気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 夏はサムギョプサル

▼焼き肉テーブルのある生活
サムギョプサル

手前、サムギョプサル(豚バラ)、奥、三角(鶏軟骨)、中、とうもろこし
我が家の夏の定番、サムギョプサルの焼肉風・・・ですね。

土用の丑の日ですが、「うなぎ」ではなく、「焼肉」です。
丑の日ですが、「牛の肉」ではなく、鶏と豚です(笑)


サムギョプサルって、本来は鉄板でやるものなんですが
脂が多いので、焼き肉器で、適当に脂を落としながら焼いています。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼クッキング テーブル&焼き肉器
鍋テーブル&焼き肉器

我が家には、座卓の中央にコンロ台の付いた、クッキングテーブルがあって
冬には「鍋」、夏には「焼肉」、そして「たこやき」に「お好み焼き」と
年中大活躍している訳ですが、今日は、焼き肉器をセットしてスタンバイ!

▼取り皿とタレ用の小皿
取り皿とタレ用の小皿

各自・・・と言っても、二人だけですが、取り皿と、タレを入れる豆皿を用意。
箸は、炎と脂でボロボロになりますから、当然ながら「割り箸」ですね。

▼豚バラ&三角なんこつ
豚バラ&三角なんこつ

・・・という訳で、今日焼くのは、二種類の肉、豚バラに鶏のなんこつ。

豚バラは、ビタミンEもたっぷりで、体を冷やす夏向きの食材。
日本の夏の「うなぎ」と同様、韓国では、夏に豚を食べる習慣があり
その食べ方が「サムギョプサル」なんですね。


大阪では通称「通天閣」と言いますが、断面が三角形の鳥の軟骨。
骨って言うけど、実際はコラーゲンですから、美味しいのはもちろん
僕たち年寄りにも女性にも、とりあえずは、うれしい食材ですよね。

▼サニーレタス
サニーレタス

荏胡麻やサンチェがなかった、という訳ではありませんが
今日はグリーンレタス、・・・というか、チシャッ葉ですね。
安くて美味しいし、人工栽培のサンチェより健康的な食材かもしれません

▼とうもろこし
とうもろこし

余分ながら、今回はプラス・ワンで、とうもろこしも、ちょっとだけ・・・
放射線治療の後遺症で、あごの関節が固まって、口が大きく開かない為
もう7年も、焼きとうもろこしを食べていませんでした。(笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼塩だれ
塩ダレ

サムギョプサルのタレは、基本「塩だれ」です。
揉み込にも、付けだれにも使います。


以前は、市販品がなかったので、仕方なく自分で作っていましたが、
レシピが知りたい方は、内緒でリクエストしてください。(笑)

薬味①▼葱ナムル
葱ナムル

削ぎ切りにした青ネギと唐辛子をゴマ油で和えた物です。
本当は違う名前なのですが、ずいぶん昔の事なので忘れてしまいました。
どなたか、ご存知にの方がいらしたら、お教えください。

薬味②白菜キムチ
白菜キムチ

ごく普通の白菜キムチです。豆もやしのキムチなんかもあるといいですね。
ネギナムルと合わせて、豚バラに乗せて、青菜に包んでいただきます
チシャに塗るコチジャン(韓国味噌)は、刺激が強いので、僕は使いません。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼サムギョプサル & 三角なんこつ
炊き肉テーブルのある生活

・・・で、こんな感じで焼いていく訳ですね。

▼焼き上がったサムギョプサル
サムギョプサル & 三角なんこつ

焼き肉器の鉄板は鋳物ですから、鉄分も補給できれば、
熱せられた鉄から、遠赤外線も出て
肉類も芯から、むっくりと美味しく焼きあがります。

仕上げの▼ビビンパ
ビビンパ

ご存知の方には説明不要ですが、韓国風の茹で野菜(ナムル)の丼ですね。
12時の位置から時計回りに、ほうれん草、大根&人参、ぜんまい、豆もやしが
少なめによそった白いご飯にトッピングしてあります。

▼玉子スープ
玉子スープ

ビビンパとのコンビには、玉子スープが欠かせませんが…
わかめスープに溶き卵を加え、白ごまを振った、韓国風の玉子スープです。

▼ビビンパ&玉子スープ
ビビンパ&玉子スープ

このスープを、玉子ごとご飯にかけながら
スプーンでいただく…というのが、ビビンパの正しい食べ方ですね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

▼翌朝の冷麺
翌朝の冷麺

とはいえ、このあたりでおなかも一杯になったので
「締め」に用意した「冷麺」は、翌朝のブランチに登場。


豚バラの残りに、葱ナムルにキムチ、オクラなども入っておりますが
冷麺の詳しい話は、数日前のブログをご参照ください。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1356.html

▼冷麺&ゲルソンジュース
冷麺&ゲルソンジュース

もちろん、これも当然ながら、ゲルソンジュースも毎日ちゃんと飲んでいます。
今日のメニュー、さすがに食事療法的にOKとは言えませんから
癌の治療後 間もない方は、鶏の胸肉の塩麹漬けなどでやってくださいね。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-396.html

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/07/29/Tue 20:20:20  食事療法/CM:8/TB:0/
new 天神祭のハモ…炙り鱧 叩き梅添え / MAIN / あなご丼 old

COMMENT

管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.29-21:28///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
お返事、ありがとうございます。

ご事情は大体分かりましたが、それだけでは、ちょっと
お返事しにくい面もありまして、よろしければ現在の状況というか
退院時の「癌の状態」と、今後の治療方針をお教えください。

なお、鍵コメさんがもう一人いらっしゃいますので
できれば、お返事は、この記事の後ろに続けていただけると助かります。
2014.07.30-11:41/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.30-22:19///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
返信、ありがとうございました。
さて、ご質問にお答えしようと、あれこれ考えたのですが
まだちょっと情報が足りず、的確なアドバイスができずに困っております。
ですので、以下の点について、お答えいただければ幸いです。

1.のどの痛みについてですが、放射線の後遺症でしょうか?
  それとも、以前からあった「喉頭がん」の痛みでしょうか?
また、ガンによる「声のかすれ」はありますでしょうか?

2.放射線は治療は、何週間くらい受けられましたでしょうか?
  その間~現在まで、例えば真水を塩辛く感じるとか、
  唐辛子や胡椒などの刺激物にやたら過敏に反応するなど
 「味覚の変化や異常」はありませんでしょうか?

3.抗がん剤治療は、点滴でしたか?何という薬を何日、とかわかりますか?
  治療中~治療後、食欲がない、体力的につらいなどの症状はありましたか?
  また、現在はいかがでしょう?

4.医者から処方されて、現在、飲んでいる薬の名前を教えてください。
  痛み止めは「ロキソニン」ですか?「UFT]という薬はありますか?

5、患者様に「飲酒・喫煙」の習慣はありますか?現在はやめておられますか?
  肉と魚、どちらがお好きですか?野菜嫌いですか?
  また、のどに違和感や、つっかえた感じがあり
  「嚥下:ごっくんと飲み込むこと」が少し困難ではありませんか?

6.それからメンタルな面ですが、「がん」に対する恐怖感は強い方ですか?
  現在は「がんであること」を受け入れておられますか?
  今後の治療に対する「疑問」や「不安」などはありますか?

何度も申し訳ありませんが、何しろ「間違ったこと」をお答えする訳にも行きませんので
お手数ですが、その辺りのことをお教えください。
2014.08.01-05:40/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.02-14:53///EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.02-15:38///EDIT/
Re: お返事 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
色々、質問してすみませんでした。

実は、最初のお答えを見て、直感的に思ったのは
この医者、大丈夫かいな?・・・という大きな疑問でした。
多くの患者さんを見てきましたが、ステージⅣのガンを、
放射線と抗がん剤だけで治すなど、普通は考えられないからです。
※家内にも相談しましたが、同意見です。

そこで2度目の質問をお願いしたのですが
読んで思ったのは、こりゃ手術の前にガンを小さくするための
予備治療かな?と考えた訳です。

それでも、良く分からないので、今回の質問となった訳ですが
照射回数と抗がん剤を見る限り、その医師は、
放射線と抗がん剤だけで、本気で治そうとしたみたいですね。

7.でお答えのように、それで治ったかどうかが「大問題」ですよね。
不安なお気持ち、よ~くわかります。

もし、がんが残っていた場合手術の可能性も多いにありますが
やっぱり「その病院、大丈夫?」という、思いが先に立ってしまいます。
一度、信頼できる病院で、セカンド・オピニオンを
受けて見られてはいかがでしょうか?

理由:まず、ステージの重さは判らなくても、
医師なら「癌だ!」ということは、すぐに判ったはずですが
それをはっきり告げないのは、ちょっと変です。
そのくせ、使いもしない「胃ろう」の穴を開け
声は温存できるが、今後の再発・転移の可能性が高い治療法を選んでいる
・・・などなどの点によるものだからです。 

まぁ、僕は「医者ではない」ので、もちろん正しい判断などできませんが
そういう視点もある・・・ということも、心の隅に留め置いた上で
以下の、食事療法などの記事を参考にしてください。


●まず、ジュースの量の目安と絞り方などは、こちらの記事から。
ジューサーは、臼式のスロージューサーが必須です。
「保存版・ジュース材料の目安」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-441.html

ジュースはペットボトルに入れて冷蔵庫に入れておけば
朝作って夕方くらいまでは平気です。
最初からこの量を飲むのは大変ですが、食事中も嚥下補助に飲むなど
慣らしていけば、段々と飲めるようになります。

●参考遺書を読んで、食事療法の基本ルールなどを理解してください。
一番ポピュラーなのは、このシリーズですね「がん消えシリーズ」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-339.html

●本を読めば書いてありますが、この仕組みも理解してください。
治すのは、自己免疫力で、食事やジュースは、そのサポートです。
誤解されている方が多いのですが、ジュースは、がんに効く薬ではありません
「食事療法とは何か?についての考察」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-318.html

●食事療法についての、考え方や、
いろんなレシピが検索できるようになっています。
「食事療法 INDEX5」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-549.html

●主に、手術を前提とした話ですが、喉頭がん治療に関するあれこれです。
「喉頭癌 治療INDEX」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-669.html

ご本人さまも、あまりわかっておられない様子ですが
「嚥下障害」や「唾液の不足」「味覚障害」はかなりると思います。
多分ですが、これからしばらくは、段々ひどくなっていきます。

僕のブログの良く出てくる「オクラ」も使い方も参考にしてください。
また、あごが弱って、口が大きく開かなくなる
モノが噛みにくい…などの症状も出てくると思いますから

タコや烏賊など、噛み切りにくいものには「裏包丁」を入れるなどして
噛み切りやすい加工をしてあげてください。

そして、一番大事なのは「心の問題」です。
大切な自分の命を、絶対にヤブな医者などに預けたりはしない!
癌は、自分の免疫力で治して見せる!という「強い意志」の問題です。

要は、放射線や抗がん剤が効いたのか?食事療法が効いたのか?
そんなことは、僕たち患者にしてみればどうでもいいことで
癌が治ることが最重要課題です。心して取り組んでください。

また、いろんな疑問も出てくるでしょうからなんでも質問してください。
頑張ってくださいね。
2014.08.02-19:35/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 追加です 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
チョコレートの味がわかるのは「甘さ」が、
もっとも初歩的な味覚だからです。
味覚には「甘い」「辛い」「酸っぱい」「苦い」「旨味」とありますが
刺身の味は、外国人にはわかりにくい味覚「旨味」ですから
最初にわからなくなります。

全部わからない…ということはないと思いますが
真水を塩水に感じたり、酸っぱいと苦いが入れ替わったり
そうした「妙なこと」をあると思います。

ただ、好き嫌いなく何でも食べる・・・ということは
逆に考えれば、味に関心が薄い、舌が鈍いとも考えられますから
もしそうなら、味覚異常があっても、
よく分からないかも知れません。

普通の味付けを、味が薄いと言ったりするなど
変だな?と思うことがないか?気を付けて見てあげてください。


資料の続きです。こちらもご参考にどうぞ。

「癌治療の現実(補強版)」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-961.html

「食事療法」関係の本」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1065.html

「朝食には何を食べているのか?」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1182.html

「がん治療、どこまで必要か」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1088.html

「人の致死率は100%ですけど…」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1096.html

私見ですが、お宅様の現在の治療で、がんが完治するとは正直思えません。
また、喉頭がんは、本来転移しにくいガンなので
本体がステージⅡなのに、多数の転移があるとは、何とも不可思議?
さらに、リンパにがんが飛んだのなら、
リンパの流れに乗って、がん細胞は全身にいきわたってるはずです。
(だからといって、すぐ転移できる訳ではありませんが)

全身に飛んだがん細胞に効果があるのは、抗がん剤か食事療法ですが
抗がん剤は、もともとは毒薬ですから、正常細胞にもダメージを与えます。
食事療法の方が、はるかに安全といえますから
そうした意味でも「やってみる価値」はあると思います。

誰にでも効果がある訳ではありませんが
医者任せにするよりは、はるかにマシと思います。

以上、僕の考え方ですが、参考になれば幸いです。
2014.08.02-20:32/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1366-2ddf27b8


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。