気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 中華風ちゃんこ鍋

▼美味しそうな 豚の肩ロース肉を見つけたので…
豚肉・肩ロース

▼今日は、中華風ちゃんこ鍋です。
中華風ちゃんこ鍋

大相撲が始まったから…という訳でもありませんが。今日はちゃんこです。
正月以来の和風味にも飽きて来たので、今日は中華テイストです。
中華の鍋と言えば「火鍋」が有名ですが、そこまで本格的ではありません(笑)

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
▼野菜類
野菜類

まずは、白菜ではなくチンゲン菜と、ニラが入って、中華のイメージに。
タケノコは入れなかったけど、白ネギ、椎茸は鍋の共通項として、
モヤシとか人参も入って、いかにも「ちゃんこ」という組合せになっています。

▼豚の肩ロース肉
豚の肩ロース肉

豚は「しゃぶしゃぶ」用の肩ロース…美味しい部位ですが、
淡白な味わいなので、こうした「味付きの出汁」で食べる鍋に向いています。
美味い!のですが、食事療法の方は、当面は「鶏」にして置きましょう。

▼絹ごし豆腐
絹ごし豆腐

鍋の豆腐は、やはり「絹ごし」が美味しいモノですよね。
肉ばかり食べたがる若い方の増量材…としても、大活躍する食材ですが
食事療法の方は、お肉に代わるタンパク源として、意識してください。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼水餃子
水餃子

「ちゃんこ」ですから、肉団子かつみれ…とも思いましたが、
鍋にちょうど良い「台湾風の水餃子」があったので、入れてみる事にしました。
旨い出汁も出るし、鍋のボリュームもアップして、美味しいモノですよね。

▼ビーフン
ビーフン

締めは「ラーメン」とも思いましたが、餃子が入るので、それに合わせて
汁ビーフンでいかが?…という事で、
ちょっと鮮度のある「台湾風のちゃんこ」に成りました(笑)。

▼中華スープ
中華スープ

出汁は、ウエイパーとか、そういう類の中華風の鶏ガラスープです。
美味しくて簡単…なんですが、食事療法の方は、
クノールの無添加野菜スープの素に、鶏胸肉で「鶏ちゃんこ」にしてください。

▼中華ちゃんこ
中華ちゃんこ

等々という事で、中華風ちゃんこのスタートですが、ちなみに「ちゃんこ」…は
「鍋」という意味ですから「ちゃんこ鍋」という言い方は
「いにしえの昔の武士のサムライが…」というのと同じ、間違いです(笑)。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼鍋は、まず野菜類から入れて…、
まずは野菜類

まぁ、ここからは、ごちゃごちゃ言う必要はありませんよね。
まずは煮えにくい野菜類から入れて、風味づけに胡麻油をちょいと垂らし
この油で鍋の温度を上げて、野菜も美味しく煮えて…

▼その間に、出汁と調味料を合わせます。
出汁と調味料

他方、取り鉢には、鍋から出汁を取って、豆板醤とか麻辣醤(マーラージャン)、
擦った胡麻などを加えて、出汁を好みの味に調えておきます。
嚥下障害対策に、オクラも少し加えて置くと、出汁に粘りだ出て好適です。

▼調味料
調味料

前列左から、四川豆板醤、花椒の入った 大好きな麻辣醤(マーラージャン)、
ブラックペッパー(ミル)、花椒のミル、後ろ向きなのが普通の胡椒、ラー油
家内は豆板醤にコショウ、途中でラー油とか、好みで色々楽しみます。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼豚を入れて
豚を入れて

肉はしゃぶしゃぶ用ですから、すぐ火が通ります。
準備が整ったところで、豚を野菜の上に乗せ、片面に火が通ったら裏返して
煮すぎてパサパサにならないうちに、野菜と一緒にいただきます。

▼鍋のスタート
鍋のスタート

肉、野菜、豆腐、きのこ…と、バランス良くいただきながら、出汁も飲み
また、調味料を変えて、あれやこれや…と、食べ進んで行きますが

▼野菜たっぷりの鍋
野菜たっぷりの鍋

普通の鍋よりも、野菜の種類が多く、趣向も変わるので食も進みます。
またその野菜も、色が濃く、力の強い野菜が多いので栄養も豊富。
普通の鍋より、シッカリといろんな野菜が摂れるのも、うれしい特長ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼取り鉢
取り鉢

喉頭がんで手術して、食道と気管を分離してあるため、
「吹き冷ます」とか「すする」という、高等な技を使う事が出来ないので、
スプーンとか、蓮華とか、お箸とか、いろんなモノが並んでいます。

「すする」というのは、声帯を半開きにして食べ物を口の中に吸い込む技術で、
正常な人なら誰でも無意識に出来る当たり前の事なんですが、
僕たちがやろうとすると、ラーメンが口の前でボロボロと落ちていきます。


などという事で、箸やスプーンで、食べ物を口の奥まで運んでやる訳ですが
鍋が熱いと火傷しますので、冷凍オクラを入れて、
少し冷ましながら頂く、という「裏技」なども、役に立つ…という訳です。

▼締めのビーフン
締めのビーフン

締めは、さっぱりと「汁ビーフン」…う~ん、バーツァンも欲しい!とか言うのは
梅新東、往年の「東:あずま」(現・シーファー)とか、神戸元町の
「丸玉食堂」のファンの方しかわからないギャグ…なんでしょうね(苦笑)

▼ゲルソンジュース
ゲルソンジュース

もちろん、ゲルソンジュースもシッカリと飲んでいますが、このジュース、
口の中を火傷しそうな時の冷却用の水代わりにも、案外役に立つんですね。
もちろん、水より「カラダに良い」事は、言うまでもありません。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/01/13/Tue 20:17:15  食事療法/鍋/CM:0/TB:0/
new 山芋・オクラ・納豆の3練り小鉢 / MAIN / 十日戎 残り福 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1520-d3086d9a


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。