FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ たかが28,000日の人生

これから先の人生・・・ではない。
あなたが、そして僕が生まれてから死ぬまでの日数の話である。

まぁ喉頭がんステージ4、身体障害者3級ですから
どこまで生きられるか知りませんが

男性の平均寿命76歳として、一年365日×76年=27740日
ざっと28,000日・・・という事になります。
女性ならもう12年ほど足して、365日×88年=32120日
それでも32,000日程度な。訳ですね
・・・人生。つまり人の一生なんてそんなものです。


大学まで通ったとして
親と社会のお世話になるのが、365日×22年で8030日。
65歳まで働くとして、365日×23年で、15700日。
そして残りの老後が、365日×11年=4015日。

この4千日を、お子様や社会から邪魔者扱いされて生きるか
世の役に立ちながら、必要とされてすごすかは、
それまでの人生の過ごし方、生き方次第・・・。


女性の場合は、これが
365日×23年で8395日も続くのですから大変です。

●これを読んでいる方で、お子様や10代の方も少ないでしょうから
まぁ既に10,000日くらいは生きてしまったので、
残り18000日くらいしか生きられない方がほとんど。


癌で、寿命が縮まったかも知れない方
喫煙で、自分から寿命を縮めている方・・・
そして、後5000日も残っていない方・・・(笑)

頑張らなくてもいいけど、一期一会。
一日一日をゆっくり、ちゃんと生きよう・・・というのは
そういう事なんだな・・・と
癌になってから、そう思います。


なんか、訳のわからない話でゴメンナサイ。
私にもたまには、こういう事を書きたい日もあります。


ご訪問ありがとうございます。
喉頭癌の患者様の目に止まりやすいよう、ブログランキングに参加しております。
喉頭癌の認知と理解促進のためにも、、今回もぽちっと押して行ってくださいね。




しかしですね!
別に厭世的な気分で、書いてるわけでは有りません。
むしろ。だからこそ
「毎日をちゃんと生きよう!」
と言いたい訳ですね。

たとえば(電卓を用意して)
残りの予測日数を3倍してみてください。
・・・それが、死ぬまでに貴方が食べる事が出来る食事の最大回数です。


僕などは60歳前ですから
365日×MAX16年として=5840日
×3=で、17520食ですね。

食事を抜く日もあれば、用事や仕事で食べれない時もある。
まぁ15000回も食べれたらいいほうでしょう。
美味しくない日もあれば、嫌いな食材の日もある。
体調の良くない日も、食事どころではない日も・・・
「心から美味しい食事」は後何回いただけるのでしょう?


では逆に、週1回は美味しいものを食べる日と決めて
明日から早速実行したとして
1年365日は÷7日(1週間)で、=約52週間。
52週間×16年MAXで=合計たったの832回。
そんなモンです。

そして、その800回とちょっとを、80回にしてしまうのか
1600回にするのかは、気持ちの持ち方次第ですね。


これは食事に限らず、人との出逢い、モノとの出逢い
趣味、仕事、風景、旅・・・すべてがそうだと言えるのです。
(禅問答かい?・・・みたいなものですね)

こういう話はむしろ
18歳位の、ちょうど大学に入学したての若い方にこそ
解かって欲しいと思いますが、
これを読んだ方は、お孫さんにでも教えてあげてください(笑)。


そして「癌」という時限爆弾を抱えた僕たちは
そうであるが故になおさら・・・今日をきちんと行きましょう。

「前を向いて生きる」とは
絶対に死ぬもんか!がむしゃらに生きてやる・・・と騒ぐ事ではなく
こんな風に、正しく客観的に自分を見つめて、そして「認めて」
後悔しない様に今日を生きる事だと思うのですが、さて。


皆さまの「素敵な今日」は、いかがでしょうか?
スポンサーサイト




2009/04/29/Wed 20:00:53  未分類/CM:8/TB:0/
new ただいま! / MAIN / プレゼン完全復帰 old

COMMENT

  from - SING
そういう考え方賛成ですね。

昔テレビで見たのだけど、野菜を作っているお百姓さんが、「1年に一回しか作れないのだから、死ぬまで作ったとしても、後40回ぐらいしか作れないのだ。だから今一生懸命手を抜かずにいいものを目指して作るのはあたりまえだ。」と言う様なことを言ってました。

ただ、実生活でいうと、不況で収入も減り、今後の増税も予想されることだし、
医療費も膨らみそうだし、生活防衛にはいってしまいます。
さて、今後どれだけおいしい物が食べれて、酒が飲めるのやら?
2009.04.30-02:30/SING/URL/EDIT/
Re: SING さま:  from - 癌ダム4D
そうか、お百姓さんって、一生かかっても
お米・・・100回は作れないのか(二毛作エリアは別として)。
食べる方も、手をあわせてから、「ちゃんと」いただかなくてはね。

> さて、今後どれだけおいしい物が食べれて、酒が飲めるのやら?
・・・うん、僕もそう思う。

そう言ったところで、タケノコが美味しかったので
次はその話を書きます。
2009.04.30-23:18/癌ダム4D/URL/EDIT/
こんばんわ  from - aya
私も計算してみました。
80歳まで生きるとして(そんなに生きるつもりかいっ 笑)あと18980日でした。
52年、と考えるとまだそんなに生きれるのか~と思うけど
日数にすると、もうそれしか生きれないの(TωT)と思いますね。

癌になったばかりの頃、「癌になってもならなくても人間の死亡率は100%」という言葉に
心がとても救われたのを思い出します。
そんな当たり前のことに、癌になるまで気づかなかった。

癌になっても80歳まで生きるかもしれない。
癌にならなくても、明日事故で死ぬかもしれない。

そう思うと、癌になったことも別にたいしたことないように思えますね。
逆に、1日の大切さに気づいた分だけ得したかもしれません。

今日の記事で、また更に1日の大切さに気づけました。
ありがとうございます〃^_^〃

でも、こういうことって病気にならないとなかなか気づけない・・・というか
実感わかないんですよね~。
是非、まだ病気になる前の方達に読んで欲しいです~。
2009.05.01-00:00/aya/URL/EDIT/
Re: aya さま  from - 癌ダム4D
実はこれ、30代後半の頃、会社を興す前後に考えていた事がベースになっています。
その時は人生50年として(織田信長かよ・・・笑)
あと何日<身を粉にして、思いっきり働ける?>
そして、自分が生きて働いた証として何が世の中に残せる?
なんて視点でしたが、癌になった今
今度は「残りの人生で何が出来るのか?」
「残りの人生を何二に、そして誰のために使うのか?」という視点で
もう一度考えるようになりました。

専門学校で広告創りを教えていた頃
学生さんにも良く話しましたが、どうもピンと来ない・・・
そこで視点を変えて見たのが
「後何回、美味しいものが食べれるか?」という話。
毎週一軒の割で「美味しいお店」を開発したところで
10年で立ったの520軒しか「行けないんだぞ」という発想は
若い人にも、かなりのインパクトがあったようです。

でもね・・・60も70歳も過ぎているのに、ジタバタと見苦しい方も多いこの病。
この話に素直に共感できるayaさんも、随分と肝っ玉の据わった
・・・いや、強く美しい心を持った、真っ直ぐな方ですね(笑)
いただいたコメント、
読んでるだけで、僕の気持ちも真っ直ぐになります。
2009.05.01-16:10/癌ダム4D/URL/EDIT/
やはり一期一会かな  from - climbmasa(まさ)
会社に入ったとき、一つの研究開発に数年かかり、その上モノになるのが数回に1回だとすると、自分は世に送り出せるものがあるのだろうか、と考えていました。
でも、今回数字を見て改めてびっくり。自分に残された日数はたったこれだけかと。
今は、研究開発から離れ(その力が私にありませんでした)、日常業務に追われる毎日。ますます、このまま定年まで過ごしていいのだろうかと考えています。
でも、あせっても出てくるものでなし。日々そんな自問自答をしながら、出会いに敏感な「アンテナを張っておく」ことからかなと思っています。
独り言のようなコメントですみません。
2009.05.03-07:08/climbmasa(まさ)/URL/EDIT/
Re: まさ さま:  from - ガンダム4D
コメント、いつもありがとうございます。

かつて僕も同じようなことを考え、40歳で独立。
以来18年、なんだかんだと自分の会社でやってきましたが
以前の会社時代も含めて、いったい何ができたのか?何が残せたのか?
いま考えると、「うたかたの夢」のような気もいたします。

さて残りの人生「何を作る?」と考えれば、たったこれだけ・・・ですが
「何に使う?」と考えれば、まだこんなにある(笑)
業種にもよりますが、一般に人の能力は37歳前後がピークと言われ
後は人間関係とか、培った経験値とかを活かした総合力の時代。
そう考えると、365日×エックス年は、結構長いのかも知れませんね。

そしてまた、人は「出会いたいものにしか出会えない」ことも
覚えておいた方が良い大事なこと。
つまり、自分のアンテナに引っかからないものは
たとえ出会ったとしても、見逃してしまう・・・という事ですね。
そういう意味では、自身のアンテナを磨いておくことも大切。
アンテナは広げるよりも磨く方が良いと、僕は思います。
2009.05.06-00:49/ガンダム4D/URL/EDIT/
  from - KATSUMA
本当にそう思います。
欲を言えばきりがなく、
あれをすればよかった、
これをすればよかった、

思い始めれば終わりなどないですが、
食事、人、経験、役割、
今目の前にあるものが大切なもの。

毎日の小さな幸せに感謝して、
大きな事は出来なくても、
家族や友人を自分に出来ることでサポートする、
何もできないときも感謝の気持ちを伝える。

等身大の自分を認め、
ちっぽけな自分に出来る事をすることで、
背伸びして不相応なものを求めるよりも、
全体が回り始める気がします。



2014.09.22-02:17/KATSUMA/URL/EDIT/
Re: KATSUMA さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。
限りある人生ですから、悔いなく生きたいモノですよね。

僕は、やらないで後悔するよりは
やってしまって後悔する方が好きです。

…というか、やってしまって
「後悔しないように頑張る」のが好きなんですね(笑)

あれこれ考える前に、動く
…それでいいんじゃないでしょうか?

というところで、この記事、読んでみてください。
「前向きの考察」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-648.html
少しは、心が軽くなると思いますよ。
2014.09.22-04:43/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/158-ef0cad9c


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房