気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 食事療法スィーツINDEX

とあるがん患者さんから、ケーキについて少々苦言をいただきましたので
今日は、美味しいマクロビスイーツのINDEXです(笑)

▼マクロビ<豆乳>ブッシュ ド ノエル
bブッシュドノエル2
マクロビXmas (本格的ブッシュドノエルです!)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-303.html

  豆乳生クリームにマクロビチョコ&フルーツケーキ
  食事療法フル対応だけど、美味しいケーキです。


僕は がん患者ですが、術後5年を経過していますので
時々「解かった上で」違反しています。

考え方としては、最初の2年間は絶対禁止。
再発率が15%以下に下がったら、まぁ月に1回くらいなら
術後4~5年目なら、まぁ土日くらいなら
多少の違反なら、まぁ良いんじゃないでしょうか?
 

要は、ルールを決めて「なし崩し」にならないことが重要で
そうしたルールを決めて食べるなら、多少の違反は、
精神的な意味も含めて、まぁ構わないかなと思っています。



★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
 
見た目は悪いのですが、これでもお誕生ケーキ?です。
食事療法を始めて間もない頃、
家内と娘が見よう見まねで作ってくれました。

▼オーガニック・フルーツケーキ
cオーガニック・ケーキ
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-236.html

見た目は、イマイチ…いやイマニですが
本当に美味しいものでした。


これが、3ヶ月もすると慣れてきて、腕も格段に上がって
冒頭のブッシュドノエルになる訳ですから
皆さん、頑張ってくださいね。

▼マクロビ・チョコケーキ
aマクロビ・チョコケーキ
マクロビ・チョコケーキ (こっちは簡単です)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-483.html

生協(コープ自然派)で、マクロビケーキを見つけて
市販の植物性ホイップクリームで飾りを作りました。


僕の自作です…スィーツ不得意・ど素人の僕でも
これくらいならできたので、
皆さん安心してチャレンジしてくださいね(苦笑)。

▼マクロビ・ホットケーキ
aマクロビ・ホットケーキ
マクロビ・ホットケーキ
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-484.html

いま流行りのパンケーキですね。
5年前の作ですが、僕だってこれくらいは作れます。
がん患者のおっさんをなめるなよ!…ですね。


全粒粉マクロビパンケーキ(2回めもご参考に)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-626.html

ホットケーキは英国流の言い方。
パンケーキはアメリカ英語…どうやらまったく同じモノのようです。
ついでに言うと、クレープも似たようなもので

変な例えですが、お好み焼きの
大阪焼と広島焼き、箸巻き…程度の違い、という事でした。


まぁ、大して目くじらを立てるような話ではありませんね。

▼マクロビケーキ
aマクロビケーキ1
冷麺とケーキと抗がん剤 (マクロビフルーツケーキ)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-446.html

全粒粉100%、豆乳&蜂蜜仕様のパウンドケーキです。
多少キメのは荒いケーキですが、食事療法フル対応ですね。


めちゃくちゃ美味しいとは決して申しませんが、
それでも、きっと美味しいはずです。
どなたかが一生懸命作ってくれたはずですから…。
手術後すぐ~1年未満の方とかは、しばらく頑張ってくださいね。


ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼バナナチョコブレッドです。
aバナナチョコブレッド
チョコバナナブレッド (ケーキではないんですが…)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-366.html

正しくは、ケーキ(スィーツ)ではなく
ホームベーカリーで作ったパンですから「菓子パン」ですかね?

「捏ね」の段階でチョコチップとバナナを丸ごと1本入れましたが
別に壊れもせず、美味しく焼きあがりました。


他にも、無花果とかアプリコットとかマンゴーとか
ドライフルーツなどを沢山入れたパンもあれこれ作っています。

▼シャンパン・マチェドニア with ハーゲンダッツ 
aマチェドニア with ハーゲンダッツ
シャンパン・マチェドニア
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-635.html

フルーツのスィーツです。
奄美は「砂糖」ではなく「蜂蜜」で味付けしています。
シャンパンを加えた、大人アレンジですね。


フローズンも美味しいものです(フローズン・マチェドニア)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-639.html

ハニー・マチェドニア(他のスイーツも出てきます)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-568.html

▼自家製ポテトチップス
a1自家製ポテトチップス
チップスメーカー(甘くはありませんが、まぁ…一応)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-244.html

添加物ゼロ!油も一切使わず、電子レンジでチンするだけ。
空気中の水分で、すぐシナシナになりますが、
作りたてはパリッと美味しいものでした(笑)

▼世界一美味しいとされている蜂蜜です
b朝食マヌカ
マヌカ・ハニー
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-202.html

ラストは、ニュージーランドの蜂蜜「マヌーカ種」
世界一美味しいと言われる蜂蜜で、それなりに高価なものですが
食事療法あんんて不自由な事をやってる訳ですから
せめて食材くらいは「人も羨む、世界最高峰」のモノを使いましょう。

無駄なプライド…と言えば、それまでですが
僕のところは、発芽玄米だって「魚沼産コシヒカリ」だし
オリーブオイルだって良いものを使っています。


みなさん、がん患者でも何でもない
普通のグルメも羨む食事療法メニューを目指しましょう(笑)


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2013/09/09/Mon 21:09:09  食事療法スィーツ/CM:12/TB:0/
new ワンコインワイン&二重マルベック… / MAIN / 7年生きて五輪を観よう!癌患者 old

COMMENT

  from - NK
ケーキとても美味しそうですね。羨ましいです。

冒頭の”考え方”について、少しお聞きしたいです。
食事療法の効果 という項目のブログでも喉頭癌ダムさん流のやり方について書かれていますが、どういう基準?でそこにたどり着かれたのでしょうか。
具体的にはゲルソンでは、無塩となっていますが、減塩の調味料を可としたこと、また卵は2日に1日可、魚も可としたことなどについて 何か参考にされり、その基準に至った理由などあれば教えて頂きたいです。
とは言え私も、元祖ゲルソンは厳格すぎて素人がやると…という印象ですが。
細々した事を申し訳ございません。よろしくお願いします。
2013.09.09-23:24/NK/URL/EDIT/
Re: NKさま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。

> ケーキとても美味しそうですね。羨ましいです。

この記事のケーキはすべて「食事療法」対応ですから
NKさんが食べても全然OKのはずですよ。
オクサマとか娘さんとかに作ってもらってください。

> 冒頭の”考え方”について、少しお聞きしたいです。
> 食事療法の効果 という項目のブログでも喉頭癌ダムさん流のやり方について書かれていますが、どういう基準?でそこにたどり着かれたのでしょうか。

まず参考にしたのは、済陽先生の「今あるがんが消えていくシリーズ」で
それから「星野式ゲルソン療法」や、各種の「マクロビオテック」書籍など
シャルロット・ゲルソンさんの「ホンモノのゲルソン療法」は
読んだけど、こんなもん、やってられるかい!…ですよね。

それでね、自分の手で実際に作ってみると
無塩とか減塩とか言いながら、実際には大差ない訳ですよ(笑)
理屈をこねてるのと、実際に作ってる事とは別の話なのかなぁ…などと
思ってみたりもしましたが、自分流としては

1.ルールの範囲内であっても美味しくなければ「療法」とはいえないから
  極力あれこれ工夫して美味しく作ること。

2.人間のカラダは、その人が食べたもので出来ている。
  癌の人のカラダは「バランスが偏った状態」なので
  「反対側に偏った食事を取ること」でバランスが整ってくる
  だから、バランスが戻ってきたら、
  段々と普通にバランスの良い食事に戻していけばよい…。
 ※マクロビオテックの考え方で、済陽先生もそう書いてらっしゃいます

3.守れないことを決めても、所詮は「破綻」する。
  だったら、月に一度とか週に一度の「違反日」を決めて違反したらいい。
 ※星野式ゲルソン療法でも、そのことに触れています。

4.がんを治しているのは、生命に備わった「自然治癒力」で
  薬や食事は、その手助けをしているに過ぎない。
  だから、消化系や循環系で、自然な治癒力が働きやすい環境を整えることが重要で
  そうした意味では、美味しい!と言う精神的満足感も重要だと考える。

その規準でやっていたら自然と現在の形に落ち着いてきた
・・・という訳ですね。特に他意はありません。

> 具体的にはゲルソンでは、無塩となっていますが、減塩の調味料を可としたこと、

そんなもん、3日でイヤになります。というか人間のカラダには塩が必要です。
ですが、多すぎると問題なので「減塩」にしています。
なお専売公社(JT)の食卓塩は「毒」なので、自然塩を使いましょう。

> また卵は2日に1日可、魚も可としたことなどについて 何か参考にされり、その基準に至った理由などあれば教えて頂きたいです。

これは、済陽先生の本「いまあるガンが消えていく食事」の規準です。
マグロなど赤身の魚は禁止ですが、白身と赤身(鮭など)青魚はOKです。
※四足と乳製品、砂糖は禁止。油はオリーブオイルと太白ごま油のみ可
 乳製品はヨーグルトのみ可、玉子は2日に1個程度、甘味は蜂蜜か果物で
 出来る限りで徹底的な減塩(無塩ではない)、絶対的な禁煙
・・・まぁ、こんなところでしょうか?

現在は、5年経ったので、基準値はかなり緩めていますが、
一応はバランスの良い食事という事で続けています。

後、特殊ルールとしては(かなりいい加減ですが・笑)
たまのジビエくらいはOKにする…と言うもの。
つまり「鴨なべ」「はりはり・鯨」「鹿」「馬刺し」「牡丹鍋」
など、早々食べれる訳じゃなし、年に1~2階食ってもバチは当らんだろう
というええかげんな決め事ですね(精神衛生上、大変にうれしい!)

それでも、喉頭から食道に転移していた癌を
3ヶ月で跡形もなく消しましたから、それなりに効果はあった!
という事なのでしょうね(個人差があるので一概には言えませんが)

日本には、芸事の修行法に「守・破・離」というのがありますが
まず教えを「守って」習得したら「あえて破って新境地を開拓する」
そしてやがては「教えを離れて、自分の世界を拓いて行く」
…なんて琴田と思いますが、まぁそんな感じで
まずは自分で続けられることを「やってみる」事が大事だと思います。

頑張ってくださいね!

ところで、NKさんは、何歳くらいで、どんな料理がお好きなんですか?
それに見合うレシピがあれば、見繕ってご紹介致します。
2013.09.10-01:01/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - いちご
癌ダムさま
ご無沙汰しています。
先日はコメントをありがとうございました。
お誕生日だったのですね☆ おめでとうございます!!
食事療法、工夫なさりながら継続してこられ、確かな結果もあり何よりです。
範囲内で楽しむことも、時には違反?!のご褒美も、精神状態を良好に保つ上でも大事なのかなぁと感じています。
食事療法対応メニューも、違反?メニューも、どれも全て美味しそうで、
いつも見応えのある記事をありがとうございます!
これからも益々お元気でご活躍くださいね、

2013.09.10-04:51/いちご/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.10-10:47///EDIT/
Re: いちご さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。やっとお返事もらえた…(笑)
コメントありがとうございます。

いちごさんのブログも最近はお休みが多いみたいですが
美味しいもの好きはお互い様だし
また、いろんな料襟を紹介してくださいね。

これからも、アレコレやり取りさせてください。
よろしく…です。
2013.09.10-21:23/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
なるほど、事情はそれぞれですが、大変ですね。

僕も食事療法の初期には
ナリスの出している「1/8減塩醤油」減塩醤油とか
クノールの「無添加野菜コンソメ」など、いろんなヤツを使ってました。

また、ミネラルを多く取ることも肝心で
体内にたまった多すぎる塩(塩化ナトリウム)を
体外に排出することも必要だと考えました。…若布なんかが良いですね。

とは言え、塩分ゼロだと、生物は生きていけませんから
まぁ「程々に」というのが、続けられるコツのようにも思います。

そしてまた、このINDEXのスィーツは
基本的に砂糖も塩も一切使っていませんから、
星野式でも問題なく食べられると思いますよ。

無理せず、頑張ってくださいね。

ところで、僕は大阪ですが
お住まいのエリアは、どのあたりでしょうか?
一口に「塩分」…といっても、関西と関東では
ニュアンスもかなり違いますから…。
2013.09.10-21:51/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.10-23:13///EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.11-02:40///EDIT/
Re: ご近所の鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
一口に「食事療法」と言いましても
・現代栄養学に基づく食事療法(食餌療法)
・マクロビオテック(玄米菜食)
・アーユルヴェーダ(インド式)
・薬膳(漢方)・漢方粥
・幕内式食事療法
・ゲルソン式食事療法(マックスゲルソン式)
  ・星野式ゲルソン療法
  ・済陽式ゲルソン療法
さらにアメリカでは
・ケリー式、・レビシ式、等など
さまざまな方法が提唱されていますから
アレコレ研究して、自分にもっとも合う方法を見つける
ことが重要だと考えられます。

鍵コメさんは「無塩」にこだわっておられるようですが
「無塩」というもは「限りなく無塩に近い減塩」と
ほとんど同じような意味と思われますので
あまり「気にしすぎない」事も大事かと思われます。

頑張りすぎて挫折しないよう、程ほどに頑張ってくださいね!

さて、そうした意味からもですが
僕の食事療法メニューとかレシピなんかは
鍵コメさんのお役に立っているのでしょうか?
2013.09.11-20:02/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 遠方の鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
はじめまして、こんにちは。
遠方のこととて、ご心配は本当に大変だと心中お察し致します。

さて、僕も食事療法を薦めたり
抗がん剤は「毒」だとか、放射線は「後遺症がある」事などを
散々書いておりますので、そうしたご心配の責任の一端を感じておりますが

僕は、基本的には「現代医学」や「三大治療」を否定するものではなく
そうした治療をキチンと受けた後
予後の治療(再発転移の予防策)として「食事療法」を勧め
また「過度の抗がん剤治療」には疑問を懐く者だ…とお考えください。

ですから、ごく初期のガンならともかく
ステージⅢ以上・・・つまり進行性のがんと診断されたら
とりあえずが、手術・抗がん剤・放射線治療を必要に応じて受け
しかる後、退院して食事療法を始められるのが良いと考えます。

⇒ごくごく初期のガンならともかく、食事療法に
大きく育ってしまった進行性のがんを治す力はありません。

また、喉頭がんというのは、ヘタをすると
大きく育った腫瘍が「気管を塞いで」窒息死することがありますから
ほっといても大丈夫…などと言うわけではありません。

ただし、多くの医師が、放射線治療の後遺症について
ほとんど説明をしない、おざなりな説明のみでお茶を濁す…
(まぁ本当のことを言ったら、患者さんがビビッて治療を拒否したりして
 治るがんも治せなかったりもしますが)…ことや

取りきれなかったかも知れない癌を散らす…などの名目で
(決してウソではありませんが)必要以上に抗がん剤を使用する
…事などに関して、それはヤバイよ!と注意を促している訳ですね。

抗がん剤も、半年程度の「短期」ならいいのですが
5年も6年も使い続けていると、肝臓や肺、腎臓なんかがパンクして
文字通り「抗がん剤に殺される」事態にもなりかねません。

ですから、まずは、きちんとした現代医学に因る治療をちゃんと受けて
しかる後に(病院は、退院したら何もしてはくれませんから)
食事療法などで、再発や転移を防衛する…というのが
筋の通った考え方のように思います。

お気持ちは判りますが、大丈夫ですよ。
手術すれば、しゃべれなくなって身障者になりますが
シャント法や食道発声法で、またしゃべれるようになりますし
障害年金ももらえますから、生活も助かります。

放射線治療を受ければ、1~2年味覚が狂って、唾液も出なくなりますが
そのうち、まぁ80%~95%程度は元に戻ります。
よほどのグルメかプロの料理人なら、ちょっと厳しいですが
普通の方なら、まず1年で100%復帰するはずです。

抗がん剤…そりゃ、投与してる期間中は本当にしんどいものです
薬の種類によっては髪の毛が抜けたりもします。
(僕のは、抜けないタイプのモノでした)
でも、投与が終わって1ヶ月もすれば、まったくの元通り
「毒物」とは言え、ちゃんとした「薬」ですから、大丈夫ですよ。

ただ、ちょっと気になることは
ステージⅢの場合、放射線と抗がん剤で治る…といえば治るんですが
(声帯=声を温存する、という意味では、それも当然の判断ですが)
放射線と抗がん剤だけの場合、再発や転移が多いのもまた事実で

結局のところ、再発して手術…という可能性が高いのなら
思い切って手術しちゃった方が予後が良い…という事もあるかも知れません。

とは言え、抗がん剤が毒だからとかいって
治療を拒否しちゃ、ヤッパリダメですよ!

冷静に、そしてよく調べて、お医者様の話も良く聞いて
頑張って治療に専念してください。

判らないことは、また何でも聞いてくださいね。
2013.09.11-21:11/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.09.12-11:05///EDIT/
Re: 近くの鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。

その外食なんですが…残念ながら
「食事療法」と言う意味ではほぼ「全滅」だと思います。

つまりね…外食と言うのも、やはり「ビジネス」ですから
客が来ないと商売にならない。出来ればリピーターが欲しい。
漫画の世界では麻薬を入れたりしますが
そうは行かないので、ではどうするか?

激辛…また食べたくなりますね(常習性あり)
過程では出せない味…出汁をきかせる訳ですが、コストを考えると
判らないように上手く化学調味料を使いこなすのがプロの技かな?
砂糖をふんだんに使う…昔から「甘さ」=贅沢なわけですね
などなどのテクニックで、お客をひきつけるわけですが

要するに、家のご飯では味わえない「非日常性」ですから
<過剰な味の演出>というのが必須条件となります。
たとえば「素材本来の味を活かした」というセールストークでは
素材の味を過剰に演出することが必要になってくるわけですね。

ここから先は、各お店の「企業秘密」の領域ですから
中々教えてはくれませんが、まぁ食事療法的には、
推して知るべし…という事にしておきましょう(苦笑)

そしてもう一つ、飲食店にとって致命傷となるのが「食中毒」
お客の健康と、お店の経営とどっちが大事か?といわれれば、
もちろんお店ですから、食品添加物は「保険」みたいなもので
過剰な使用も、あながち責められない
「仕方のない事情」と言う側面もlありますよね。

そのことはまた「食品産業」というか「お惣菜」や冷凍食品
インスタント食品やレトルト食品にもいえることですね。

改めて、こういう食事ばかりしてたら、
そりゃ「ガンになるのが当たり前」だなぁ…と思います。

ちゃんとしたお店も、ちゃんとあるとは思いますが
食事療法のぼくたちにしてみれば、全般に濃い味。
まぁ、五体満足で健康な人がターゲットですから当たり前なんですけど
ちょっと辛い世の中ですよね(苦笑)

というわけで、外食は2年ほどおあずけ。
4~5年経ったら、たまにはまぁ良いか…レベルで
楽しむ程度にしておきましょう。
2013.09.12-15:27/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1137-b63c9991


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。