気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 前向きはつんく♂さんだけじゃないよ。

▼親指の位置に、呼吸するための穴「気切口」が開いています。
喉エプロン・黒
喉エプロン<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-82.html

声を捨てて、生きる事を選んだ「つんく♂さん」の勇気ある選択に
高い関心と、共感、そして数多くの賞賛が寄せられている。
声が命の歌手にとって、それを失うことの辛さと勇気への賞賛ですが

歌手であろうが なかろうが、声を失う事は「誰にとっても」大変な恐怖であり
仕事を続けることや、円滑な日常生活の「要」となる大切な生命線です。
そして、僕たち「生き残った喉頭がん患者」の誰もが
つんく♂さんと同じ勇気と、前向きな姿勢で、新たな人生に取り組んでいます。


つんく♂さんが通うであろう「食道発声」教室で、発声法を教えてる方、
僕らのようにブログを通じて、がん患者を支援する方々…
みんな「前向き」で、ご自身も障害者であるにも関わらず
誰かの役に立ちたいと、無償のボランティアで頑張っています。

出来れば、つんく♂さんだけでなく、目立たない彼らにも、
暖かい拍手をお願いしたいと思います。そして出来ればつんく♂さんにも、
本業以外の形で、そうなっていただければいいな・・・と思います。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼つんく♂さんには、頑張って欲しいと思うけれど…

昨日と今日のワイドショーは、喉頭がんの話題だらけで
つんく♂さんの選んだ、食道発声の仕組みや、訓練法
喉頭がんの手術に関する知識が、図解入りで紹介されています。

「喉頭がん」というのは、がん全体の中でも5%程度で患者さんも少なく
患者さん向けの解説本もなければ、ホームページもサラリと触れる程度で
そうした知識が、一般に紹介され、知識が広まるのは


ある意味、とてもうれしい事ではあるのですが
一方で、つんく♂さんだけが、特別な「勇気ある」存在であるかのような
マスコミの取り上げ方には、少し疑問も残ってしまいます。

冒頭にも書きましたが、つんく♂さんに限らず、生き残ったがん患者さんは
みなさん、がんに負けないで、声の出ない生き方を前向きに選択し、
自分たちにしかできない「世の中への貢献」を黙って実践しているのですね。


▼喉頭がんは、手術すれば、助かる確率の高いがんです。

もちろん部位や症状にもよりますから、勝手な事は言えませんが
僕のように「ステージⅣ」の場合、選択の余地は、ほぼありませんから、即・手術です。

ところが、ステージⅡ~Ⅲの場合、誰しも、放射線と抗がん剤をメインにして
声帯を残す方向で、治療を考える…訳なんですが
治りきらず、又は再発して、結局は手術という方を数多く見てきました。


確かに「声を失う」のは、苦渋の決断ですが、手術さえすれば、喉頭がんは、
生き残る確率の極めて高いがんだという事も、覚えておいて欲しいと思います。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


食道発声以外のしゃべり方▼「シャント法」
喉エプロン・黒

僕は、天津式シャント法という、ちょっと特殊な手術を受け
喉に開いた「気切口」を親指で押せるだけで、なん尾道具も使わず
普通にしゃべれる方法を選びました。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-10.html
ただ、この方式は、喉から「液漏れする」という欠点があり


その欠点を克服すべく「ボイスプロテーゼ」を入れる
一般的な「シャント法」への転換を図りましたが、その手術に失敗し
現在は、電気式発声法でしゃべっています。

食道発声以外のしゃべり方▼電気式 発声法
ラリンクス正面

ジージーという、機械音が入りますので、やや聞き取りにくく
また一部の機種を除いて、音程も変えられませんが、1日~3日で習得出来
誰でも、比較的簡単に、言葉を取り戻すことが可能です。

電話でしゃべれるようになるまでには、もう少し時間が掛りますが
発声器は、障害者登録すれば、市役所が費用を負担してくれますし
器具と電池が要る…以外には、さしたる不便はありません。


周囲の人間によれば、聞き始めは、やや違和感があるモノの
次第に普通の声に聞こえてきて、抑揚はないはずなのに、何故か?
大阪弁のイントネーションに聞こえる(笑)ということです。

食道発声以外のしゃべり方▼「タピアの笛」
使用法 アップ
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-95.html

「笛式発声法」とも言って、奥の方の四角い部分(笛)を口の奥に入れ
黒いチューブを食道付近に置いて、手前のカップを「喉の気切口」にあて、
肺から笛に空気を送り込む事で、声を出す方式です。

食道発声は、食道に空気を貯めて、ゲップの要領で声を出しますが
タピアの笛は、肺の空気が使えるので、一息で多くの言葉がしゃべれ
尚且つ、七音すべての音階がだせるので。歌が歌えます。

※残念ながら、食道発声では、熟練者でも六音を出すのがやっとで
すべての音階が出せず、歌える歌に限界があります。


欠点としては、器具を口に含むため、話始めるのにやや時間がかかり
また、食事中は、声が出せないという点がありますが
これは、食道発声でも同様です。(電気式は、案外としゃべれます。)

▼発声法INDEX
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1086.html
その他、発声法に関する、様々な事を載せています。
必要な方は、ご参考になさってください。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

分からないことがあれば、何なりとご相談ください。ご一緒に頑張りましょう。
よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/04/07/Tue 19:19:19  喉頭がん/CM:2/TB:0/
new つんく♂さんもガンバレ! / MAIN / 「つんく♂」さんの選択 old

COMMENT

参考にさせていただきます。  from - あたごウクレレ
気道戦士 喉頭癌ダム さま

つんく♂さんに関連して基礎的な事項をアップしていただき会員に参考に明日の教室に持参させていただきます。

食道、EL、タピア、シャント・・・・一連の流れが理解できる記載だと思います。

新聞紙面も癌に関したものが多くなってきてますね。元NHKの大塚アナの記事等。

2015.04.08-21:29/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
出来れば、当ブログのアドレスも、お書き添えください。

> 新聞紙面も癌に関したものが多くなってきてますね。元NHKの大塚アナの記事等。

この機会に、喉頭がんや声帯摘出手術への理解・関心が深まるといいですね。
2015.04.09-02:44/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1591-4a120d29


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。