気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 鶏そぼろ三色ご飯

▼鶏そぼろ三色ご飯
鶏そぼろ三色ご飯

台風の常として、ろくな魚は入荷しないので、鶏そぼろの三色ご飯です。
鶏と玉子だから、親子そぼろですね。黒っぽい緑はアオサ海苔、
紅ショウガの、鮮やかな「赤」も入ったので、四色ご飯ですかね?(笑)


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
「食事療法」適合▼鶏そぼろ三色ご飯
鶏そぼろ飯

鶏肉は、むね肉主体のミンチですから「食事療法」にも適合しています。
卵は「二日に1個」がお約束ですから、次の日は、パスとしてあげてください。
アオサ海苔は「彩:いろどり」ですから、モロヘイヤでもほうれん草でも。

僕は、がん治療終了から7年目ですから、食事療法の基準もゆるくして
日頃は、食事療法的な食べ方をベースとしながら
食べたいものがあれば、たまには違反しても構わない・・・というスタンスですが


「がんの発症」から日の浅い方は、まだ真似してはいけません。
5年間、がんの再発や転移を防いで、
ちゃんと生きて、その時の楽しみに取っておいてくださいね。

▼鶏そぼろ三色ご飯
鶏そぼろ飯UP

なんとなく「お弁当」の定番…みたいな料理ですが
ちゃんと作ると、それなりに恰好が付くものですね(笑)

似たような料理に、鶏飯(けーはん)と言うのがあって
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-431.html
時々作ってブログに乗せておりますが、↑は以前の分、↓は、先日の分です。

http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1340.html

この三色ご飯も「汁かけ」スタイルにしても
きっと美味しいように思います。

嚥下補助食材▼冷凍オクラ
冷凍オクラ

いつもの「嚥下補助」食品ですが、これも丼に乗っけて
五目ご飯にしても、いいのかも知れませんね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼味噌田楽 山芋・こんにゃく
味噌田楽

山芋とこんにゃくを炙った、味噌田楽…
ご飯が「丼もの」ですから、おかずの方はシンプルですが
こちらも、ネバネバで嚥下を補助する食材です。

山芋やオクラに含まれるネバネバ成分「ムチン」は
喉や胃、そして眼などの粘膜を保護する、喉頭がん患者にうれしい食材。


またネバネバ食材は「夏バテ予防」にも良いとされていますので
「がん」じゃない皆さんも、がんばって食べてください
( 詳しくは、NHKのためしてガッテンで、合点してくださいね )

▼きゅうりの酢の物
きゅうりの酢の物

こちrも、普通の「酢のもの」ですが、酸っぱさが唾液の出を促進するので
唾液の出にくい、放射線治療の後遺症には、ぴったりのおかずです。


また酸味は、食欲増進にも役立つので、
抗がん剤などで食欲のない、がん患者さんにもおすすめです。

▼鶏そぼろ三色ご飯の夕食 +ゲルソンジュース
鶏そぼろ飯の夕食

ゲルソンジュースの効能については、ずいぶんと認知が進みましたので
多くは語りませんが、ちょっと気を付けたいのは
このジュースが、決して「癌に効く薬」ではない…という事です。

癌を治すのは、あくまでご自身の免疫システムであり
ゲルソンジュースや食事療法は、その強化に役立っているだけなんですね。
万能薬扱いするのは間違いですから、その辺はよろしくお願いいたします。


左下にちらっと写っている「実ざんしょ」も、味覚の強化に役立つ食品です。
こっちも、以前、ためしてガッテンでやってましたネタですから
僕は信用できないとしても、NHKのいう事は信用してあげてくださいね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/08/11/Mon 14:08:11  食事療法/和食/CM:2/TB:0/
new アウトドアもしくは防災対策 / MAIN / 点心飯?…非常食かな? old

COMMENT

  from - UFO
暑中お見舞い申し上げます。

料理を作る男性が増えてきて、女性もまごまごしていられません。
癌ダムさんの料理は、盛り付けも素晴らしいですね。

実は私も、孫が一週間来ていたので飯炊きばあちゃんを一所懸命いたしました。
孫が帰る時に、「おばあちゃんの料理で一番おいしかったのはカレ-だよ」と言われ、嬉しいけどちょっと微妙。
「おいしい」と、たくさん食べてもらえると思った料理は残されてしまいました。


2014.08.11-23:30/UFO/URL/EDIT/
Re: UFO さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは、コメントありがとうございます。
台風の被害などはありませんでしたか?

さて、すみません
この料理は家内の作でして、僕が作ったのではありません(苦笑)

食事療法の初期段階では、材料や味付けのさじ加減が
自分じゃないと判らないもので、全部自分で作っていましたが

放射線治療で、味覚の壊れた僕(かなり治りましたが)と
普通の人(家内、娘、孫)の両方が美味しいと感じる
「コツ」みたいなのが判ってきた段階で
家内にも作ってもらえるようになりました。

僕自身も、以前から料理は好きでしたから
一応なんでも作りますが
「食事療法」は、材料からして、かなり勝手が違うので、
慣れるまで、ずいぶんと試行錯誤が続きましたが
そのうち「オリジナル調理」のコツも解かってきて
これなら人に紹介できるよね・・・というところで
ブログに載せ始めた、という訳です。

> 実は私も、孫が一週間来ていたので飯炊きばあちゃんを一所懸命いたしました。
> 孫が帰る時に、「おばあちゃんの料理で一番おいしかったのはカレ-だよ」と言われ、嬉しいけどちょっと微妙。
> 「おいしい」と、たくさん食べてもらえると思った料理は残されてしまいました。

そりゃ、大変でしたね。
僕も子供のころ、夏休みなどは良く祖母の家にホームステイしてましたが
正直、朝のパンとハムエッグが一番おいしかった思い出がありました(笑)
だって、家では四角いパンにマーガリンでしたが
祖母の家は山型のトーストにバター、リプトンのミルクティー、
自家製マーマレードでしたから、当然といえば当然ですが
肝心の晩御飯の方は、魚中心で、子供にはちょっとね・・・でしたね。

さて、この三色そぼろは、どちらかというと「孫」向けです(苦笑)
娘一家は300mくらいの場所に住んでいて、共働き
保育園のお迎えは、ほぼ我が家ですから
週に4日くらい、家内は、孫の食事も作っています。

家内は文句ばかり言っておりますが
孫の世話も、ボケ防止にはピッタリの「良い運動」かも知れませんね。
2014.08.13-04:55/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1363-43d162eb


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。