気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ダブルちゃんこ鍋

イワシの「つみれ」と鶏の「つくね」…▼ダブル団子の贅沢ちゃんこ鍋ですね
ダブルちゃんこ鍋

やっと、少し暖かくなった…と、思ったら、また粉雪…。
なんなんだ、この天気は?…ということで、やっぱり今夜は「鍋」ですね。
とはいえ、このところ「違反食材」が続いたので、

今夜はイワシに鶏、野菜たっぷりの完全「食事療法」対応バージョン。
持久力のつく、スタミナの素イミダペプシドールの入った鶏むね肉に
受験生にも良い、頭の良くなるEPAたっくりのイワシのつみれを加え


野菜は、余分な脂肪を排出してくれて、食事療法にもダイエットにも良い
「ごぼう」をメインに、冬の野菜、大根、にんじん、白菜、そして、ネギ、もやし
こんにゃく、薄揚げなどビタミン&ミネラルたっぷりの食材を揃えました。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
文字色▼イワシの丸を「つみれ」、鶏の丸を「つくね」と言います。
つみれ&つくね

本当は、包丁で叩くか、すり鉢で当たった方がいいのですが
まぁ、面倒くさいので、フードプロセッサをブン!と廻して、ハイお仕舞い。
小骨のアタリもなく、なめらかな「丸」に仕上がります。

イワシなら、頭も骨も加えで、フープロの「つみれ」には、生姜とネギを加え、
頭と骨はそのまま、ワタ(内臓)を取っただけで、フードプロセッサー。
鶏の胸肉には、同じく生姜、ニンニクに、卵を加えてなめらかに仕上げます。


ミンチですから消化も良く、出汁もよく出て美味しく、喉の通りもスムーズな
喉頭がんや、放射線治療、そして抗がん剤などで食欲のない時にもぴったりの、
暖かくて「元気の出る」、癌ダムおすすめの贅沢ちゃんこです。

▼ちゃんこの野菜
ちゃんこの野菜

野菜はご覧のとおり、脂肪を排出する「ごぼう」を中心に,、消化を助ける白菜、
カロテンの宝庫 人参、風邪にも良い青ネギ、ミネラルの豊富なもやし
食べやすい植物性タンパク源の薄揚げ、デトックス効果の高いこんにゃく

そして消化酵素たっぷりの大根という、「冬のちゃんこ」らしい組み合わせ。
今回は入れてないけど、水菜やホウレンソウもよく合います。


各野菜の効果のほどは、多分、間違ってないとは思いますが…(苦笑)
つみれ、鶏肉、生姜やニンニクと合わせて、
体の芯から温まること間違いなしの組み合わせですね。

▼豆腐は優良タンパク源
豆腐は優良タンパク源

また、豆腐は食事療法の人に限らず大事な植物性タンパク質。
タンパク質は、植物性と動物性を同時に摂るのが好ましい・・・という事で
鍋には欠かせない一品ですね。(言わなくても入れますよね・笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼醤油出汁に根菜から
醤油出汁に根菜から

ベースの出汁は、昆布に醤油、酒のさっぱり味。
火の通りにくい根菜類から入れて少し煮込み、半分火が通った辺りで
つみれとつくねを丸めて、順次 鍋の中に落とし入れますが…

▼つみれ&つくねが浮き上がったら出来上がり
つみれ&つくね鍋

それらがちゃんと、食べやすいサイズと大きさで、丸く仕上がるかどうか
この辺が、鍋奉行…男の腕の見せ所…という事なんでしょうね(笑)
「つみれ」や「つくね」が浮き上がって、中まで火が通ったら「食べ頃」です。

▼つみれ&つくね Wちゃんこ 全景
つみれ&つくね ちゃんこ 全景

ラストに、すぐ火の通る、薄揚げに、もやしとネギを加え
さて、この辺りで、薬味をセットして「いざ!いただきま~す」…ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼喉頭がんの鍋用セッティング
喉頭がんの鍋用セッティング

喉頭癌で手術して、食道が細くなっている…などの「嚥下」障害に
オクラの粘りがうまく作用して、食べ物が呑み込みやすくなります。

また、オクラや山芋に含まれる粘々成分の「ムチン」は
食道や胃、そして気管や眼の粘膜を保護する…という、ありがたい食材。
強力な「制がん作用」も併せ持つ、食事療法の強い味方です。


また、気管が口とつながっていない僕たちは、食べ物がすすれないので、
スプーンがあると、食べやすいし、見た目もきれいで いいですよね。

▼薬味:胡麻海苔、七味、山椒
薬味:胡麻海苔、七味、山椒

薬味には、胡麻摺り器で白ごまを摺って、海苔粉を混ぜ多ものを用意、
お好みで七味や山椒を振り、取り鉢に、出汁を注いでいただきます。
え~っと、ゴマも七味も山椒も、それぞれちゃんと体を温める食材です(笑)

▼取り鉢
取り鉢

「ちゃんこ」というと、お相撲さんのイメージで「太りそうな」イメージですが
実際には「野菜たっぷり」でヘルシーな料理。
特にゴボウたっぷりの、この「ちゃんこ」は絶対に太りません(笑)


美味しくて、いくらでも食べられるので、風邪ひきとか、食欲の落ちた時
また、がん治療時や、退院後の食事にもぴったりだと思います。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

食事療法じゃなくても、おすすめです▼グリーンスムージー
グリーンスムージー

もちろん、食事療法ですから、サイドメニューはグリーンスムージー。
小松菜に温州みかん、セロリ、ブロッコリーの茎…などの組み合わせで
冬に不足しがちな、酵素やビタミン、鉄分、ミネラルなどを補います。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/02/10/Tue 20:02:11  食事療法/鍋/CM:0/TB:0/
new 冬の定番、常夜鍋 / MAIN / 馬刺しの甘辛煮 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1534-a73f8b0f


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。