気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ がん退治に効く もずく粥、しかも絶品の味!

▼フコイダンたっぷりの もずく粥 キャセロールで。
もずく粥 キャセロール

もずくの「ぬめり成分」は、がごめ昆布などと同じフコイダンにアルギン酸。
ビタミンF(必須脂肪酸)や、ビタミンK、EPA、そしてミネラルも多く

その効果は、NEVERとか、ヤフー知恵袋などで調べていただくとして
早い話、免疫力を高めて、がんに対する効果も高い、食事療法の優等生。
普通は三杯酢などで「酢の物」にして食べることが多いものですが


加熱すると、フコイダンが溶け出して、体内で使われやすくなる…ということで、
今日は、生モズクを使った、美味しい「もずく粥」のお話です。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼もずく粥 作り方
もずく粥 UP

米から炊き上げるちゃんとした作り方とか、煎り米を使うレシピなど
本格的な作り方は、クックパッドなどをご参照いただくとして
要は、普通におかゆを作って、炊き上がる数分前に「生もずく」を入れるだけ。

▼食べる前には、もずく粥を よく撹拌して…"
もずく粥を撹拌して…

我が家の場合は、残り物のご飯に 和風だしで炊く、いわゆる「雑炊」式の作り方。
雑炊より少し柔らかめに炊いて、お米の粘りに、もずくが絡んだ頃合いで
溶き卵を加えてサッと綴じ、火を止めたら、菊菜をどっさり入れて、完成です。

食べる前には、よくかき混ぜて、溶け出したフコイダンを全体になじませ…

▼もずく粥 お椀で冷まして…
もずく粥 お椀で冷まして

熱々で食べても、また、喉頭がんや食道がんには、あまり良くないので
一杯目は、すこし少な目に意茶碗についで、少し冷ましながら
余りお行儀は良くないけれど、スプーンですくって、少しづついただきます。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼京都の三大漬物 すぐき
すぐき

お漬物は、千枚漬け、しば漬けと並んで、京都の三大漬物と称される「すぐき」
上賀茂神社あたりの「すぐき蕪」で作る、伝統のお漬物ですが
植物性 乳酸菌による発酵食品ですから、これも食事療法に優等生ですね。

▼人参 りんご レモンのフレッシュジュース
人参りんごレモンジュース

まぁ、早い話、いつものゲルソン式「食事療法」ジュースですね。
医者による がん治療も、その後の食事療法も、5年間 徹底的にやったので
もはや「がん細胞」は、体内に残ってはいませんが

新しいがん「多重がん」などの発生を防ぐため、免疫力を高めて
極力「がんになりにくい」食生活を実践しています。


僕は、毎日500mmリットル(PETボトル1本分)で、家内はコップ一杯ですが
5年以内の食事療法の方は、約3倍の1.5リッター、5年過ぎたら
余り極端な野菜偏重は避け、まぁバランスの良い食事の範疇で…と思います。

▼もずく粥 お椀
もずく粥 お椀

治療しない方が安らかに死ねる…と言うのは、ほとんどの場合真っ赤な大嘘で、
本当は「麻薬」を使っても、なお耐えられないくらい痛くて苦しいのですが
たとえ治療して完治したとしても、大きな傷後が残るのが「がん」という病気の常。

話せば長いことながら、喉頭がんの手術で、食道と気管がつながっていないため
食べ物を「すする」「吸い込む」という、当たり前の事が出来ず、
雑炊やお茶漬けを「お箸」で、すすりながら食べることが出来ません。


また、蓮華なら、そんなに不細工でもないのですが
放射線治療で、顎が大きく開かないため、蓮華は分厚すぎて使えず
仕方なくスプーン…ということになる訳ですね。ヤレヤレ(苦笑)

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/03/26/Thu 20:17:45  食事療法/和食/CM:4/TB:0/
new イトヨリの姿蒸し / MAIN / エスカルゴ…たまには、お家フレンチ old

COMMENT

  from - ちょっと
おひさしぶりです。
相変わらず、お元気そうですね!
もずく粥、早速試してみたいです・・・

今時は、免疫力upのフレーズに心ときめいちゃいます❤

食道と胃が欠品して、ELPSにリニヤックと嚥下が
メチャクチャわるいし、貯めるところもないので
食事は一大事ですが、免疫力up❤の魅力ですね!

2015.03.27-21:09/ちょっと/URL/EDIT/
Re: ちょっと さま:  from - 癌ダム4G
お久しぶりですね。
このところ、違反料理ばかりで、お役に立てず、ごめんなさい。

もずく粥は「塩もずく」でもできますが
出来れば「生もずく」が圧倒的にいいですね。

> 今時は、免疫力upのフレーズに心ときめいちゃいます❤
>
> 食道と胃が欠品して、ELPSにリニヤックと嚥下が
> メチャクチャわるいし、貯めるところもないので
> 食事は一大事ですが、免疫力up❤の魅力ですね!

「免疫力UP」の意味というのは、ちょっとややこしいのですが
何かそういう食べ物の力で免疫力がアップする・・・という訳ではなく
自分の体が本来持っている力を活性化して、サポートする・・・ということです。

つまりですね
1.免疫力というのは、体内の「代謝酵素」を増やすということです。
2.代謝酵素は、自分自身で作ることが出来ますが
  その材料となる物質を、多く摂ることで、より多く生産できます。
3.肉や油など、消化に手間のかかるモノを多く摂ると、
  人の体は「食化酵素」を作るのに追われて、代謝酵素を作る余裕がなくなります
4.だから、免疫力をアップさせるという正しい意味は
  消化の良いものを食べて、余分な消化酵素を作る負担を減らす
  代謝酵素の材料となるミネラルやビタミン類を多く摂る、ということです。

「もずく粥」でいうと、海草である「もずく」には、
フコイダンが粘膜を保護する成分で、ミネラルや希少元素も多く
「おかゆ」だから、消化も良い・・・ということですよね。

今は「がん」で、バランスが崩れているので、そういう食べ方にして
体力もついて、免疫力が戻って来たら、
野菜中心で、いろんなものをバランスよく食べる
のが体に良い・・・と思います。

頑張ってください。
2015.03.28-03:55/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - ちょっと
も、も、ものすごく!丁寧な御説明を「ありがとう」です。

昔、事のついでに調理師免許を取った時、栄養学も
少しやったので、良く分かりました。

毎日、バランス良く食してます。
お肉と油っぽい物が苦手ですから丁度よい加減かと
ただ、量的には十分とはなかなか言えないのが現状です。

免疫力up、今のところ「猫にまたたび」なのよねえ!
2015.03.28-10:16/ちょっと/URL/EDIT/
Re: ちょっと さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。

今はまだ、野菜偏重の食事でいいと思いますよ。
極端な減塩、鶏の胸肉以外の肉食の禁止、
ヨーグルト以外の乳製品も禁止、卵は2日に1個。
砂糖は全面禁止、甘味ははちみつか果物で。
油は、植物性で最小限の使用に留める・・・

なんて食事が良いと思いますが
詳しくは、「今あるがんが消えてゆく食事」など
食事療法の本を読むといいと思います。

がんが治って来たら、バランスの良い食事に戻していきましょう。
2015.03.28-16:44/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1559-0905e5f3


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。