気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 広東風の宮庁鶏丁

▼広東風 鶏とカシューナッツの炒め:宮庁鶏丁
宮庁鶏丁UP

麻婆豆腐と同じく、我が家の宮庁鶏丁:鶏のカシューナッツ炒めは、
基本「四川料理」で、そういうものだと思っていたら、
違う作り方も見つけたので、面白そうだから…と、試しに家内がやってみた。

調べてみたら、宮庁(ゴンパオ)と名の付く料理は、中国の各地にあり
宮庁は、北京の中央官庁や、そこから派遣されてきた、お役人さまの事で、
大抵は、権力を笠にきたグルメ自慢の困り者…どこの国も同じかな?


鶏丁(ジーディエン)は、鶏の調理法という意味だから、意訳してみると、
グルメな中央官庁好みのおもてなし料理…なんて意味なのでしょうが
そういう訳で、中国各地に、いろんな宮庁鶏丁があるという事なのでしょうね。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼宮庁鶏丁 広東風 鶏とカシューナッツの炒め
宮庁鶏丁

さて、いつもの宮庁鶏丁は、生姜・ニンニクと、花椒の味付けですが
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-552.html
今日のは、豆板醤に甜麺醤の入る、酢豚風の調味料&味付け。

材料も、カシューナッツやパプリカ(ピーマン)に、白ネギではなく玉ねぎで、
なんとなく、豚の代わりに鶏を使った「酢鶏」といった印象ですね。
まぁ、食べ慣れた味というか、これはこれで美味しいのではありますが


考えてみれば、僕たちの知っている、いわゆる中華料理というのは
広東料理の事。…つまり、海外進出した華僑の皆さんの多くが広東出身
ということで、これが、僕たちの「馴染みの味」な訳なんですね。

▼四川の調味料「花椒」に、七味だけど「唐辛子」
調味料

というか、これはこれで、美味しい訳でして、うちの孫も大好きな味。
これはまぁ、好みの問題ですから、とやかく言うのも野暮なお話ですよね。


一応、四川風の「花椒」も用意したけれど、あまり合いませんね(苦笑)。
僕らは四川風の方が好みですが、日本人の多くは、
こちらの方が美味しいと感じる料理…なのかも知れないと思います。

▼点心だけど、かに焼売
かにしゅうまい

家内も、作りながら、なんか違うよなぁ…と思いつつ、だったようで
副菜には、広東風に「かに焼売」が出てきました。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼中華風サラダ
中華風サラダ

サラダも普通に、ハムとかきゅうりとかの中華風サラダ

▼溶き卵のスープ
溶き卵のスープ

スープも、酸辣湯とか、トマトの入る四川風ではなく、ごく普通の「中華風」。
とろみの付いた、喉にも優しい卵スープで、普通に美味しいものですよね。

▼広東風 宮庁鶏丁の夕食
薬膳風 宮庁鶏丁の夕食

以上、決して「四川風」ではないけれど、それなりに美味しい
広東風の鶏のカシューナッツ炒めでした。いつもの酢豚風ですから
もちろん、ケチャップを使うレシピでも美味しいと思います。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2014/12/12/Fri 20:22:16  食事療法/中華/CM:0/TB:0/
new 質素なマクロビ晩ご飯 / MAIN / 豚汁+あれこれ定食 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1487-43c6fc28


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。