気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 墓掃除

帰郷した、もう一つの目的は、墓掃除…じゃなくて
墓参りと、新任の住職さんへのご挨拶です。

▼墓掃除
墓掃除

思った通り、墓の廻りは草ぼうぼう…
決して敬虔な仏教徒…というわけではありませんが

一応は、自分で建て替えた墓であり
そのうち、自分も入る墓ですから(苦笑)
時々は、掃除に行っています。


僕の家は禅宗で、僕も知りませんでしたが
住職さんは、いわゆる「世襲」ではなく、
任地を交代するのが、習わし…普通の事なのだそうですが…


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。

       続きを読まれる方は ↓ から
 
また、聞くところによれば…
妙心寺派には専任の住職がおられない(一人のお坊さんが複数の寺院を兼務する状態)の
お寺が1,000か寺以上あり、その内50か寺は住職も不在とのことで

臨済宗妙心寺派が企業定年退職者のスカウトに乗り出した
「第二の人生、住職はいかが…寺が僧侶スカウト」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121230-OYT1T00167.htm
などと言う記事も、ネットで見つけました。


僕の寺にも、新しい住職さんが来られた…という事で
一度ご挨拶を…と思っていましたが
遠隔地の事とて、なかなかにチャンスがなく
今回ようやく、ご挨拶出来たという訳でした。

▼お寺の石段
お寺の石段

それはそれとして、うちのお寺は、こんな急な石段を上ったところにある
いわゆる「山寺」というような風情の立地で
墓所も、お寺の裏手、さらに山を登った斜面を切り開いたところにあります。

▼石段を登れば、絵葉書の風景ですね
絵葉書の風景

▼境内には、こんな鐘楼があって
鐘楼

子供の頃には、よく鐘を付かせてもらったものでした。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

僕の父は、先々代と親しくさせていただいており
僕もまた先代の住職さんは、子の頃から良く存じあげてておりましたが
住職交代となると、やはりちょっと寂しいものがありますね。

▼鐘楼からの風景
鐘楼の風景

鐘付き堂から見ると、のどかな瀬戸内の風景…

▼墓掃除
墓掃除2

そうこうしているうちに、墓掃除も何とか終えて
花を飾って、お線香をあげて…振り向けば、こんな風景

▼あのポニョのモデルになったエリアなんですね。
仙睡島

まぁ、あの世に旅立った後も、こんな景色を見て過ごすなら
それも良いな…と思ったりもする、気持ちの良い景色です。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

うちの墓所には、過去いろんな理由で沢山の墓石があって
父は良く、そのうち一つにまとめなければ…と言いつつ
なにもせずにあの世に行っちゃいましたから、

仕方なく僕が新しい墓にまとめました(苦笑)
僕も入ったら、親父に一言文句を言ってやりたいと思っています(笑)
まァきっと、怒られる事の方が多いのでしょうが…苦笑。


よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2013/10/07/Mon 13:10:07  未分類/CM:2/TB:0/
new 虎屋本舗 / MAIN / 母の見舞い old

COMMENT

とっても日本的な景色ですね。  from - まつよいぐさ
じみじみと亡くなった人たちを偲ぶに相応しい場所ですね。

たまのお墓参りは、お掃除が大変でしょう。
特に暑さが厳しい時期の草抜きはイヤになります。

ウチは服部緑地なので月命日にはお墓参りに行きますが、
それでも毎月の草抜きに耐えかねて、石屋さんに相談したら
玉砂利の下にシートを敷いてくれて、それからメチャクチャ
楽になりました!(^^)!

お寺ではそんなことは出来ないでしょうけど。
2013.10.07-23:40/まつよいぐさ/URL/EDIT/
Re: とっても日本的な景色ですね。  from - 癌ダム4G
まつよいぐさ さま:

コメント、ありがとうございます。
> じみじみと亡くなった人たちを偲ぶに相応しい場所ですね。

言われてみれば、おっしゃる通りですね。
いまのいままで、自分が入る事ばかり考えていました(苦笑)

そうですよね、次回は親父が好きだった「タヌキ」でも持って
景色を見ながら、親父と一杯飲ることに致しましょう。

以前は寺に任せていた墓掃除も、最近は自分でやるようになり
かなり手際はよくなったとは思いますが、やはりかなりの重労働。

街の墓地と違って「山寺」ですから、生えてる植物も元気がよくて
少々のことではきれいになってくれませんから
次回はバーナーでも持って来ようかと思いますが
さすがに山火事でも起こすと大変ですから、困ったモンですね。

> ウチは服部緑地なので月命日にはお墓参りに行きますが、
> それでも毎月の草抜きに耐えかねて、石屋さんに相談したら
> 玉砂利の下にシートを敷いてくれて、それからメチャクチャ
> 楽になりました!(^^)!

緑地公園…近くていいですね~
うちは、さすがに遠いんで、年に一度がやっとですね。

玉砂利の下にシート…なるほどねぇ
うちの墓なんか、玉砂利も敷いてない、直接土の墓で、
しかも、以前は土を掘って骨壷を埋めるスタイルで
(僕も、二人くらい、穴を掘りましたが)
さすがにしんどいので、骨壷入れのある墓に作り変えましたが
草むしりの大変さは、仕方ありませんね。

とはいえ、僕が入るのはもう少し先の話…
次回は、親父たちともゆっくり過ごしてみようと思います。
2013.10.08-01:01/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1147-f357a7f8


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。