気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ スパゲティ・イタリアン

▼スパゲティ・イタリアン
パスタUP

最近復活して大人気の「ナポリタン」ですが、
日本に、まだ「アルデンテ」などと言う概念そのものがなかった頃
塩を入れずに芯までシッカリと茹でたスパゲティをサラダオイルで絡めて置き

ハムやソーセージ、玉ねぎ、ピーマンなどの野菜と炒め
ケチャップと絡めた料理の事ですが…


みなさんは、その<ケチャップ抜きバージョン>を
「スパゲティ・イタリアン」って言いませんでしたか?

▼フライパンサーブ
フライパン3

もちろん、いま現在の話ですから、当然アルデンテに湯掻き
オリーブオイルで炒めた具材と合わせて、塩味の茹で汁で味を整えて
フライパンでテーブルにサーブします。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼スパゲティ・イタリアンの具材
真俯瞰OP

パスタの具材、今回はソーセージにくし切りの玉ねぎ
彩りに赤と緑のパプリカで、赤・白・緑のイタリアンカラーに仕上げました。
玉ねぎは、存在感を出す為に、あえて「くし切り」に。
存在感のあるパプリカは、逆に細切りにしてバランスを調えます。

食事療法の方は、ソーセージはNGですから、缶詰の大豆ソーセージで代用。
鶏の胸肉を使っても、案外と美味しく作れますのでお試しください。


作り方は上にも書きましたが、パスタをたっぷりのお湯と塩でアルデンテに湯掻き
他方フライパンに、ガーリック、タカの爪を隠し味に加えたオリーブオイルで
具材を炒め、茹であがったパスタに絡め、塩味の効いた茹で汁で味を調えて、完成。

▼フライパンサーブ
フライパンサービス

さて、パスタもうどん・そばも<出来たて>が身上ですから
うちでは、仕上がったパスタは、パスタパンのまま食卓にサーブして
銘々で取り分けて、美味しくいただきます。

鍋料理と同じくみんなでワイワイ…は、楽しくて自然に仲良くなれるし
なんとなくプロっぽくて、ダサい親父も料理上手なダディに見える(苦笑)
当然ながら美味しいので、ぜひ一度お試しください。


▼スパゲティ・イタリアン
パスタUP2

今回は、赤のパプリカを使いましたが
その代わりに、半割の「プチトマト」を使う方法もあります。
トマトには、制がん作用もありますし

トマトのリコピンと玉ねぎが合わさって、グルタミン酸になりますから
これがパスタの美味しさをアップさせますので
食事療法の方には、こちらの方がベターかも知れませんね。


トマト多め…というか、大きなトマトを使って、
ケチャップを使わないナポリタン…っていうのも、美味しいものですね。
あっ、皮と身の間にうま味成分がたっぷりですから、
湯むきは、絶対にダメですよ(笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


▼ゲルソンジュース
ゲルソンジュース

皆さんご存知の、人参とリンゴ、レモンをスロージューサーで絞った
酵素が生きている=がんに効く…とされる「ゲルソンジュース」ですね。

僕は治療終了から5年以上経っていますから、食事療法も一応は終了ですが
止めなければならない理由もないし、せっかくついた「良い習慣」…


ゲルソンジュースと、減塩、そしてマクロビオテックを基本とした食事は
「がんを予防する食事」「カラダに良い食習慣」として続けています(笑)

▼スパゲティ・イタリアン
スパゲティ・イタリアン

学生時代の事ですから、いまから40年以上も前の話ですが
伊丹十三さんの本に、イタリアでは、パスタはアルデンテと言って
中心に髪の毛一本芯がある状態で食べるんだ…

…と、書いてあるのを真似てやってみたら、
固い、芯がある…と、皆さん大ブーイングだったのを思い出しました。


リゾットはお米を「アルデンテ」に炒め煮したものですが、今でも
ご存知ない、またはお粥と区別がついてない方は大勢いらっしゃいますから
今日のお話も、まぁ、笑ってご一読いただければ幸いです。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

参考:▼大豆ソーセージのキャベツ炒め
b大豆ソーセージ・キャベツ炒め
※この大豆で出来たソーセージなら食事療法の方にもお勧めです。


僕の記憶では、スパゲティを炒めたヤツが「イタリアン」で
ひき肉のソースが掛かったヤツが「ミートソース」。「ナポリタン」と言うのは、
ミートボールが入ったヤツ…いまで言うボロネーゼですね

…だったと思うのですが(今から45年くらい前の話ですが・苦笑)

ケチャップで炒めたヤツをナポリタンって言うのは
餡かけスパゲティの系譜につながる、名古屋メニューじゃないのかなぁ?
ということで、よろしければ、皆さんの<記憶>をお教えください!

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2013/11/09/Sat 20:09:11  食事療法/イタリアン/CM:5/TB:0/
new 洋食屋さん風ハンバーグステーキ / MAIN / 鮭のアーモンド入りパン粉焼き old

COMMENT

パスタも・・・・・  from - あたごウクレレ
いいですね、パスタ等麺類もスムーズに食べられるようですね。
最近、近藤先生の例の癌の本を読んだのですが、食事療法は無意味とか書かれてましたね。東大の先生との対談も読みましたが、先生の諸説は正しいようです。東大の先生はオペした時におられたスタッフの方ですので信頼性を確信いたしました。
2013.11.11-15:18/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは、お久しぶりですね。
コメントありがとうございました。

> いいですね、パスタ等麺類もスムーズに食べられるようですね。

熱々の「出来立て」ラーメンはともかくパスタなどは、普通に食べれますが、
唾液が出にくいので、お冷かジュースなどの補助が必要。
また嚥下が難しいため、ジュースなど口に含んで「ごっくん」…という感じですね(笑)

にんじんジュースは、食事療法のつもりで飲んでいるのですが
ジュースの分離や沈殿を防ぐため「サラヤのとろみ名人」などを入れているので
考えてみたら「嚥下補助食品」としても、ずいぶんと役に立っているのかも知れませんね。

> 最近、近藤先生の例の癌の本を読んだのですが、食事療法は無意味とか書かれてましたね。東大の先生との対談も読みましたが、先生の諸説は正しいようです。東大の先生はオペした時におられたスタッフの方ですので信頼性を確信いたしました。

う~ん、人によるのかなぁ…と、僕は思います。
僕の場合、半年ほど経った頃、胃カメラで食道に小さな腫瘍が見つかり
抗がん剤(FC2)はまったく効果がなく、育ち続けていましたが
食事療法で跡形もなく消し去ることが出来ました。

食事療法をやれば医者に行かなくてもよいとか、
誰にでも効果があるとか、万能みたいな言い方は避けるべきだとは思いますが
人により、場合によっては、ちゃんと効くように僕は思います。

それと、食事療法を提唱したマックス・ゲルソンと言う人は
現代医学=パスツール学派殻「目の仇」にされた人物で<医学会のタブー>ですから、
普通のお医者様…特に偉い方ほど「認めるわけにはいかない」学説のようですね。

僕の担当医の場合は、何しろ目の前で「腫瘍が消えちゃった」ので
一同「苦笑い」…お互い、その話は「話題にしない」と言う事で経過観察を続けています。

そして・・・ですね
好みの問題は別として、いまの日本人の平均的な食事は
「塩分過多」「糖分の取りすぎ」「脂肪の過剰摂取」「決定的な野菜不足」ですから
減塩、糖分のカット、肉を食べ過ぎない、玄米菜食を旨とする…
などの習慣は、食事療法でなくとも、健康によい食事のようにおもいますし

ジュースも、5年前の半分くらいに落としていますが
この量は、厚生省の勧める、一日分の野菜の量程度ですから
まぁ、みなさんにお勧めしてもよい食事なのかなぁ…などと、勝手に思っているところです。

それとですね…コレこそ「各人の勝手」ではありますが
自分の癌を、他人任せ医者任せにせず、
正面から見つめて「自分の手で治すという自覚を持つ」「前向きに暮らす」という意味でも
その価値はあるのかなぁ…などと勝手に思っています。まぁ人それぞれですね。

などと言うことで、ご理解いただけたら幸いです。
また、コメントくださいね。
2013.11.11-19:41/癌ダム4G/URL/EDIT/
色々ですね。  from - あたごウクレレ
なるほど、コメント理解できましたよ、ありがとうございました。
食事で消えた…嘘のような本当の話ですね。

ただ、怖いのはこれらを鵜呑みにして玄米と野菜のみ、それに000の水を飲用してこれぞがん治療の最高の薬だと信じてやせ細っている知人がおられます。
やはり食事はまんべんなくほどほどにがいいのでしょうね。いつも参考になりますありがとうございます。
2013.11.12-15:48/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: 色々ですね。  from - 癌ダム4G
あたごウクレレ さま:

そうなんですよ…コレさえ飲めば大丈夫!なんてあるはずもないのですが
人の弱みにつけ込んで金儲けに走る人もいれば、
藁にもすがる気持ちでだまされる人も居る…困ったモンですよね。

僕のは、ブログにも書いていますように
鶏肉も食べれば、刺身も食べる
「牛」「豚」は禁止にしてたけど、「馬」「いのしし」は
めったに食べるものではないからOKにして(笑)

プロセスチーズはNGだけど、ナチュラルチーズなら良いことにして
ついでに「クジラ」は、魚だから(そんな訳はない・笑)…
なんて、結構「適当」に遊んでましたが、

後で考えてみると、そうした食事こそが、
何千年もかけて「魚と野菜を食べることに順応した」日本人にとっての
バランスの良い食事になっていたのかも知れませんね。

※欧米化しすぎた現代の食事は、消化酵素酵素が少なく腸の長い
日本人の内臓にとっては非常にバランスの悪い食事なのかも知れません。

なお、僕の場合は、食事療法を始める際も、担当医に相談して許可を得
抗がん剤も継続させながら、週1回ペースで通院して
腫瘍を観察していましたから、問題はありませんでしたが

所詮は「素人」で、かえって逆効果の場合もありますから
その辺は、気を付けるよう、ご友人にもよろしくお伝えください。
2013.11.13-01:31/癌ダム4G/URL/EDIT/
詳細に・・・・  from - あたごウクレレ
詳細にありがとうございました。大変参考になります。
2013.11.13-06:04/あたごウクレレ/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1172-1f0a0b77


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。