…
まぁ面倒といえば面倒だし、お金もそこそこ掛かるものですが
毎朝やってることですから、慣れちゃって、別段苦にはなりません(苦笑)

術後5年経ったので、食事療法もやめようか…と思ったのですが
なんか、牛肉なんかまずくって食べる気がしない…と家内は言いますし
健康に悪い訳はないので、規準を緩めながら、まぁ続行…というニュアンス。
ジュースも美味しいので、まぁ量を減らしながら現在に至っています。
結局そういう事かなぁ…とは思います。

それともう一つ大事なポイント!

家内も最初は、食事療法メニューに物凄い抵抗感を感じていて
どう作っていいか解からん!…と、文句ばかり言っておりましたので
自分でアレコレ工夫して、家内にも(つまり癌でない人にも)
美味しい食事療法料理を作ってきましたが

そのうち、考押したジュースや食事が、ダイエットや美容にも
「劇的に効果がある」ことに気付き、
それからは積極的に作ってくれるようになりました(笑)

だから、奥さまにも効果があるまで続ける事を第一目標に掲げましょう(笑)

そして食事療法とは言え、食べることは人生の基本でも喜びでもあるわけですから
まずは「美味しい」事、そして「食べて、作って、楽しい」食事でなければ
幾らカラダに良くっても、食べる気にはなりません。

そんな感じで僕のブログをご利用いただければ…と思います。
また、何でも質問してくださいね。
2013.09.06-18:43/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: NKさま:(追信)  from - 癌ダム4G
えっと、オマケです。

ブログ仲間でtomoko さんという方のブログ「家族と生きる」のなかの
「テレビ」という記事の中で、虫垂がん患者さんの料理本に付いて書かれています。
http://tomoko120101040123.blog.fc2.com/blog-entry-47.html#comment-top
ご参考なるかと思いますので、↑ のアドレスをクリックして記事に飛び
ご一読ください。

その本を書かれた方のテレビ放送もあるそうです。
2013.09.06-19:14/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1131-45170618


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。