気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ミニ天丼

▼ミニ天丼
天茶

「食事療法」で、もっとも食べてはいけないものとして「揚げもの」 つまり…
天麩羅に、トンカツ、コロッケにメンチカツ…などがあり、
永らく封印していましたが、七年目だし、もう良いかって事で、初挑戦です。
 
歳も歳ですから、そうそう食べたい訳ではありませんが
春を告げる「ふきのとう」とか、初秋の鮎とか、まぁ、年に2~3回位なら
まぁ、食べても構わないか…などと思うのは5年目以降にしてください。


とはいえ家には、揚げ物用の天ぷら油も 置いてはいないので(苦笑)
本日の処は、百貨店で買って来た、天麩羅アラカルトです。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼天麩羅 盛合せ
天麩羅 盛合せ

左から、穴子・キス、海老・大葉、茄子・舞茸…。
通し揚げ…と言いたいところですが、残念ながら、買って来た天麩羅です。
電子レンジではなく、オーブンで温めれば、パリッと美味しくなりますよね。

▼焼き野菜:茄子・山芋・蒟蒻
焼き野菜:茄子・山芋・蒟蒻

とはいえ天麩羅は、これだけですから、さすがに おかずが足りない…ので
足りない分は、焼き野菜…茄子・山芋・こんにゃく などで補います。

テフロン加工のフライパンに、オリーブオイルで、サッと焼いただけですが
ヘルシーで、塩でも天つゆでも美味しく頂けます。


考えようによっては、衣なしの天麩羅みたいな感じですから
「エビ天」と「かき揚げ」だけにして、後は焼き野菜がいいかも知れませんね。

▼枝豆豆腐
枝豆豆腐

これも、百貨店で買って来たヤツですが、枝豆入りの美味しそうな豆腐。
天麩羅の油っぽい後味も、美味しく吸着してくれて、
副菜としても、季節の単品メニューとしても、なかなかのヒットでした(笑)。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼酢の物
酢の物

後口、箸休めは、酢の物。…というか、いつもの副菜ですね。
酸味がある事で「唾液」も良く出るので、喉に放射線を当てた方のケアとか
抗がん剤治療の後とか、そういう方にもお勧めのメニューです。

▼海老天は塩で、他は天つゆで頂いた後…
海老天は塩で

まずは「海老天」を1本、塩で頂いた後、「キス天」とか「野菜天」をひと渡り…。
「かき揚げ」がないので、残った海老天2本で、ミニ天丼を作る事にしました。

▼ちょこっとミニ天丼
天丼

お茶碗だけど、天つゆをご飯にかけて、海老天を並べ、大葉を置いて…
ミニだけど、七年ぶりに食べる「天丼」の味は、
後ろめたさ半分ながら、なかなかに美味しいものでした(苦笑)

代替えメニューも思いつかないけれど、
「5年経ったら、美味しい天麩羅を食べるぞ!それまで我慢…」なんてのも
食事療法のモチベーションかも知れないし、


とにかく皆さん、もう大丈夫…という地点まで
食事療法、なし崩しにならないよう、頑張って続けてくださいね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/09/11/Thu 20:30:58  食事療法/和食/CM:4/TB:0/
new 刺身&鯛茶 / MAIN / 頭に来る、恥ずべきニュース old

COMMENT

  from - 麻花
こんばんわ、まずはコメント有難うございました。
毎度の事ながら、癌ダム4Gさんのレシピには関心すると同時に、
七年の月日を非常に大切に過ごされた様子が伺え、更に感心しております。
2014.09.11-20:43/麻花/URL/EDIT/
ありがとうございます  from - やっちゃん
8日のブログ、とても参考になりました♪ありがとうございます!
病気が分かる前は少食かつ偏った食事ばかりしていたのですが、今はナゼか食事旺盛で食べ物を美味しいと思うようになりました。抗がん剤治療中なのに変ですね(^^;)
なので、3食だけではもの足りずおやつを食べてます。おやつも体に良いものをと思い昨日は病院の売店に売っていた玄米棒を食べました。結構お高めなので手作りしてみようかなと思ってます(^ー^)
仕事をしており昼のジュースをどうしようか考え中です。朝作ったものを昼に飲んでも大丈夫ですか?

あと、差し支えなければ癌ダム様が食事療法以外におこなったことがあれば教えて頂けないでしょうか?
2014.09.12-12:33/やっちゃん/URL/EDIT/
Re: 麻花 さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは、返信遅くなりました。

> 毎度の事ながら、癌ダム4Gさんのレシピには関心すると同時に、
> 七年の月日を非常に大切に過ごされた様子が伺え、更に感心しております。

今回のは、違反料理で、しかも買ってきた天ぷらですから、
大きなことは言えませんよね(苦笑)
ただ、強いてあげるなら、何事にも終わりはあるし
7年たったら、たまには「食べてもいいんだよ」…などということも
伝えたかった…ということもあるかと思います。

七年の歳月・・・自分でも、まだ生きているのが不思議ですね。
僕は、いわゆる「末期がん」で、いつ死んでもおかしくない…と宣言され
手術が成功し、放射線治療を終えた段階でも
「現時点での生存率は不明、1年生き延びたら生存率は50%程度…」
などと、きっぱり言われちゃいましたから、
それなりに覚悟を決めたものの

1年後に、食堂に悪性腫瘍の小さな芽が見つかり
抗がん剤治療にも関わらず、だんだんと大きくなって行ったわけですから
もし、食事療法と出会わなかったら、
多分もうこの世にはいなかったと思います。

ですから、決して「大切に過ごした」訳ではなく、
体内に発生した、がん=悪性の新生物(エイリアン)と戦って
今のところ、傷も負ったが、なんとか勝ちを収めている…といったところでしょうか?

人は、いつかは必ず死にますが
異種新生物なんぞに体を乗っ取られて死ぬのは嫌だ!という話です。
麻花さんも、頑張って、
テロ…じゃなくって異種新生物との戦いに勝っていきましょう。
2014.09.12-14:33/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: やっちゃん さま:  from - 癌ダム4G
> 8日のブログ、とても参考になりました♪ありがとうございます!

そりゃ、貴方の事を念頭に置いて書きましたから
(そして、コメントはないけど、同じような境遇にあるほかの方のためにも)
たぶん、きっと役に立つ記事だと思いますよ(笑)

また、こちらの記事もご参考にどうぞ。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-549.html

> 病気が分かる前は少食かつ偏った食事ばかりしていたのですが、今はナゼか食事旺盛で食べ物を美味しいと思うようになりました。抗がん剤治療中なのに変ですね(^^;)
> なので、3食だけではもの足りずおやつを食べてます。おやつも体に良いものをと思い昨日は病院の売店に売っていた玄米棒を食べました。結構お高めなので手作りしてみようかなと思ってます(^ー^)
> 仕事をしており昼のジュースをどうしようか考え中です。朝作ったものを昼に飲んでも大丈夫ですか?

体調や、嗜好を狂わせていた「がん」が除去されたことで
体のバランスが整い、食欲などが正常に動き始めたようですね。
よいことだと思います。

生ジュースは、空気に触れさせない(つまり、空気中の酸素で酸化させない)ことが重要ですから
ペットボトルなどに首のところまでいっぱいに入れて(つまり空気がほとんどない状態にして)
冷蔵庫や保冷剤で冷やしておけば、100%とはいかないけれど、まぁ大丈夫ですよ。
僕もそうやって飲んでいました。

> あと、差し支えなければ癌ダム様が食事療法以外におこなったことがあれば教えて頂けないでしょうか?

特に、なにもしていませんが、強いて言えば
「ちゃんと自分と向き合って、前向きに生きる」覚悟を持つ…ということでしょうか?

がんは病気や運命などでは決してなく、体に宿った「異種新生物=エイリアン」です。
こんな奴らに決して負けない、強い心を持つことが第一です。

そして、食事にたいする正しい認識を持つこと
がんを駆逐するのは、あくまでご自身の免疫細胞で
食事療法は、その「援軍」にすぎません。
ジュースががんを治すのではなく、
がんの好きな栄養素を極力断って、がんの嫌がる食べものを多く摂る…ということです。

ヒトの体は、その人が食べたモノ…で、出来ているわけですが
それが、ストレスや食べ方なども含めて、よくない方向に「偏った」から、
体のバランスが崩れて、あなたは「がんになった」ともいえるわけですね。
だから、食事療法というのは
その「反対側に偏った」食事を摂ることで、体のバランスを取り戻す
と考えることも重要です。
もちろん数年して、体のバランスが整えば、普通にバランスの良い食事を摂ればいいわけですね
(がんを生んだ、元の生活に戻る…というわけではありませんよ・笑)

そして、自分が今生きている事の「意味ではなく価値」を自分に問うことです。
「生きてる意味」などという、答えの出ないことを考えても無駄ですから、
そうではなく「今現在、そしてこれからに人生で」なにができるか、なにをすべきか?
世の中に、なにを行い、なにを残し、なにを伝えて、生きていくか?
はたして、自分という小さな存在が、その生きている時間で世の中に対してなにができるのか?
言葉を換えれば、残された命を何に使うのか?
そういう「生きる価値」や「使命感」を自分に問いかけることですね。

現在の仕事を続けることで「世の中の役にたっていく」こと
家族や友人のために何かすること、困っている人や同じ病気の人に手を差し伸べること
僕たちは、がんから生還した「サバイバー:九死に一生を得た生き残り」なんですから
助けてもらった、残りの人生は「人のため」に使いましょう

なんてことを考えていれば、多分大丈夫です。

食事療法やマクロビオテックをやってる人が良くいう話に
「大地と繋がっている」「命をいただく」という感覚がありますが
人もまた「自然の一部」「社会の一員」一人で生きている訳ではありませんが
そのことを忘れ、自分の事ばかり考えていると、
まぁろくなことはない…ということですね(笑)

一度、考えてみてください。案外と面白いものですよ(笑)
2014.09.12-15:53/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1405-36397f43


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。