FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ 風邪ひき 野菜飯

とりあえず無事、風邪は回復致しました。
数日間、音沙汰なしで、皆さまには、ご心配おかけいたしましたが
何とか無事回復致しました。ありがとうございました。

▼塩こうじ野菜スープ
塩こうじ野菜スープ

…と言う訳で、今日は風邪ひき時の食事のご紹介ですが
まずは、いろんな野菜の<塩こうじ野菜スープ>から。

ジャガイモとか人参とか、セロリや、白菜、チンゲン菜なんかを
塩こうじに漬けて、軟らかく煮込んだ、塩味のスープですが


これをミキサーですり潰したら(作った事はないけれど)
ゲルソン療法で言うところの「ヒポクラテススープ」になりそうですね。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼滋味あふれて美味しい「塩こうじ野菜スープ」とご飯
ご飯

ただこの料理、ゲルソン療法のヒポクラテススープと少し異なるのは、
普通の人が食べても美味しい事。たぶん「塩こうじ」のおかげだと思いますが
一番異なるのは、基本となる「食」についての考え方だと思うんですね

たとえば、癌に限らず「食事療法」と言えば、美味しくないイメージがあり
それは、栄養や病気に関心はあっても「味」には関心の薄かった
かつての「食餌療法」と言う表現の名残があるからではないかと思う訳です。


僕は、たとえ食事療法と言えども「餌」ではなく「料理」であるからには
病気でない人が食べても「美味しくなければ」料理ではないと思っています。
このスープは、家内の作ですが、孫も美味しいと大絶賛でしたよ(笑)

▼減塩の醤油ダレで焼いた 大根もち
大根もち

大根もち…さっぱりとして美味しいですよね。
そいつに醤油ダレに漬けながら焼いて、香ばしく仕上げました。
食欲がなくても美味しくて滋養になる「力餅」ですね。

▼ゲルソンジュース
ゲルソンジュース

いつもは、もう飲まなくてもいいかな?…なんて思ってるジュースですが
病気の時に飲むと、本当に美味しく感じるから不思議ですね。

飲みたくない人や信じない人に、あえて飲めとは申しませんが(苦笑)
やっぱり「生きてる酵素」が、活性酸素を除去したり
NK細胞を応援して、人体に「援軍」を送ってる事を実感させられる…というか


ゲルソン博士の指摘したパスツール医学の間違い…つまり
病気を治しているのは薬ではなく「カラダの力」なんだと改めて感じさせる
「生命力そのものをいただくジュースの力」ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼五目野菜の餡かけ綴じうどん
野菜あんかけうどん

さて、晩ご飯…というか、寝てる間にちょっと起きて食べた夕食は
消化のよさも考えて、野菜あんかけの綴じうどんでした。
今日のは五目野菜の入った栄養豊富な餡かけ綴じうどんです。

さて問題は、その「餡」をどうやって作るか…なんですが
餡が重いと、さいしょはいいけど、段々もったりしてきて食べにくいし
軽いと何だかモノ足りない…そこで


我が家では概ね、普通の出汁を敷いて、その上に濃いめの餡を乗っけ
食べるに従って餡が混ざり合って、最後まで美味しく味わえる
…なんていうパターンで作っています。

▼野菜あんかけ綴じうどん+おろし生姜
野菜あんかけ綴じうどん+おろし生姜

風邪の折の餡かけうどんには「たっぷりの生姜」が鉄則ですが
肝心の成分が熱で飛ばないよう、途中で随時足しながら食べて行きます。


餡とか生姜とか、この辺のやり方は、京都の某・有名そば屋さんの
店長さんから内緒で教わりましたが、こういうことは、大体僕が「開発」して、
家内が完成度を高めていく…なんてスタイルですね(苦笑)。

▼グリーンスムージー
グリーンスムージー

こちらも、お馴染みのグリーンスムージー
石臼式スロージューサーのフィルターを「荒目」にしてるだけですが
たっぷりの生野菜が摂れて、これも回復の役に立ちますよね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

おかげさまで、風邪そのものは2~3日で回復したのですが
連休とか、娘の家の引っ越しとかで、何かと忙しく、ブログはちょっと一休み。
これから、またちゃんと書きますので、よろしくお願いいたします。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/04/30/Wed 10:00:00  食事療法/和食/CM:4/TB:0/
new 海鮮焼きそば…普通に三食 / MAIN / 風邪ひき、綴じうどん old

COMMENT

  from - あたごウクレレ
生姜を一度に入れずに食べる時に追加・・なるほど。
餡かけは、温まるし喉の通りも良いので私も大好きです。北海道で作った「とろりんぱ」ご存知ですか、水に溶かずに振りかけるだけでさあーっととろみがつきますよ。
味の素の親分みたいな大きな容器に入っています。顆粒状なので水不要。
2014.04.30-12:58/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
情報ありがとうございます。


> 北海道で作った「とろりんぱ」ご存知ですか、水に溶かずに振りかけるだけでさあーっととろみがつきますよ。
> 味の素の親分みたいな大きな容器に入っています。顆粒状なので水不要。

「とろりんぱ」は存じませんでした。検索してみます。

僕のほうでは、サラヤという会社の「とろみ名人」と言うのを使っておりまして
たぶん似たような商品だと思いますが
主にジュースにとろみをつけるのに使っております、。

大袋はもちろん、1回分用のスティックタイプもあり
害食事等にも重宝しています。
お互いこういう情報交換って大事ですよね。

なお、タピアのはありませんが
シャント法の発音と、ラリンクス(SECOM社製 音程変化機能なし)のなら
僕のDVDでよければ、ハイビジョン撮影したものがありますよ。
もし必要な事があれば言ってください。
2014.04.30-14:02/癌ダム4G/URL/EDIT/
とろみ・・・・  from - あたごウクレレ
癌ダムさま
とろみアップ パーフェクト・・・ジュース用とかは、これですね。
とろりんぱは、片栗粉です。通常、片栗粉は水に溶いて餡かけに使いますが、とろりんぱは、顆粒の片栗ですので水に溶かなくても大丈夫です。性質が違うようですね。
お値段もとろりんぱは格安ですよ。
シャントの発音…ありがとうございます。必要になりましたらお願い致します。
2014.04.30-15:29/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: とろみ・・・・あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
> とろみアップ パーフェクト・・・ジュース用とかは、これですね。
> とろりんぱは、片栗粉です。通常、片栗粉は水に溶いて餡かけに使いますが、とろりんぱは、顆粒の片栗ですので水に溶かなくても大丈夫です。性質が違うようですね。
> お値段もとろりんぱは格安ですよ。

「とろりんぱ」…調理用のカンタン片栗粉ですね。知ってます(笑)
と言うか、使った事ありますよ…なるほど、この手もありますよね。

とろみ名人はデキストリンがベースの「嚥下補助食材」です。
医療用や病人食等にも使われてるヤツです。
もちろん、こちらもそのまま「水なし」で溶かせます。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-340.html

> シャントの発音…ありがとうございます。必要になりましたらお願い致します。

はい、いつでもどうぞ。
2014.05.01-03:09/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1288-4f90a9ad


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房