気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 乳がんの記事

▼乳がんに関する、ちょっと気になる記事
全体

今日は、乳房の再建に関する、注意事項のご紹介です。
少し前の毎日新聞に出ていました。

僕は(当然ながら)乳がんではありませんが
交流のある皆さんには、乳がんの患者さんも多いので
ちょっと気になる話ではあります。


後半に拡大写真があります。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼記事の拡大版
上段
下段

写真をクリックすると、それぞれ拡大出来て読みやすくなります。

著作物の転載は、ほんとはやってはいけないのですが
まぁ、誹謗中傷とか、個人の利益の為に使う訳ではありませんから
毎日新聞さん、ごめんなさい。


ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

乳がんの情報に積極的なtomotanさんや、
乳がんでもお子様の出産を果たされたみみさん、
そして最初のリンク先、ayaさんにも
ぜひ読んで頂きたい記事ですね。

その他、乳がんの患者さんの参考になれば幸いです。


過去、こんな記事も書いていますので
乳がんの方は、こちらもぜひご一読ください。
「いのちの乳房」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-513.html


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

同じがん患者です。頑張ってください。
いや、共に頑張りましょう。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2013/12/05/Thu 19:02:00  がん/CM:17/TB:0/
new 負けません!絶対!! / MAIN / 朝のミニオムレツ old

COMMENT

管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.12.05-19:30///EDIT/
  from - tomotan
こんばんは!!
りんくありがとうございました。

再建手術の保険適応は知りませんでした。 私もティッシュエクスパンダーで伸ばしましたが失敗してます。これは保険だったからまだいいですけど自費だったら本当にショックだったなあといまさらながら保険に感謝です。
でも問題もいろいろあるのですね、なるほど。

女性なら胸を失った悲しさは皆同じだと思うのです。 保険内できれいに作れて皆の笑顔が戻りますように!
2013.12.06-10:16/tomotan/URL/EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。

う~ん、僕もボイスプロテーゼの手術で
医者に「失敗」されてるからなぁ…(苦笑)

ほかの患者さんにも知って欲しい話でもありますから
差しさわりのある部分や、きつい表現の部分を帰るなどして
もう一度「鍵なし」でコメントいただけるとうれしく思います。
2013.12.06-23:41/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: tomotan さま:  from - 癌ダム4G
お返事ありがとうございます。

> 再建手術の保険適応は知りませんでした。 私もティッシュエクスパンダーで伸ばしましたが失敗してます。これは保険だったからまだいいですけど自費だったら本当にショックだったなあといまさらながら保険に感謝です。
> でも問題もいろいろあるのですね、なるほど。

先日も、「レーシック」目の手術…で、問題が多いと、
厚生労働省から注意を促す発表がありましたが
乳房の再建にも、あれこれ問題はあるようですね。

僕も、ボイスプロテーゼの手術で、心無い医師に失敗されちゃいましたから
性別も・部位も違うけど「そうした気持ち」は良く理解できるつもりです。

> 女性なら胸を失った悲しさは皆同じだと思うのです。 保険内できれいに作れて皆の笑顔が戻りますように!

その通りです世ね。

出来れば、僕のような「喉頭がん」の患者も
声を出すという機能まではともかく、形だけでも…つまり、
のど元にポッカリあいた穴だけでも修復できたら、どんなにうれしいことでしょう。

女性の胸は、何とか治してあげようと思うけど
おっさんの喉なんか、どうでもいいや…なんて事はないとは思うんですけどね(笑)
2013.12.06-23:54/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: tomotan さま:  from - 癌ダム4G
お返事ありがとうございます。

> 再建手術の保険適応は知りませんでした。 私もティッシュエクスパンダーで伸ばしましたが失敗してます。これは保険だったからまだいいですけど自費だったら本当にショックだったなあといまさらながら保険に感謝です。
> でも問題もいろいろあるのですね、なるほど。

先日も、「レーシック」目の手術…で、問題が多いと、
厚生労働省から注意を促す発表がありましたが
乳房の再建にも、あれこれ問題はあるようですね。

僕も、ボイスプロテーゼの手術で、心無い医師に失敗されちゃいましたから
性別も・部位も違うけど「そうした気持ち」は良く理解できるつもりです。

> 女性なら胸を失った悲しさは皆同じだと思うのです。 保険内できれいに作れて皆の笑顔が戻りますように!

その通りですよね。

出来れば、僕のような「喉頭がん」の患者も
声を出すという機能まではともかく、形だけでも…つまり、
のど元にポッカリあいた穴だけでも修復できたら、どんなにうれしいことでしょう。

女性の胸は、何とか治してあげようと思うけど
おっさんの喉なんか、どうでもいいや…なんて事はないとは思うんですけどね(笑)
2013.12.06-23:56/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - aya
おはようございます。

保険適用になって、再建できる人が増えたのはとてもいいことですが
きちんと、キレイに、再建してこそ、再建。
失敗があったり、ただ突起物としての美しくない乳房では再建とは言えないですよね。


あたしの時は保険も効かなかったし、まぁ最初から再建する気もなかったですが
今だったら、きっと同時再建してたんだろうなぁ。。。。

癌の世界では5年もたてば一昔ですね(´∀`;)

2013.12.07-08:28/aya/URL/EDIT/
Re: aya さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。
お返事コメントありがとうございます。

> 保険適用になって、再建できる人が増えたのはとてもいいことですが
> きちんと、キレイに、再建してこそ、再建。
> 失敗があったり、ただ突起物としての美しくない乳房では再建とは言えないですよね。

乳がんではない僕が言うのも変な話ですが
なるほど、その通りですよね。
医師…という皆さんは、病気さえ治せば、後は知らん…みたいなところがあって
がんは治ったんだから、傷跡は我慢しろ…って言われてもねぇ(苦笑)

男の僕だってそうですから
女性で、ましてや胸となると、その思いはなおさらだと思います。
「きちんと、キレイに、再建してこそ、再建。」
本当に、そう思います。…この表現、僕も使おうっと!

> あたしの時は保険も効かなかったし、まぁ最初から再建する気もなかったですが
> 今だったら、きっと同時再建してたんだろうなぁ。。。。
>
> 癌の世界では5年もたてば一昔ですね(´∀`;)

そうですよね。
僕の手術した時は「ボイスプロテーゼ」なんて
日本ではほとんど行われていない手術で保険も適応外
4年経って、やってみたけど…失敗されちゃった
って事ですから、他人ごとではありません。

歯医者さんのインプラントとか
眼のレーシックとか、新しい技術って
全部がダメって事じゃないけど
やっぱり、いろいろあるもんですよね。
2013.12.07-16:56/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - 夢かあさん
こんばんは。

この話題には少々過剰に反応してしまうのでスイマセン。

私はかなり広範囲の乳房の石灰化のために全摘をすすめられ
ました。検査を受けた病院は唯一私の地域で同時再建を行って
いる病院の関連施設だったので、あたり前のようにそこで同時再建を
受ける前提でがんの告知を受けたのです。
沢山の美しい症例を見せられました。まだ再建が保険適応になっていない
時だったので、病状と相手を見てすすめてきたのだと思います。

「私はそこで再建をするとは決めてないし、ましてやその病院で手術
するとも決めてないのに・・・。それにこんな綺麗な症例ばかりなの
だろうか?」

悪い病院では決してなかったのですが、そういう姿勢に反感を持ち
説明を途中で中断させ、うちの近くの癌拠点病院になっている再建
できない病院に紹介して頂きました。

「そこの病院では再建術はできませんよ!」
急に声のトーンが変わったのを今も忘れません。

私がその気になってたら、その日後からリスクの説明もしてくれたのでしょうか?。術後に問題のあった症例なんて話してくれるはずはないでしょうね。

でも、そこで手術を受けるかどうかの確認もしてもらえないところは私には
受け入れられませんでした。

そこの病院は俗に言う個人病院ですから、そういう事を売りにして
いるのは仕方ないとは思いますけど。

私は再建に反対なわけではありません。少しでも術前の体に
近い状態に戻ればこんなに嬉しい事はありませんものね。

「全摘しても胸が作れる。」
とてもいい言葉ですが、判を押したようににどこの施設でも同じように
出来るとはいかないのが現状でしょう。


新聞の内容とはちょっと違う話になってしまいましたね。でも
もっとそういう現状を公にして、患者がきちんと考えて選択して判断できる
世の中になってほしいと思います。

乳がん患者が心から笑顔で暮らせる世の中になって欲しいですね。


2013.12.07-20:45/夢かあさん/URL/EDIT/
Re: 夢かあさん さま:  from - 癌ダム4G
主観的な話かもしれませんが
話していて、この人には世話になりたくないな…
というお医者様も、まぁいらっしゃいますよね。

言いにくいお話をお聞かせ頂きありがとうございます。

乳房の再建…上手く行く方も、失敗される方もいて
なかなか難しい問題ですよね。

何が何でも「再建が当然」ではなく
あえて「再建を選ばない選択」というのも
もちろんありだと思います。

ありがとうございました。
2013.12.08-01:16/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - Espero Lumo
こんばんは!
どこの病院でもどの医師でも、一定の水準の治療ができて 患者は自分に合った治療方法を自分で選べる、という環境にすることが急務だと思いました。
そして、正しい情報とわかりやすい丁寧な説明、医療現場でのフォローが必要ですね。

「命が助かったんだから・・・」という価値観を医療従事者の側が患者に押し付けることは間違っているのだと思います。
それは、自分の命と引き換えに大切なものを失うことを苦渋の決断をして受け入れた患者本人だけがたどり着くことのできる考えではないかと・・・・私は感じます。

とっても考えさせられて、なかなかコメントできませんでした。
・・・・久しぶりに頭を使ったような気がします。

2013.12.09-00:24/Espero Lumo/URL/EDIT/
Re: Espero Lumo さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは!

> どこの病院でもどの医師でも、一定の水準の治療ができて 患者は自分に合った治療方法を自分で選べる、という環境にすることが急務だと思いました。
> そして、正しい情報とわかりやすい丁寧な説明、医療現場でのフォローが必要ですね。

その通りなんですが、現実にはなかなか そうカンタンではなく
僕のところにも、喉頭がんの患者さんやご家族の方を中心に
いくつもの悲しい相談が寄せられています。
(※その多くが鍵コメなので、あまり目に触れないのですけどね)

僕だって、そういう患者の一人なんですから
僕におっしゃられても…という部分もあるのですが
きっと、どこにも気持ちのやり場のない方なんだろうなぁ…と
いつもそれなりの対応をさせていただいています。

> 「命が助かったんだから・・・」という価値観を医療従事者の側が患者に押し付けることは間違っているのだと思います。
> それは、自分の命と引き換えに大切なものを失うことを苦渋の決断をして受け入れた患者本人だけがたどり着くことのできる考えではないかと・・・・私は感じます。

その通りですね。
現在では、そうした患者さんの受け皿として「形成外科」と言うものがあるのですが
形成の先生方って、みなさん、かなり「乱暴な」方々で
こう言ってはなんですが、斬った貼ったが好きだからこの道を選んだのかなぁ
などと思ってみたくなる雰囲気がありますね(形成の皆さん、ごめんなさい)

> とっても考えさせられて、なかなかコメントできませんでした。
> ・・・・久しぶりに頭を使ったような気がします。

頭は、使うほうが「若さが保てる」し
カロリー消費にも役立って、太りませんから、どんどん使いましょう。

では、頭を使う話をもうひとつ。

乳房を失うということは、女性としての価値を失うに等しく
「人間は、中身が大事」なんてことは、五体満足な人間の言うことだ
なんて、心の中で叫んだりするものですが

言葉や視点を変えて言えば
パーティーに出かけても、誰も声を掛けてくれなくなる
現在の伴侶を失ったら最後
誰も結婚など申し込んでは呉れなくなる…事を意味します。

(言葉は決して上品ではありませんが、そういうことですよね)

他方、声帯=声を失うということは
通常業務に支障をきたすのはもちろん、
話せば解かるはずのトラブルの解決や説得も出来ず
ましてや新規顧客の開拓など望むべくもない訳ですが

これまた視点を変えて言うなら
しゃれた会話や、信頼できる人柄、誠意ある話し振りなどで、
女性を口説くセリフを失う…のと、同義語で、
これまた、現在の伴侶を失ったら最後
誰も結婚など申し込んでは呉れなくなる…事を意味します。

さて、口説かれる容姿を失った女性と
口説くための言葉を失った男性は、どちらが不幸なのでしょう?
もしくは、不幸なもの同士がくっついて
お互いの傷をなめあいながら暮らすのが幸せなのでしょうか?
2013.12.09-20:19/癌ダム4G/URL/EDIT/
こんばんは  from - みみ
息子は風邪から中耳炎、私も風邪で久しぶりの39度の熱でようやく2人とも治りました。
で、しばらくパソコンも開いてませんでした。

再建のインプラントが1部自費になったのは知りませんでした。
新しい情報ありがとうございます。

でも今の時代、ありふれると問題も出てくるんですね。
私も歯科衛生士なので一応、医療従事者なので、歯科業界でもインプラントがありふれてきましたが、やはり経験を積んでないDrでもできたり、利己主義だけでしていると問題が出てきます。
手術もそうですが、メインテナンスも大事なのに…。
そういうのがあると、きちんとしているDrのインプラントの質が落ちてしまうと思います。

私も乳房再建の経験者で、手術には満足していて再建賛成派なので
悪評で乳房再建の質が落ちないことを願います。
私の場合、手術、再建と外科医が一人でしていたのですが。

そして、病気と接するだけでなく、人として接してくれるDrに手術や診察をしてほしいなと常日頃思っています。

長々コメントさせていただきました<m(__)m>
2013.12.09-21:40/みみ/URL/EDIT/
Re: みみ さま:こんばんは  from - 癌ダム4G
> 息子は風邪から中耳炎、私も風邪で久しぶりの39度の熱でようやく2人とも治りました。
> で、しばらくパソコンも開いてませんでした。

そうでしたか。何とか復活…何よりです。
同じ病気でも、癌とは関係のない病気だと、安心して読んでいられますね(笑)
いや、ごめんなさい。


> でも今の時代、ありふれると問題も出てくるんですね。
> 私も歯科衛生士なので一応、医療従事者なので、歯科業界でもインプラントがありふれてきましたが、やはり経験を積んでないDrでもできたり、利己主義だけでしていると問題が出てきます。
> 手術もそうですが、メインテナンスも大事なのに…。
> そういうのがあると、きちんとしているDrのインプラントの質が落ちてしまうと思います。

変な事例ですが、一時不妊医療でも、そうした「怪しげな事件」が多くあり
胸が痛んだものでしたが、さすがにそうした不心得な医師は姿を消したようですが
やたらと高額な治療のため、やはりどこかに不信感が伴うのも事実ですね。

> 私も乳房再建の経験者で、手術には満足していて再建賛成派なので
> 悪評で乳房再建の質が落ちないことを願います。
> 私の場合、手術、再建と外科医が一人でしていたのですが。
>
> そして、病気と接するだけでなく、人として接してくれるDrに手術や診察をしてほしいなと常日頃思っています。

その通りですね。

…再建がうまくいかなかった方のご意見ばかりでしたので
うまく行っている方のご意見も聞きたかったところでした。
ありがとうございました。

ですよね、再建手術そのものが悪いわけではなく、
変な医師や、未熟な意思も多いので気をつけようね!…って事なんですよね。
2013.12.10-02:10/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - tomotan
こんばんは~。 再建について真面目に考えていらっしゃる方が多いので嬉しいのですが、癌だむさんからEsperoさんへのコメントは、ちーっと違うと思うのです。

私は胸を失って、失意のどん底の日々もありました。女性としての容姿的な自信を失ったと思いました。 でも誰も結婚を申し込んでくれなくなるなんて思ってないです(笑)

それから私には言葉が少し不自由な友達がいます。口蓋裂傷?というのでしょうか? 普通の人には聞き取れない発音ですが大好きな友達で、もし男女として付き合ったりしていたら結婚するのに何のためらいもないと思います(乳がんになる前から同じ考えでした)
だから口説く言葉を持たなくたって、男性としての魅力にかけるなんて、全くないtです。

>さて、口説かれる容姿を失った女性と
口説くための言葉を失った男性は、どちらが不幸なのでしょう?

私はどっちも不幸だと思っていないです。 ただ、きれいに再建(喉の穴も)できたらそれに越したことはないなあ、と思うんです。

とても考えさせられました。 いろいろな意見があるでしょうが、私はそう思います。
2013.12.10-06:55/tomotan/URL/EDIT/
Re: tomotan さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。
僕の「逆説的な設問」にお答えいただきありがとうございました。

> こんばんは~。 再建について真面目に考えていらっしゃる方が多いので嬉しいのですが、癌だむさんからEsperoさんへのコメントは、ちーっと違うと思うのです。

確かに、ある意味「当然」の拒否、または拒絶反応ですよね。
胸を失った方々の中にも(言語を失った方々にも)、
克服された方、まだ悩んでおられる方、と、温度差はあれこれあるように思いますが
いろいろな問題もあって、ある種大変にものの言いにくいテーマでもあります。

そういう訳で、こういう問題について、何か語ろう…となると
やっぱり、ある意味「教科書的な」というか、
模範解答ばかりが寄せられることになります。

…というわけで、ある種<逆説的な>考え方を提示してみた訳ですが
(僕は、質問しただけで、断定してるわけではありませんよ)
即座に、それは違う!…と、反応されたということは
逆にいえば、それだけ「気になってる」
心のどこかに「イラッ」と来る部分がある…ということだと思います。

> 私は胸を失って、失意のどん底の日々もありました。女性としての容姿的な自信を失ったと思いました。 でも誰も結婚を申し込んでくれなくなるなんて思ってないです(笑)

それはね、皆さん「よき伴侶」に恵まれていて、よき友人、隣人たちに囲まれて暮らしているからですよ。
そして確かに、それは乗り越えられないハンディキャップではないのかも知れませんね。

> それから私には言葉が少し不自由な友達がいます。口蓋裂傷?というのでしょうか? 普通の人には聞き取れない発音ですが大好きな友達で、もし男女として付き合ったりしていたら結婚するのに何のためらいもないと思います(乳がんになる前から同じ考えでした)
> だから口説く言葉を持たなくたって、男性としての魅力にかけるなんて、全くないtです。

言葉が少し不自由というのと、まったくしゃべれないというのは、ニュアンスが少し違います。
初対面の人間が、友人であれ仕事であれ「付き合いはじめる」ためには、まずコミュニケーションが必要ですが
、まったくしゃべれず、ただ会釈するだけの人と、会釈を交わす以上の関係に果たしてなれるものでしょうか?
(まぁ、映画のように何か「魔法のきっかけ」があれば話は別ですが・苦笑)

吃音症のデザイナーなら、僕の友人にも居ますが
当社のメインのクライアントの一つから「彼を担当からはずしてくれ」と言われたことがあります。
それも、自分では言わず、間に入った代理店を通じての、心無いお達しでした。
とっても悔しいし、悲しい話ですよね。
でも、社員さんや、その家族のためにも、僕は席を蹴るわけにはいかないのです。
(表向きはともかく、裏に回れば、情けない環境ですよね…でもその中で生きているわけです)

> >さて、口説かれる容姿を失った女性と
> 口説くための言葉を失った男性は、どちらが不幸なのでしょう?
>
> 私はどっちも不幸だと思っていないです。 ただ、きれいに再建(喉の穴も)できたらそれに越したことはないなあ、と思うんです。
>
> とても考えさせられました。 いろいろな意見があるでしょうが、私はそう思います。

実は僕も、自分のことを、さして不幸だとは思っていません。
しゃべれないなら、しゃべれないなりに、女性を口説く方法はありますから
可能性もゼロだとは思っていません(笑)

でもね、明るく前向きに、癌や障害、生き方を語る一方で
「障害者は、なぜ明るく前向きでなければいけないのか?」と自問自答する自分がいます。
しゃべることも、歌うことも、独り言を言うことすら出来ず
味もわからず、香りも嗅げず、ものも飲み込めず、腕も上がらず、力も入らず
大好きだったスイミングも出来ず、温泉はもちろん風呂さえ満足に入れず
お店では周りの客や店員に変な顔されて、百貨店の案内係に聞き取れませんからとメモ用紙を渡されて
それでも、幸せですって顔をしてニコニコ笑ってなきゃなんないの?

五体満足な誰かさんが「元気をもらいました」って、あのなぁ…
もしかしたらだけど…云々…立場が逆なんじゃないの? とかね。

…なんて事を、いくら考えたところで、何の解決にもならない訳だから
正気に返って、前を向いて「実のある考えと歩み」を始める訳ですけどね(笑)

それから、訂正を一つ。
何度も言ってますが、喉の穴は、ふさがりません。
そして、声帯は、恐ろしく複雑で精密な運動器官であるため、当面、再生は不可能です。

その働きは、1:複雑に形を変えて、音声言語をつかさどること
2:呼吸にあわせて開閉することで、気管から肺に食べ物が落ちるのを防ぐ役目
3:きつく閉めて呼吸を止めることで、大きな力を出すこと
  (試しに、口を開けっ放しで、重いものを持ち上げてみてください)
4:気管からあがってくる汚れ(痰)を、自動的に食道に送って、肺を浄化すること
5:鼻の奥にある「嗅覚」に空気を送って、においを感じさせる機能

…などという複雑な役目を、三角形の二枚の膜で行っているのですが
人工的に作り上げるのは、たぶん「眼球」を作るよりも大変だと想定されます。

「喉の穴」と言っているのは、気管の出口で呼吸口ですから
ここをふさぐと呼吸が出来ません。

また、声帯なしで、食道と気管をつなぐと
一発で食べ物が気管に流れ込んで、これまた呼吸が出来ず「溺死」してしまいます。

手足なら義手や義足、胸なら再生術、などなど
たとえ本物ではないにしろ、補足手段はあれこれ開発されています。

声帯も、しゃべるだけなら、いくつかの方法があり
僕も、電気式の発声器を使って、何とかしゃべってはいますが
そのほかの機能は、当面のところまったく省みられてはいないのが現状です。

言葉にすると、やたらドロドロした現実が表れてくるので、僕自身も嫌ですが
そうした、情けない現実を乗り越えて、また無理解な世間の壁を越えて
お互い、明るく前向きに振舞っている…と思うわけなんですよね。

思いっきり暗い話をしちゃいましたね、ごめんなさい。
でも、本当の明るさは、こうした暗い話の向こう側にこそあるように思います。
そして、不幸も、幸せも、そうした「人の心」の中にあります。

そんなことも解かり合った上で、
明るく前を向いていけたらいいな…と僕は思います。

…なんだけど、あのねぇ、
エスペロさんにも、考えてもらいましょうよ~(笑)
2013.12.10-20:08/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - Espero Lumo
はい!えすぺろでございます。
お答えが遅くなって申し訳ございません(^^;

ちょっとーーー
難問すぎですよぉ(泣)

癌ダムさんの「逆説的な質問」・・・私の答えは「どちらがより不幸かはわからない」。
当事者じゃないからわかりません。
でもそれじゃ答えになっていないかなぁ・・・。

う~んう~~~~ん・・・・・


無理やり「自分のこと」として想像するとしたら、もともと口説いたり口説かれたり、という恋はちょっと苦手だし、胸がない人は女性として魅力がない、という考えの人を好きにならないだろうから、乳房を失うほうが私は受け入れられるかもしれないです。
声を失うほうが恐怖です。

でも、やっぱりその立場になってみないとわかりません。
どう思うかなんて。


これも答えになってないかなーーー


え~~~っと  ええ~~~~っと~~~~~


第三者としてこの想定された二人を客観的に見た場合は「なんだか幸せじゃなさそう・・・」に感じます。
「あった時」と同じ価値観を貫こうと現実に抗うと しんどいだろうな、と思うから、です。


はぁはぁ・・・・
勘弁してください。
癌ダムさんのテストには合格点は無理な落ちこぼれと思っておいてくださいませ。


tomotanさんへのコメント読んでて思ったんですけど、別に元気で明るいだけがいいってわけでもないんじゃないかなーって私常々感じておりまして・・・・。
世の中がやたら「明るくイキイキしているのがよくて」「暗くてじめじめしているのは悪」みたいに言うんですけど いつもいつも明るく元気でハイテンションって、なんか気持ち悪いと私は思います。

学校とかでも、「明るく元気に」って言いすぎじゃないかなーって。

暗くてドロドロした癌ダムさん、前向きでへこたれないプラナリアの癌ダムさんと同じくらい魅力を感じます(^^)
口説かれなくても(笑)






2013.12.11-11:27/Espero Lumo/URL/EDIT/
Re: Espero Lumo さま:  from - 癌ダム4G
はい!お返事、ありがとうございます。

まずですね~、頭は使うほど良くなるわけですが
カラダの中で、もっともエネルギーを消費するのも「脳」でして
脳を使っている状態では、摂取したエネルギーの半分を消費すると言われています。

ただし、今日は「杏仁豆腐」を作ろう…作り方をネットで引いて
なんていうのは、「何も考えていない」のとほぼ同じで
頭を使ったことにならないのだそうです。

知らない町に行って、地図で場所を探す。
アレンジメニューではなく、まったく新しいメニューを開発する。
下手なことを言うと非難されるような難しい問題について、
当たりさわりのない答えではなく、ちゃんと自分の意見を述べる。

まぁ、こんなことが「頭を使う」ということなのだそうですね。

> ちょっとーーー
> 難問すぎですよぉ(泣)

ですから、ややこしい問題なら、何でも良かったわけですが、
どうせなら…ということで、あえて逆説的な、というか
反感を買いそうな、厳しい設問にしてみました。ごめんなさい

「どちらがより不幸かはわからない」。
> 当事者じゃないからわかりません。
> でもそれじゃ答えになっていないかなぁ・・・。

これも正解です。そして
どこからも「文句が出ない」模範回答でもあります。
でも、おっしゃるとおり
本当は、答えになっていませんよね(笑)。

> 無理やり「自分のこと」として想像するとしたら、
胸がない人は女性として魅力がない、という考えの人を好きにならないだろうから、
乳房を失うほうが私は受け入れられるかもしれないです。
> 声を失うほうが恐怖です。

いまは、コンビニやスーパー、ネット販売も充実していますから
ことばや声がなくても、何とか暮らしてはいけますが
「こんにちは」「寒くなりましたね」も言えない暮らしって、
本当につまんないですよ。

それから、電話が出来ないのも不便、インターホンも困る。
モノは買えるけど、値引き交渉や、返品の相談、各種のクレームは無理
火事になっても、強盗にあっても、助けを呼ぶことも、ちょっと無理

胸の摘出で、障害者にはならないけれど
声帯を摘出すると「身体障害者3級」ですから、
精神面はともかく、現実的には声帯の方が深刻です。
(だからといって、乳房の摘出を軽いとは決して思いませんが…)

> でも、やっぱりその立場になってみないとわかりません。
> どう思うかなんて。> これも答えになってないかなーーー

そりゃ、当事者じゃないんですから、当たり前ですよ。
でも、「怖い」って言うのは、案外と当たってますよ。

> 第三者としてこの想定された二人を客観的に見た場合は「なんだか幸せじゃなさそう・・・」に感じます。
> 「あった時」と同じ価値観を貫こうと現実に抗うと しんどいだろうな、と思うから、です。

これは良い視点ですね。
失った当初は、何とかリカバリーしようとして「もがく」んですよね。
そして、たとえ自分自身は変わったとしても
周りは、そういう価値観で対応しては呉れないから、困ってしまうわけです。
それならまだ、車椅子とかの方が、他人からも解かりやすくて
良いとはいいませんが、楽な部分があるのかも知れませんね。
(一時、乗ってましたが、周囲はすごく親切でした・苦笑)

> はぁはぁ・・・・
> 勘弁してください。
> 癌ダムさんのテストには合格点は無理な落ちこぼれと思っておいてくださいませ。

とんでもございません。ありがとうございました。
そして、エネルギーも十分消費したことと存じます。

> tomotanさんへのコメント読んでて思ったんですけど、別に元気で明るいだけがいいってわけでもないんじゃないかなーって私常々感じておりまして・・・・。
> 世の中がやたら「明るくイキイキしているのがよくて」「暗くてじめじめしているのは悪」みたいに言うんですけど いつもいつも明るく元気でハイテンションって、なんか気持ち悪いと私は思います。
>
> 学校とかでも、「明るく元気に」って言いすぎじゃないかなーって。
>
> 暗くてドロドロした癌ダムさん、前向きでへこたれないプラナリアの癌ダムさんと同じくらい魅力を感じます(^^)
> 口説かれなくても(笑)

どうも…です。
僕も、声は出ませんが、別の方法で「口説く手段」はありそうですね(笑)
2013.12.11-23:17/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1184-014c0131


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。