気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ やしきたかじんさん死去に思う

今日は、恒例の「七草がゆ」の話でも書功と思っていた矢先
テレビの臨時ニュースで、やしきたかじん死去のテロップが入り
11時台のニュースとネットで各社から速報が流されました。

正月3日にお亡くなりになられたそうで
葬儀は、ご本人の強い意志によりご家族と関係者のみで
すでに済まされた…という事ですが
改めてご冥福をお祈りいたします。


享年64歳との事で、忌野清志朗さんと同じく僕らと同世代の方である。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-165.html
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-166.html
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-167.html
その頃も、いろいろ書いていたが
実は、彼が食道がんで入院していた頃、僕も食道の縫合不全で入院しており
愛煙家で肺気胸を起こした経験があるなど共通点が多く、気になる事が多い…


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
何とも「他人事」とは思えない症状なのですが
まずは「食道がん」になられ、手術後1週間で「縫合不全」を起こし
最初の1年半ほどの休養をされていた…という事についてから。

ニュースでは専門的な話は出てこないので詳しくは判りませんが
思うに、手術前に放射線を当てて、癌の患部を小さくする
などという処置が行われていたのでは?という疑問が浮かび


僕の場合、原因は医療ミスなので、原因は異なるものの
患部に放射線治療を施したため(僕の場合は手術後)
正常細胞の動きも不活発になって「縫合不全」が起こったのかなぁ…と直感し

何度やってもちゃんとくっつかず、
その為長期の入院が必要だったのだろうなぁ…と思い至った事。
発表では「初期の食道がん」でしたが、初期のはずはないと踏んでいます。


僕の入院期間が1年間で、彼の休養期間が1年と2ヶ月ですから
たぶんですが、僕と同じ様に「鼻から胃にチューブを通して」いたなら
さすがに人前…というか、テレビに出れる顔ではなく、長期の入院もうなづける。

明日のニュース&バラエティでは、彼の話で持ちきりだろうけれど
この辺り、やった人しか解からない話なので、レポーターや司会者はもちろん、
テレビで良く見かける専門外の医師の解説でも出てこないとは思うが


症状などを読み解く参考に、また僕の入院生活がどんなものだったのか
想像していただく参考になれば幸い…ではあります(苦笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


そしてまた、彼は「食道がん」僕は「喉頭がん」な訳ですが
食道と声帯や気管というのは、わずか数ミリの間隔で隣り合った器官で
僕も手術後1年くらいで食道への転移が確認され
抗がん剤が効かず、食事療法で治した経験がありますが

抗がん剤の副作用が強く、再び休養という時にも
ニュースには出てこないものの、もしかしたら転移などが起こり
強い抗がん剤等を用いた結果ではないか?…などと思ったりもしたものでした。


…でなければ、初期の食道がんで手術で患部を摘出し
その後1年半も経ってから、抗がん剤の副作用など考えられないからですね。
食道がんは、また転移しやすい癌でもあります。

         ●

そして1歳違いの年齢はもちろん、タバコの吸いすぎによる「肺気胸」
良く飲み、良くしゃべる性格や、細身の体形など似た部分も多く
本当に他人ごとではないように思える彼の死。

僕自身、一旦落ちた体重は元に戻らず落ちたままであり
体力もまた落ちる一方で、ともすれば気力さえも衰退する手術後の日常。


これって、たぶん「がん」のせいではなく
手術や放射線治療、抗がん剤の後遺症・副作用なんだろうなぁ…などと
その後の知識などなどから思い至る事になる訳ですが

先端治療とか、癌の克服とか、いかにも治りそうな表現とは裏腹に
がん治療の現状とは、実はそんなものでしかない…というのも
患者とその家族だけが実感する厳しい現実。


どうか皆さんも、肉主体、時短調理、野菜不足、加工食品主流などなど
癌を呼び込むような生活は今すぐやめにして
魚と野菜中心の和食…という食事療法的なマクロビオテック食を心がけ
くれぐれも「がんにならない」食生活を心がける様、
願わずにはいられない、今日の癌ダムでありました。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

そりゃ、癌になっちゃったら、手術も抗がん剤も拒否せず受けて
放射線も50ベクレルくらい浴びちゃって
食事療法とか、そういう自助努力も徹底して「延命工作」を計るとしても
癌にならない生活を送る事が、まずは一番の課題。

ご主人やお子さんが喜ぶから、時間がない、面倒などなど、あらゆるいい訳も、
ご自身も含め、誰かが癌になる可能性に比べれば屁のようなもの。
癌患者の僕が言うのだから確かです。
どうかみなさん、癌にならない生活を送ってください。


癌になってから、何かひとつくらいは「良い事」をして死のう…
と、心に誓った癌ダムでしたが、治療後足かけ6年
さしたる事も出来ぬまま、残り時間もそう多くはないなと感じる今日この頃です。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/01/08/Wed 01:30:00  がん/CM:10/TB:0/
new 七草&車麩の酢豚風 / MAIN / ちょっと贅沢:毛ガニ、尾の身、鰺、皮鯨… old

COMMENT

  from - NK
いつも拝見しています。
>僕の入院期間が1年間で、
⇒過酷な闘病生活と病気の克服、尊敬いたします。
少しお聞きしたいことがありコメントさせて頂きました。
>先端治療とか、癌の克服とか、いかにも治りそうな表現とは裏腹に
⇒治療において保険診療外の先端医療などは考えられたのでしょうか?例えば免疫治療など。
癌ダムさんの見解を教えて頂けると幸いです。
>がん治療の現状とは、実はそんなものでしかない…というのも
⇒私も上記のニュースをみて少なからず考えさせられました。
2014.01.08-11:19/NK/URL/EDIT/
Re: NK さま:  from - 癌ダム4G
お正月はいかがお過ごしでしたか?
今年もよろしくお願いいたします。

> ⇒過酷な闘病生活と病気の克服、尊敬いたします。

う~ん、いかにも過酷そうなんですが、案外とそうでもなく
主な要因としては「がんが再発・転移した訳ではない」
事が大きかったように思います

逆に、癌になった方の狼狽や落胆ぶりが良く見え
同じがん患者として、その気持ちもよく解かるだけに
慰めたり助言したりする事も多かったように思います。

> 少しお聞きしたいことがありコメントさせて頂きました。
> >先端治療とか、癌の克服とか、いかにも治りそうな表現とは裏腹に
> ⇒治療において保険診療外の先端医療などは考えられたのでしょうか?例えば免疫治療など。
> 癌ダムさんの見解を教えて頂けると幸いです。

まず、僕の手術したのはいまから7年前のことですから
「先進医療」などという言葉すらなく
今では当然のカテーテル手術だって、
外から切らないから、手術と認められない「保険診療外」だったような時代でしたが

その後、いろんなものがでてきましたが、まず「重量子線」は、
ピンポイントで当てないと効果がないので動かない部位にしか使えず
「声帯」や心臓など、しょっちゅう動いている器官には使えない。

「免疫治療」等は、まだまだ「怪しげな療法」の域を出ないと思っています。
そりゃ「食事療法」も怪しげな話ですが、要は人参とリンゴですから
多少余分に食べたところで、害はない話なんですが
まだちゃんと解明されてもいない「免疫力」をヘタに操ると
逆に大きなしっぺ返しもあるような気がして、
単なる「勘」ですが、むしろやってはいけない治療のような胸騒ぎを感じます。

ちゃんと制御できない「原子力」を
さも{制御できる」かのように錯覚して陥ったあの事故と
同じ様な「胸騒ぎ」を感じている訳ですね。

> >がん治療の現状とは、実はそんなものでしかない…というのも
> ⇒私も上記のニュースをみて少なからず考えさせられました。

ブログでも何度も言っておりますが
手術というのは、癌が治せないので、切り取って捨てるだけ。
放射線というのは、焼き払って正常細胞ごと不活発にしてとじ込めるだけ。
抗がん剤というのは、正常細胞も含めて全身にダメージを与える毒薬。
重量子線は、放射線をピンポイントで当てるから、ダメージが少なく
免疫は、良く解かっていない生命の神秘をあやつるのは100年早い!
などと思う訳ですね。

癌を治すのも風邪を治すのも、あくまで「自分に備わった免疫力」で
免疫療法で癌が治せるのなら
風邪くらいとっくに直せて当然な訳ですが、そんな話は聞いた事がありませんから
やっぱり「怪しげな」話…と思ってしまうんでしょうね(苦笑)

その他の治療法とかは、ほとんど「眉つば」だと思っています。
悪徳商法の餌食にならないよう、ご注意ください。

それでもなお、医者に通って、食事療法に気を配るかと言えば
今のところ少なくとも数十年は「他に方法がない」から…。
仕方ありませんよね(苦笑)
それでも、闘わずにいるのは悔しいので、出来る事をやっているだけです。

NKさんも頑張って生きてください。

また、ぼ質問などあれば、何なりと
今年もよろしくお付き合いください。
2014.01.08-15:42/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.08-16:33///EDIT/
民間療法ね。  from - あたごウクレレ
この水で治る。信じてペットボトル1本10000円のを飲んでる方います。

まあ本人が信しているわけですからいいのですが。

T大で開発された免疫療法・・・・これもあちこちでやってますね。私も一度信じて行ってみましたら丁度初診のDRが主治医の友人で…ここにきても治らないよと親切に。

入院して医師、看護師に話したら笑ってましたね。値段が高くていかにも治りそうなのはインチキみたいですよ。
2014.01.08-18:28/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま: 民間療法ね。  from - 癌ダム4G
こんばんは。お正月はいかがでしたか?

> この水で治る。信じてペットボトル1本10000円のを飲んでる方います。

そういう人、僕の入院中、同じ病棟にもいらっしゃいましたよ。
看護師さんに聞いてみたら、まぁ毒ではなさそうだし
飲む事で元気になられるのなら…という事で黙認されてましたが
溺れる者は藁をもつかむというか、イワシの頭も信心から…というべきか?

聞けば、奥さまが誰かに勧められたモノらしくて
むげに否定する事も、気持ちまで否定するようでちょっと憚られ
人の弱みに付け込む商売って、本当に罪作りなモノだなぁ…と
思って、みんなで見守っていたような次第でありました。

> T大で開発された免疫療法・・・・これもあちこちでやってますね。私も一度信じて行ってみましたら丁度初診のDRが主治医の友人で…ここにきても治らないよと親切に。
>
> 入院して医師、看護師に話したら笑ってましたね。値段が高くていかにも治りそうなのはインチキみたいですよ。

あはは、ごもっとも!その通りですね。
このフレーズ、僕も使わせていただきます!
2014.01.08-21:41/癌ダム4G/URL/EDIT/
後日談・・・・  from - あたごウクレレ
主治医のDR…彼はまじめと言うか正直すぎてね。アルバイトでSクリニックに行っているのにSクリニックあがったりだよね。
でもそのおかげで小生は、初診料10000円だけで済みました。1回治療すると1クール・・ウン十万円ですからね。
2014.01.09-08:31/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: 後日談・・・・あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
> 主治医のDR…彼はまじめと言うか正直すぎてね。アルバイトでSクリニックに行っているのにSクリニックあがったりだよね。
> でもそのおかげで小生は、初診料10000円だけで済みました。1回治療すると1クール・・ウン十万円ですからね。

ホント、お知り合いでよかったですね(笑)

がん患者って、本当に藁をも掴む心境ですから
多少怪しいな・・・とは思っても、自信たっぷりに「治る」って言われたら、
ついつい信じたくなってしまいますからね(苦笑)

いや^、早めに気が付いて本当に良かったですね!

NKさんにも、しっかり読んでいただきたいお話ですね。
2014.01.09-23:35/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.10-18:58///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
ですよね。
インチキくさい免疫療法等に惑わされないで、頑張りましょう。

僕は「たまたま?」食事療法で上手くいきましたが
その際、考えたのは、もし仮に高価がまったくなかったとしても
「たかが食事」「たかがジュース」ですから、実害もさしてないはず。

常識的に考えても「野菜中心の食生活」はカラダによさそうだし
第一、お金もさほどかからない。
ジューサーは高いといっても39,800円で、後は人参と林檎の代金だけですから
ウン十万の免疫療法とは大違いでしたから
まぁ、藁って済ませそうだったから・・・ということでした。

万が一「何の効果もなくても」たかが「人参と林檎」ですから
よろしければ、お試しください。

ちなみに僕の担当医は、癌が消えたので「苦笑い」でした(笑)。
2014.01.11-00:09/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.11-10:41///EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1201-8694e842


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。