気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ バルーン拡張術の実際

入院中の楽しみ▼ドリップで入れるモーニングコーヒー
モーニングドリップ

7年前、喉頭がんステージⅣで、喉頭部を全摘出。癌は治ったものの
その後、ボイスプロテーゼの装着に失敗して、食道に穴が開き、その穴が閉じず
最終的に皮弁手術=食道に肩の皮膚を巻いて修復しましたが、それから3年、

傷口辺りの肉が盛り上がって、食道が細くなり、食事が困難となったため
担当医と相談して、バルーン過去帳術で、食道を拡張することとなりました。


しかし、皮弁手術をした患者野場合、バルーンは食道が裂ける危険が伴うため
注意が肝心で、施術の前後合わせて8日間の入院となりました。

僕と同様に患者さんのために、その一部始終をまとめておきましたので
これから施術される方、バルーンに不安のある方は、是非ご一読ください。
この記事が、後から来る患者さんの、何かの参考になれば幸いです。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼バルーン拡張術のやり方"
バルーン拡張術のやり方

食道狭窄に対する「バルーン拡張術」は、ご覧の通りの手順で
要するに、レントゲンTVカメラなどで監視しながら、内視鏡の先端に付けた
バルーンを注意深く膨らませて、狭くなった食道を押し広げる…というモノですが

通常の場合でも、1~3%の割合で、食道が裂けるなどの可能性があり
放射線を当てるなどした場合には、リスクは拡大する…との注意書きがあります。


▼バルーン拡張術のリスク
バルーン拡張術のリスク

僕の食道は、本来の食道ではなく、肩の皮膚という「異なる素材」で補修してあるため
普通の食道より破れやすく、またがん治療時に放射線を当てているため

万が一 傷口が開いたら、「閉じにくい」事が、これまでの経験上わかっているだけに
かなりリスキーな手術であるらしく、本当にやるかどうか、何度も念を押され
慎重には慎重を期して、8日間の入院施術となった訳ですね。


ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

「入院準備」▼ブルーの文字をクリックして、記事をご覧ください。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1644.html
生活用品、雑貨類

一般的な入院準備や、あると便利な携行品について書いています。

入院前の食道の太さは3~4mm程度。グリンピースや刻んだ玉ねぎでさえ
食道に詰まって、食事が出来なくなる有様で、流動食か、それに近い食事しか
摂れない状態でしたから、リスクもやむなし…と、覚悟を決めました。


回復の目標値は、100%なんでも食べられる…とまではいかなくても
せめて、よく噛んで食べれば、普通の食事が出来る事。

噛み切りにくい、以下の刺身や焼肉のミノ、テッチャンなどは無理でも
メニューさえ選べば、和・洋・中、それぞれの外食も楽しめる事。
※たとえば、刺身や天ぷら、ハンバーグやパスタ、麻婆豆腐や鶏のカシューナッツ炒め
 しゃぶしゃぶや懐石料理、フレンチやイタリアン、中華ののディナーコース、など


このくらいは食べれなければ、健康や栄養の点はもちろん
宴会にも出られなければ、飲食を通じての円滑なコミュニケーションも図れず
つまりは、人生の楽しみも半分以下になってしまう訳で、
決して贅沢ではないように思う…というのが、僕の結論でした。

「6月30日(火)曇り:入院生活スタート」 ▼病室全景
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1544.html
病室全景

主に、病院や病室について書いています。
朝から入院ですが、この日は、特に食事制限はなく、翌朝6時から絶飲食、
昼頃から、バルーン拡張術の実施となります。

点滴などで動きの取れなくなる前に、病院内を点検・確認して
入院生活の準備を調えておくことが肝心ですね。


「7月1日(水)うるう秒 一日中雨:バルーン施術」▼点滴
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1642.html
点滴

バルーン拡張術の実際について書いています。
詳しくは、写真上のブルーの文字列をクリックして記事を開いてください。

食道がバルーンで傷ついているため、終日~翌日一杯「絶飲食」
点滴チューブを静脈につないで、最低限の栄養を点滴で補いながらの生活です。


バルーンそのものは、麻酔で寝てる間に終わりましたから
痛みも何もなく、無事成功ということで、覚悟の割には、気の抜けた感じでしたが、
この点滴がうっとおしいというか、なんとも厄介ですね。

「7月2日(木):晴れ 術後1日目 絶飲食~重湯」 ▼デイルーム全景
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1645.html
デイルーム全景

レントゲンで、食道の無事を確認した後、点滴チューブはつないだまま、
午後から「重湯」で、飲食開始。コーヒーも飲んで良し…との事。
とはいえ、食道拡張後、初めての食事…ちょっと緊張しますよね(笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

「7月3(金):術後2日目・ミキサー食スタート」 ▼ミキサー食 ポープカレー
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1646
昼食:ミキサー食 ポープカレー

食べれる!…とわかったら、次はミキサー食 → 刻み食へとステップアップ。
まだ、おかゆながら、食道を広げた間隔は十二分に実感できる。

食道の太さは、バルーンで9mmまで拡張。その後、バルーンを抜いて
少しは細くなっているのだろうが、食道は柔軟に拡がるように感じる。


病棟では、主治医、担当医と二人の医師がついて
毎食後、食事の具合を聞きに来てくれる。食事の状況、喉の通り具合など
状況によっては、もう一度バルーンを入れる段取りという事になる。

「7月4日(土):術後3日目 刻み食」 ▼刻み食 鶏肉のトマト煮
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1647.html
昼食:刻み食 鶏肉のトマト煮

終日「刻み食」…とはいえ、おかずは難易度アップで、食べにくいものもある。
看護師さんは、詰まらせないようにゆっくり・・・というが
詰まらせてみなければ、どこまで拡がったとか、もう一度バルーンが必要か否か?
などがわからないので、ステップアップを望む。

医師の見解としては、一応月曜日に再度バルーンという事で準備する都の事。
拡げた…と言っても、前回は、たったの9mmだから、もちろん広いとは言えない。
最初から、二度くらいに分けて拡げる…という話だったし
まずは順当な処だが、また点滴かぁ…と思うと、ちょっとめげる気もする。


「7月5日(日):軟食~普通食」 ▼昼食<軟食> 焼肉&トウモロコシもOK
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1648.html
昼食 焼肉&トウモロコシもOK

昼食から、刻み食 → 軟食にステップアップ。ここからが、
ちゃんと食べられるかどうか?…いよいよ本番テスト。

▼夕食は<普通食> 酢豚
夕食 酢豚

夕食には、さらに「普通食」にステップアップしてもらって
ちゃんと食べられるかどうか、チェックするが、さすがに難易度は、かなり高い。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

「7月6日(月)手術中止!& 普通食 実験」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1649.html

早朝から、手術準備の「絶飲食」だけど、突然の手術中止!
まぁ、理由など、詳しくは、↑をクリックして、当日の記事をご覧ください。

▼昼食 ほうれん草OK、ひらすは△"
昼食 ほうれん草OK、ひらすは△

▼夕食 ビーフシチュー、小松菜もOK
夕食 ビーフシチュー、小松菜もOK

そして、その後の食事はこんな感じ。
一回のバルーンでここまで食べれるようになりました。

医師によれば、やはり僕の食道はかなりに危険性をはらんでおり
出来れば2回目は避けたかった様子。


狭くなればまた、広げればよい…と言う事で
明日退院の運びとなりました。結果オーライとはいえ、たかがバルーン。
何とも大袈裟な、入院騒ぎではありますね。

「7月7日(火)退院」▼モーニングコーヒー
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1650.html
モーニングコーヒー

以上、8日間のドキュメントですが、忘れないうちにまとめてみました。
皆さまの、何かの参考になれば幸いです。

なお、その後の食事チャレンジについては、
2015年7月の記事から、検索してご覧ください。
とりあえずは、あれこれ、ちゃんと食べれています(笑)

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/07/20/Mon 07:20:15  喉頭がん/CM:0/TB:0/
new 退院後7:青椒肉絲 / MAIN / 退院後6:つゆだく芙蓉蟹/穴子飯 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1651-cbf5a502


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。