気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 高屋修 絵画展

▼高屋修 絵画展
高屋修 絵画展

喉頭がん仲間の画家、高屋修さんから、絵画展のお誘いをいただきました。
今年は、阪急「芦屋川」のギャラリーでの開催…とはいえ
久しぶりの再会、久しぶりの芦屋、さっそく阪急に乗って行って来ました。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼ぎゃらりー藤 掲示板(絵画展ポスター)
ギャラリー藤
▼エントランス案内ボード
エントランス案内ボード
▼阪急「芦屋川」駅南口 ぎゃらりー藤 エントランス
阪急芦屋川 ギャラリー藤

阪急、芦屋川駅、南口を降りてすぐ…
ぎゃらりー藤は、マンションビルの一角にある瀟洒なギャラリーです。

▼ギャラリー風景
ギャラリー風景

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼ブーケ
ブーケ


▼睡蓮:すいれん
睡蓮:すいれん


▼赤い布と白いビン
赤い布と白いビン

高屋 修氏は、南仏プロヴァンス在住の画家 アーティストです。
作品は、上記の他、こんなイメージです<http://www.artakaya.com/

氏とは、僕のブログを通じて知り合い、お互いヘビースモーカーで(苦笑)
喉頭がんになり、ゲルソンジュースで治した…という一種の腐れ縁ですね。


去年の記事はコレ<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1179.html
毎年、この季節に帰国され 絵画展の度、年に一度にお会いしています。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼高屋画伯とエントランス風景
画伯とエントランス風景

▼いちご
いちご

小さな作品ですが、力強く印象的な、心に残る作品です。
今年は、なんだか少し作風が変わったような印象…。
要らないものが削ぎ落された…というか、表現がストレートになった気がします。

絵画展は 11月22日(土) ~ 11月24(月)…明日まで。
〒659-0084 兵庫県芦屋市月若町8-6 ぎゃらりー藤 0797-22-3826
阪急「芦屋川」駅 南口から南に 徒歩1分くらいです。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

▼ぎゃらりー藤 建物外観
ギャラリー建物

▼ぎゃらりー藤 隣の店舗(カフェかな?)
隣の店舗

▼ブルゴーニュ・ワイン
ブルゴーニュ・ワイン

えへへ…奥様からブルゴーニュワインも頂きました。
奥様は、南仏のプロヴァンスでB&B …(いわゆるペンションですね)
SCARABEE(スカラベ)を営んでおられます(笑)

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/11/23/Sun 23:30:00  日記/CM:2/TB:0/
new 人参のふりかけ / MAIN / 悲しい社会面 &オムレツブランチ old

COMMENT

お目にかかれて嬉しかったです  from - akaitorikotori
芦屋まで足を運んで頂きありがとうございました。ブログにのせて頂いた効果もあったのか、沢山の方にお越しいただきました。昼食を取る時間がないくらいであっという間に時が流れていました。カメラをもっていったのですが、写真を取る暇がなく癌ダムさんは外からも写して下さったのですね。意外と中の事で夢中で外から写真を撮ることを忘れています。 お目にかかれて主人ともどもとても嬉しかったです。


主人は喉頭癌の治療をしてからもうすぐ丸5年です。毎日のゲルソンジュースが効を奏してか再発していません。本当にありがたいことです。このサイトに出会ってなかったら、こんなに元気で過ごせなかったのではと感謝の気持ちで一杯です。

子宮癌を患った知人は暫くの間あまりにも調子がよかったので、ゲルソンジュースをやめてしまい、この油断から再発、2度目の抗がん治療は効かず、ホスピスを進められ、落ち込んでいたところ彼女はお金持ちなので、最新医療と称した放射線のピンポイント治療(1回300万円ほどかかるそうです)を勧められ、癌が消えてなくなることに一途の望みをかけて最新治療とやらを受けられたのですが、病院で食事が口に合わず、体重が35kgまで落ち、退院後数週間で腹水が溜まりだし、先週から再入院されています。3年ほどの間にこのようになられ本当に残念です。

再発すると癌がスーパー癌になること、そして今までの抗がん剤が効かないこと、2度目の抗がん剤治療はより強い物を施されるので、癌をやっつけるより元気な細胞を沢山壊していまう可能性が高いことなど、色々ご説明したのでしたが、再発しない努力を怠った大きな結果を今背負われています。本当に残念でなりません。 なぜ再発すると危ないか・・・癌ダムさんのサイトには的確に書かれていましたよね。 なるほど・なるほど思いました。そして免疫力を高める食事を取ることが大事なことを痛感しました。 改めてありがとうございます。 
2014.11.25-07:07/akaitorikotori/URL/EDIT/
Re: お目にかかれて嬉しかったです  from - 癌ダム4G
akaitorikotoriさま:

どういたしまして。僕も再会できてうれしかったです。
絵画展、盛況で良かったですね。
僕のブログの力など関係なく、ひとえに先生のお力と
場所柄のせいだとは存じますが、
とりあえず、たくさんのお客様のご来場、おめでとうございます。

会場の写真…記事の巻末に掲載させていただきましたので
またご覧くださいね。(笑)

> 主人は喉頭癌の治療をしてからもうすぐ丸5年です。

そうですよね…昨日の事のようですが、早いものですよね。
それにしても、ゲルソンジュースの結ぶご縁…不思議なモノですよね。
お互い元気で、いつまでも活躍していたいモノですね。

> 子宮癌を患った知人は暫くの間あまりにも調子がよかったので、ゲルソンジュースをやめてしまい、この油断から再発、2度目の抗がん治療は効かず、ホスピスを進められ、落ち込んでいたところ彼女はお金持ちなので、最新医療と称した放射線のピンポイント治療(1回300万円ほどかかるそうです)を勧められ、癌が消えてなくなることに一途の望みをかけて最新治療とやらを受けられたのですが、病院で食事が口に合わず、体重が35kgまで落ち、退院後数週間で腹水が溜まりだし、先週から再入院されています。3年ほどの間にこのようになられ本当に残念です。

…そうでしたか、本当に残念ですね。
僕の周りにも、つい油断して「再発」し、命を落とした友人が何人かいます。
喉元過ぎれば…なのでしょうが、何ともやりきれない気持ちですね。
基準は緩めても、やはり「基本姿勢」としては
癌を意識した食事環境は維持した方が良さそうですよね。

> 再発すると癌がスーパー癌になること、そして今までの抗がん剤が効かないこと、2度目の抗がん剤治療はより強い物を施されるので、癌をやっつけるより元気な細胞を沢山壊していまう可能性が高いことなど、色々ご説明したのでしたが、再発しない努力を怠った大きな結果を今背負われています。本当に残念でなりません。 なぜ再発すると危ないか・・・癌ダムさんのサイトには的確に書かれていましたよね。 なるほど・なるほど思いました。そして免疫力を高める食事を取ることが大事なことを痛感しました。 改めてありがとうございます。 

僕は「がんの再発や転移ではない理由」で、4年目位に同じ病院に舞い戻って
入院生活(食道に開いた穴が塞がらない為)を送っておりましたが
その間、何人もの「見たような患者さん:再発・転移組」が再入院され
手術や放射線が使えない為、強力な抗がん剤で苦しむ姿を沢山見て来ました。
力尽きて、帰らぬ人になる方も決して珍しい話ではなく

まさに、喉元過ぎて、慢心した元・患者さんに見せてあげたいような光景です。
お互い、気を付けて、頑張って行きましょう。

どうか、お元気で。
また来年の再会を楽しみにしております。
2014.11.26-10:41/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1478-e499f961


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。