気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 毎日1500CCのジュースを飲む工夫

▼ゲルソンジュース2本+グリーン・スムージー1本(1日分:1500CC)
aゲルソンジュース3本・1日分
毎度おなじみのゲルソンジュースですが、最近、こんなメールを戴きました。

質問 「ジュースだけでお腹がいっぱいになりませんか?
    無理して飲んでいた感じでしょうか?

    父は、普通350CC程度、最大でも500CC程度しか飲めません
    年齢的なものもあると思うのですが、どうやって飲んでいたのか気になり
    質問させていただきました。」(以下略)


なるほど、考えてみれば、いままであまり書いていませんでしたね。
・・・という訳で、今日は、
毎日1500CCのジュースを飲む方法についてのあれこれです。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 
 ■  
手術、放射線治療、抗がん剤など、いわゆるがんの三大治療は
必ずしも完璧ではなく、残念ながら、かなりの数のがん細胞が
関係部位や、リンパに乗って体内のあちこちに残っていると考えられます。

それを完全に治ったと勘違いして、残留がん細胞をほっておくと、
イラク戦争の残党が、イスラム国に転移したように
再発や転移、多重がんの素になったり…と、ろくなことはありませんが


幸い、がん治療のおかげでで「かなり弱った状態」ですので
弱いうちに食事療法で、徹底的に消し去っておくことをお勧めしています。


保存版▼一日分のジュース材料の目安
aジュース材料・サイズ比較
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-441.html

ゲルソンジュース:人参800g(大3本~中5本)、リンゴ1個、レモン1個
グリーンスムージー:小松菜一束、オレンジ1個、セロリ2本、オクラ2~3本程度。
サラダではとても食べきれませんから、ジュースにして飲む訳ですね。

一口に1500ccなどと軽く言いますが、毎日、朝昼晩ペットボトル1本分。
もちろんジュースだけで、お腹いっぱいになりますから、そう簡単ではありません。
僕自身も、最初は飲めなくて、かなり無理して飲みました(苦笑)


まぁ、頑張って飲んでると、一週間くらいで、段々慣れてきて、
胃袋もそれなりに広がるのか?
10日も経つと、案外と平気で飲めるようになるんですけどね。

▼ジュース2種
aジュース2種

そのやり方ですが、まず全体を三度に分けて、
朝昼晩、それぞれ500ccを割り当て
残ったら、食後の薬を飲む時や、間食事に飲み干しすようにします。

最初は、ご飯のとき、汁物やお茶、水などは一切取らず
すべて、赤か緑、どちらかのジュースにします。
極論すれば、ご飯は食べずにジュースだけ飲んでも構いません。


ジュースには固形成分(食物繊維)も多いので、お腹にたまりますが
出来れば、おかずは減らさず、ご飯など炭水化物を少なめにします。

とはいえジュースは液体ですから、自然とすぐお腹がすいてきます
そこで、またジュースを飲み、各回分の500ccを飲み切ります。
そのうち慣れてきて、自然に食事の量を減らさず飲めるようになります。


▼さて、何気なく飲んでいる水分はどのくらいになりますでしょうか?

朝起きて、まずお茶かコーヒー:200cc
食事中に、お味噌汁かスープ:200cc×3回=600cc
食後のお茶:200cc×3=600cc
食後のお薬を飲むための水:150cc×3=450cc
十時とか三時のおやつ時に、お茶or コーヒーなど:200cc×2=400cc

合計で、さて、いくらになるでしょう?・・・はい、2,250ccですね。
これをすべて…とは申しませんが、ジュースに置き換える訳です。


まぁ、ジュースを全部飲んでも2250ー1500=750ccで
朝のコーヒーと、お味噌汁、食後のお茶くらいは、十分飲める計算ですよね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

食事療法の原典▼ゲルソン療法
aゲルソン療法・表紙
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=266

次に、はじめは少し抵抗があるかもしれませんが、がん」治療のせいで
味覚障害もあり、唾液の出も悪いはずですので、それを利用して
食べ物を口に入れたところで、ジュースを「唾液代わり」に少し口に含み、

食べ物をジュースでほぐすようにしながら、よく噛んで
呑み込む前に、さらに口に少し含んで、食べ物と混ぜ
食べ物を飲み込みやすく緩めて、少しづつ呑み込んでいきます。


感覚的に「米のご飯と人参のジュース」が馴染みにくければ
朝食をパン食にして、そこからスタートにすると、馴染み易いと思います。
余計なお世話ですが、今はまだ、味覚が半分イカレた状態ですから
ご飯にジュースでも、案外と平気なはずですけどね(笑)

▼唾液は、一日に約2リッターも出るといわれています。

喉頭がんなどで、のどに放射線が当たっている場合
唾液は大体1/4くらいしか出ませんから(約500ccですね)
ジュースの1500ccと合わせて、ちょうどくらいの量になるはずです。

c「がんになってから」の食事療法
「米国対がん協会」策定▲癌になってからの食事療法
この本の特徴は「米国対がん協会」が策定した、あくまで科学的で
合理的な立場で客観的に書かれたレポートである点です。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-320.html


あとは、外出時にペットボトルに入れて水代わりに飲むとか
ラリンクスでしゃべる合間とか、風呂上がりの水分補給とか
いつも手元に置いて、あらゆる「水分補給の機会」に飲む…という事です。

人は毎日、何気なく2~2.5リッターの水分を補給しています。
汗をかく人は、4リッター位、平気で飲むはずです。
水分をたくさん取ると、尿もたくさん出て
新陳代謝が活発になりますから、ある意味良いことですね。

▼自然な療法の方が癌を治す(OTAレポート)
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-318.html
a自然な療法のほうが癌を治す

健康診断などで「がん」を発見して、退院して治療が終わったら
なんとなく、それで治ったような気になりますが
弱っているとはいえ、がん細胞は体内に、まだまだ沢山残っているはずです。

手術でも、全部を取り去ったとは確認できず
放射線で周辺ごと不活性化させ、抗がん剤で弱らせることはできても
残念ながら、現代の医学では「がんを完治」させることは不可能です


食事療法を併用して、免疫力を強化し、
残ったがん細胞を、「弱っているうちに」全滅させることをお勧めします。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


・食事療法と言えば、今あるがんが~シリーズが有名ですが
 上記のような「客観的な著作」ウィ読むと、少し考えも変わるかも知れませんね。

・毎日これくらいのジュースを飲んでいると、
 多少の違反料理もうまく処理してくれるような気がしてきます。

・僕自身は、がん治療終了から7年目ですから、ジュースは500CC/day程度で
 料理も「バランスの良い食事」に切り替えていますが、
 5年未満の方は、やっぱりこれくらい飲んで頑張ってくださいね。
 
貴方の「がん」が、早く治りますように。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/03/06/Fri 20:48:37  食事療法/CM:0/TB:0/
new カレー2種 / MAIN / 餃子なべ old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1558-d867d6b2


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。