気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 美味しんぼ問題に想う

▼問題の漫画「美味しんぼ」掲載のビッグコミック・スピリッツ
美味しんぼ・スピリッツ

福島の原発問題を扱ったのはいいけれど、その取り上げ方に対して
原発のある双葉町や、廃棄物を処理した大阪市から<抗議文>が届けられ
テレビでも何かと話題の「美味しんぼ」掲載のビッグコミック・スピリッツ

30代の頃、電車通勤の友に良く読んだものでしたが
以前は大ファンだった「美味しんぼ」の事ですから、気になって
数十年ぶりに、問題の三冊を買って読んでみました。


賛否両論、立場の違いも含めて意見百出ですが、それはともかく…
癌治療の為とはいえ、50ベクレル近い放射線を浴びて、副作の障害もある
僕の立場としては、なんだか「嫌~な感じ」がした事も否めない事実です。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼問題のシーン1:山岡の鼻血(福島の真実1回目)


この回では、新聞記者として福島原発の事故現場を視察した主人公 山岡が
その直後(視察後しばらくして)原因不明の鼻血を出す…というもの。
原因不明と言いつつ、暗に放射能にせいだ!と断罪しているのは明らかで

もちろん漫画の脚色ですから、抗議するのも無粋な話ですが
長年暮らしていればともかく、そんなことがあり得ないのは、当たり前の話。
知らない人が信じたら、それこそ偏見の素になりかねませんが…


喉に放射線を当てて、放射線治療による味覚障害や唾液腺の損傷、
顎関節の障害など、数々の障害を受けた僕たち喉頭癌患者の実感としても
ちょっと信じられない<嫌な話>であるのは「実感」として確かですね。

▼問題のシーン2:双葉町 前町長の被爆発言(福島の真実2回目)
問題の前町長の発言

さて第二話では、こんなシーンに対して、被災地の瓦礫を受け入れた
大阪も抗議しましたが、これもまた、被災地に手を差し伸べた
「大阪の善意」に水を差す、大阪府民として「不愉快な気分」になるシーン。

大阪府・大阪市が連名で、即、抗議文を送ったのも当たり前の話と思いますが
当時の事を思い起こすと、京都市は大文字焼きの薪に
福島の木が混ざっているからと、材木を送り返したり(ひどい話でしたね)


被災地からの瓦礫の受け入れを、あちこちの自治体や住民が拒否したり
風評被害が蔓延して、なんともない野菜や魚が大量に廃棄されたり…
同じ日本人として、なんだかとても情けない想いをした事が思い出されます。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼双葉町の抗議文(福島の真実3回目)
双葉町の抗議

第三回(終章)の最後に、各界からの批判や意見、医師の見解等が
10ページにわたって掲載され、その中に、双葉町や福島県からの抗議文や
大阪府・大阪市からの抗議文も掲載されています。

▼大阪府・大阪市の抗議文(一部)(福島の真実3回目)
大阪府・大阪市の抗議

抗議した双葉町や福島県をはじめとする反対意見としては、
せっかく復興に向かっている福島への「風評被害」を助長し「偏見」を育てる
など、もっての他、何もこんな時期の蒸し返さなくても…との想い

賛成意見としては、原発事故の記憶を風化させない為に良くやった
事実を隠ぺいするのは良くない…などというものがありましたが
何故か「東電の責任追及」や「法的措置・断罪」を訴えるモノはほとんどなく


また、医師の見解としては、鼻血はありうるという人もあれば
ありえないという意見もあって、まぁ実際のところ
「良く解からない」というのが本当のところなんでしょうね。

▼僕の感想
この作者は、どうも放射能に対して「恐怖症」や「偏見」があるようですが
僕たちだって、好きで浴びた訳ではなく、これでまた
故なき差別や偏見が生じるのだろうなぁ…と思うと、胸が痛みます。

もっと言うとね…この論法だと、戦後、広島や長崎に生まれて暮らす人の
ほとんどが病気みたいな論理の建て方で、その辺をなんだと思ってるんだ、
…とも想う訳で、ご本人としては東電を批判したつもりが


ちっともその訳を果たさないばかりか
かえって被災者を傷つけるだけの結果になったのでは?
などと思ってしまう訳なんですね。

▼ぶらぶら病について
鼻血はともかく、体がだるい…というのは、ある意味本当です。
さすがに、ちょっと原発事故現場の視察をしたくらいではならないとは思いますが
僕も体がだるい…と、このブログに書いた事がありました。

「ぶらぶら病」という名の被曝後遺症
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-657.html

また、放射線治療についても書いておりますので、何かの参考になれば幸いです。
「ヒトは放射線を浴びると、どうなるのか? 」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-659.html

副作用についてはこちら…喉頭がんで「放射線治療を受けられる方へ。 」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-480.html

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/05/25/Sun 18:18:18  原発・震災/CM:2/TB:0/
new ジンギスカン / MAIN / ポール・マッカートニー old

COMMENT

  from - 侍蛙
医師の一言で喜んだりしょ気たり情けないけどしょうがないですね
これから夏に向かって体力が落ちないよう癌ダムさんのレシピ参考
に体力つけなきゃ、美味しんぼ結構問題大きくなりましたね
作者さん核アレルギーなんですかね漫画って結構影響ありますからね
放射能って言えば震災ごみ受け入れ拒否ごく一部の人だったんでしょうけど
マスコミも騒いで何が絆だって思いましたね  当時
2014.05.27-15:33/侍蛙/URL/EDIT/
Re: 侍蛙 さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。
検診の結果、何事もなくて何よりでしたね。

美味しんぼ…たかが漫画とはいえ、社会的にも影響力の大きな作品だけに
なんか、悲しい気になるのは、僕だけではないと思います。

そして、僕は、癌患者で放射線も浴びていて、その上障害者ですが
心無い人ってどの場所にもいるもんで
汚いモノを見るような、蔑みの目つきで眺められたり、
隣の席に人にあからさまに席を立たれたり…

一番つらいのは、その喉の穴はいつ塞がるの?とか
また声が出るようになるんでしょ?…なんて聞かれる事
知識がないだけで、ご本人に悪気はないのでしょうが
済みません、一生治らないんです…と、笑って答える
僕の身にもなってくださいってヤツですよね。

作者にそんな意図はなかったにせよこの漫画が、
放射線を浴びた…というだけで、何の罪もない人々に対して
そのような「いわれなき差別」を助長するような事が無いよう
祈るばかりです。

さて、これから熱中症のシーズン…
僕のレシピが少しでも「食生活改善」のお役に立てば幸いです。
2014.05.27-18:40/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1308-bca747df


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。