気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 阪喉会 総会に行って来ました。

▼第66回 阪喉会総会 上西理事長…理事長は笛式発声です。
第66回 阪喉会総会 上西理事長

阪喉会は、食道発声の練習会など、喉頭摘出者の支援を行うNPO法人です。
東京の銀鈴会など、同様の組織は、全国にあり、喉頭がん、食道がんなどで
発声機能を失った人たちへの、さまざまな支援活動を行っています。

主な活動は、食道発声や、笛式発声、電気喉頭などの指導などですが
理事や講師の先生方、会員の皆さん、いずれも、声帯がないにも関わらず
良くしゃべり、話題も豊富…手術直後の方も勇気が湧きますよ。


障害者手帳の申請や、各種の相談、教室の見学は随時ですから
声帯摘出された方、そしてご家族の方は、是非一度、見学をお勧めします。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼第66回 阪喉会総会 案内と会報
第66回 阪喉会総会 案内と会報

さて、毎年の事ですが、今年は6月6日。阪喉会の総会に行ってきました。
僕は、食道発声を途中で投げ出した「不良会員」ですが、それでも、
懐かしい友人や先生方もいて、様々な情報交換も含めて大切な総会です。

▼当日のプログラム
当日のプログラム

始めに、理事長のあいさつがあり、議員さん、関連組織など来賓の祝辞を戴き
全員で、優しい歌を歌って、昼食~なんてスケジュールですが
初めて出席された方々は、まず、みなさんの流暢な発声に驚かれます。

喉頭摘出者の多くは、がんによる手術が原因ですから、高齢者が多く
一人暮らしの高齢者問題も含め、しゃべれるかどうかは、社会復帰の必須条件として
理事長も、しゃべるという、コミュニケーション力の大切さを力説されました。


喉頭摘出後のしゃべり方といえば、食道発声ばかりが取りざたされますが
上西理事長は、笛式発声法。口にくわえて使う小さな器具(笛)が必要ですが
食道発声より、はるかに自然で大きな声が出せるのが特徴です。

▼評議員 講話 藤井隆先生
評議員 講話 藤井隆先生

食事の後は、耳鼻咽喉科の医師 藤井先生の講話ですが、今年のお話は
近年、ケモ・ラジといって、出来るだけ手術をせず、抗がん剤と放射線治療が
全盛でしたが、声を温存して却ってQOLが低下したり、命を落とすケースも多く、

現在、その反省期に入っているので、手術後の言語機能の回復は
手術と相まって、ますます重要差を増すテーマだ…などというお話でした。


その後、会計報告などがあり、特別ゲストの講演。
今年は、朝日放送アナウンサー高野あさおさんの「笑顔のしゃべり方」を
楽しくお聞かせいただきました。

▼第4回 発声大会
第4回 発声大会

総会は2時半頃、一応閉会して、その後は、喉頭摘出者の発声大会へ。

食道発声の部は、課題曲を歌って後、3分間のスピーチで発声力を披露。
電気喉頭と笛式発声の部は、4分間のスピーチのみで競うコンテストですが
今年は笛式発声の出場者がなく、理事長の模範発声となりました。


その後、各優秀賞の表象と、講評で、今年も無事閉会となりました。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼阪喉会の会報 阪喉
阪喉会の会報 阪喉

阪喉会は、わが国で初めて設立された、喉頭摘出者のためのNPO法人ですが
その活動の記録や、障害者の手引き、各種教室の紹介等、様々な情報が、
会報に収められています。(会に連絡すれば、一冊1,000円で分けれ貰えます。)

▼発声教室案内
発声教室案内

裏表紙に、各種の発声教室の案内が記されています。
質問や、お問い合わせ、見学の申し込み等は、事務局まで、
お電話かFAXなどでお問い合わせください。

▼阪喉会の笛式人工喉頭 タピアの笛
阪喉会の笛式人工喉頭 タピアの笛

また、阪喉会では、独自に開発したタピアノ笛や
ドイツ製の電気喉頭(ゼルヴォックス)
喉エプロン(ウィンプロン)なども販売しています。

▼阪喉会のタピアの笛
阪喉会のタピアの笛

今回は、口に含む部分の小さな笛を買ってみましたが
そのレポートなどは、また、しばらく後にお届けいたします。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/06/09/Tue 20:10:43  喉頭がん/CM:2/TB:0/
new ガパオごはん / MAIN / マフィンの朝食 old

COMMENT

総会でしたか。  from - あたごウクレレ
理事長の笛は見事ですよね。肉声に近いですからね。

気道戦士 喉頭癌ダム さまも1本買われましたね。

買われたのは、振動部分を口に入れないので違和感が少ないようですよ。

こちらの舌癌の方にもお勧めしたら愛用されています。

口中に管の大き目のが入ると違和感ある方が結構いらっしゃいますからね。

問題は気管孔の段差と言われてましたね。

エプロンの上からでも大丈夫ですから段差はうまくあてさえすれば気にならないと思いますよ。
2015.06.12-17:41/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。
アドバイス、ありがとうございます。

新型?・・・というか、外付け笛式のタピア、
買って、試してみました。

う~ん、従来型の方が、口中の笛の位置が定まって
却って使いやすいのかも知れないなぁ・・・とか

カップの部分が重くて、ちょいと面倒とか
一長一短ですね(苦笑)

> 問題は気管孔の段差と言われてましたね。
> エプロンの上からでも大丈夫ですから段差はうまくあてさえすれば気にならないと思いますよ。

確かにその通りなんですが、やっぱる上手く行きません。
声は出るんだけど、空気の横漏れが多くて、ものすごく効率が悪い
・・・結果、息が続かない、という事になって、上手く行かない訳ですね。

※過去、シャント式でしたから、笛は使いませんでしたが
 一応 練習はしましたから、カップさえちゃんと当たれば使えるんですよ。
肺の空気を使う…という意味では、シャント式に近くて、なじみはあるんですけどね。
残念ながら、どうも上手く行きません。
2015.06.13-08:34/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1630-d7d85a5b


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。