気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ さんまの蒲焼き、ひじきご飯

▼炊き込みご飯の夕食
炊き込みご飯の夕食

癌にせよ、糖尿にせよ、そしてメタボ対策でも…
「食事療法」というと、共通して「減塩」「減砂糖」「お代わり禁止」
「肉及び乳製品の禁止または制限」「揚げもの禁止」が課せられます。

慣れてしまえば平気…とはいえ、なんとなく「口寂しい」のも事実で
そういう時「違反」に走らない為の、
<こってり系食事療法>というのも、憶えておいて損はなさそうですね。


今日のメニューは「ひじきの炊き込みご飯」と「さんまの蒲焼き」。
先日の「鶏数寄」もそうですが、100%OKではないけれど
75%でも50%でも、やめちゃうよりは遥かにマシ!という線で行きましょう。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼さんまの蒲焼き
さんまの蒲焼き

さんまでも、うなぎでも、穴子でも…蒲焼きは、醤油と味醂を1:1で割って、
砂糖:小さじ1、顆粒の和風だしの素:少々を加えて、ひと煮立て。
一旦冷ましたモノに、冷凍のさんまをくぐらせながら焼いて出来上がりですね。

醤油は「減塩」で、砂糖は控えめでも、みりんが効いているので
照りと甘味が出て、それなりに「結構満足度の高い味」に仕上がります。


缶詰でも売ってますが、裏面の原材料のところの調味料等を読むと
さすがに、あまり食欲は沸かないと思いますので、自分で作りましょう(笑)

▼ごぼうの天ぷら
ごぼうの天ぷら

天麩羅とは言いますが、出汁入りの衣を付けて焼いたものです。
関西風のお好み焼き(混ぜ焼き)が、バラバラになった感じ
…と言えば、とりあえず何とかご理解いただけますでしょうか?(笑)

少量の胡麻油と、煎りゴマの風味で香ばしく仕上げましょう。

▼小鉢
小鉢

小松菜に人参、竹輪、エノキが少々。
さっぱりと出汁で炊いた、箸休めの小鉢ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼炊き込みご飯
炊き込みご飯

ご飯は、ひじきの炊き込みご飯です。
ひじきご飯は、炊いても良いし、混ぜるだけでも美味しくいただけますが

出汁で炊く「炊き込みご飯」の方が、味が濃いので
今日のコンセプトによくあっているように思います。


どっちにしろ「お代わりしたくなる」味。
お互い、日本人に生まれて良かったですね(笑)

▼グリーンスムージー
グリーンスムージー

もちろん「こういうメニュー」ですから、
ジュースはしっかり作って、ちゃんと飲みましょう。
毎日書いてますから、レシピは不要ですよね。

▼秋刀魚の蒲焼き・全景
秋刀魚の蒲焼き・全景

あっと、蒲焼きには「山椒」も忘れずに。
ワカメとお揚げのみそ汁もついて
今日も、普通に美味しい「日本の食事」ですね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/03/29/Sat 20:40:56  食事療法/和食/CM:3/TB:0/
new ちひろLIVE異聞 / MAIN / ぐじの塩焼き old

COMMENT

  from - 麻花
こんばんわ~

私は天ぷらやフライの衣がダメなんで、どうにか工夫したいんですけど、
結局ははがして食べてしまう羽目に。
ま、外食時にはですが、和食の膳には天麩羅は付き物と言うか。

家で私が蒲焼を作るとしたら、魚をグリルで焼いて油をよ~く落としてから溶き卵と小麦粉を混ぜたのを衣にして、テフロン加工のフライパンで表面を焼いて、しょうゆとみりん、砂糖を絡めるみたいな感じになると思うのですが、癌ダム4Gさんの調理法もそんな感じですか?
いわし丼なんかも出来ますよね♪
2014.03.29-21:38/麻花/URL/EDIT/
Re: 麻花さま:  from - 癌ダム4G
まいど!で~す。

> 私は天ぷらやフライの衣がダメなんで、どうにか工夫したいんですけど、

…なるほど、それは困りましたね(苦笑)
とはいえ、天麩羅もさまざまで
冷えても食べられる…というか、あのボテっとした衣がNGなのかな?
それとも、天麩羅専門店のカウンターで食べる
揚げたてのパリッとした薄手の衣でもだめなんですかね?
後者なら仕方ありませんが、前者なら何とかする方法はありそうですね。

> 家で私が蒲焼を作るとしたら、魚をグリルで焼いて油をよ~く落としてから溶き卵と小麦粉を混ぜたのを衣にして、テフロン加工のフライパンで表面を焼いて、しょうゆとみりん、砂糖を絡めるみたいな感じになると思うのですが、癌ダム4Gさんの調理法もそんな感じですか?

…そんなややこしい事してませんよ(笑)
1.三枚におろした「さんま」の両面に小麦粉を軽くはたいて余分な粉を落とし
2.テフロンのフライパンに少しの油を敷いて、両面をじっくり焼き
  (焼けたら、余分な油をキッチンペーパーで拭きとって)
3.醤油と味醂、砂糖のタレを絡めて、ちょいと煮詰めて出来上がりです。

※衣を付ける…という感覚ではなく
 身が崩れやすいので、小麦粉で表面を固めてガードする…という感覚です。
 タレを煮詰める過程で、小麦粉のとろみが付いて美味しくなります。


> いわし丼なんかも出来ますよね♪

…もちろん、同じやり方で作れます。
で「丼」にする場合は、タレを多めにしてご飯にも少しかける
青紫蘇の葉を敷くとか、刻み葱を散らして、胡麻をふる
七味か山椒を振っていただく…みたいな感じが良いと思います。
2014.03.30-04:10/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.30-11:27///EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1264-310c102a


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。