気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 病院食に学ぶ、刻み食の研究

▼鶏の玉子綴じ 芙蓉蟹風(13日夕食)
鶏の玉子閉じ 芙蓉蟹風

メニューには「鶏のスタミナ炒め」とあり、刻んでない姿は想像できませんが
刻み食の場合、見た目も味も「鶏の玉子綴じ 芙蓉蟹風」という料理で、
お粥に乗せると「天津飯」のようで、ふわふわと食べやすく、美味しいモノでした。

とはいえ、この料理、ただの鶏ミンチではなく、もっと細かな「絹挽き」で
ゼラチンか何かが入って、さらに卵で綴じてある感じでしたが
調べてみると、豆腐やはんぺんを練り込んで、ふわふわにするのだそうです。


要するに、鶏肉とはんぺん、豆腐少々をフードプロセッサーにかけ
ゼラチン(又は山芋)を入れて、焼くのではなく、形を調えて「蒸す」というのがポイント。
今回の入院食は、「嚥下補助料理」にも、大いに参考になりそうです。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼彩りビーンズサラダ
刻み食のサラダ

こちらは、11日の昼食のおかずで、原型の想像できる「彩りビーンズサラダ」ですが、
見た目はともかく(苦笑)フードプロセッサーにかけた豆と野菜を、柔らかく煮て、
マッシュポテトと、とろみ名人のような増粘剤(デキストリン?)で混ぜ固めてあります。

ポテトサラダなのかも知れませんが、ポテトだけだとパサついて飲み込み難く
増粘剤だけでも、煮汁と具材が分離して、やはりパサついてしまいますが、両方で、
煮汁と具材が上手く混ざり合い、ムースのように滑らかに仕上がっています。


▼炒り煮(鶏肉)
刻み食のおかず

メニューには「炒り煮」と鹿書いてありませんが、鶏肉ですね。
これも、多分ですが、フードプロセッサーにかけて、マッシュポテトで固めてあります。
とろみ剤も、多分入っていますが、なんだかわかりませんでした。

▼シャバシャバがちょうどの、お粥の炊き具合
お粥の炊き具合

そして、ちょっと見直したのが、かなりシャバシャバの お粥の焼き具合。
なんだか失敗作みたいですが、水に浸す時間をほぼゼロにして ストレートに炊くことで
お米は、粒が残った状態で、シャバシャバのお粥が出来上がります。

このお粥の水分というか「おネバ」が、おかずと絡んで粘りが良くなり
ちょうど良い具合で、喉をすんなり通り抜ける…と、イメージしてください。


いわゆる「お粥」というよりは、お粥と雑炊の間くらいの出来具合ですが
嚥下障害の喉には、このくらいが、丁度の加減だと、改めて実感した次第です。

▼納豆蕎麦
納豆蕎麦

さて、この日は「ざる蕎麦」がメインでしたが、刻み食の場合は、ネギまでみじん切りで
同じくみじん切りの納豆が、わさびと葱の間に、少量添えられています。

蕎麦汁にも、昆布の粘りがちょっと付いていて、それはいいのですが
何も、蕎麦まで短くカットしなくてもいいのに…と、ちょっと笑ってしましました。


▼9月11日 昼食
11日 昼食
●おかゆ、ざる蕎麦(薬味・付けつゆ)、かき揚げ→炒り煮、彩りビーンズサラダ

ざる蕎麦があるので、おかゆも、おかずもかなり少なめですが
食べ物は刻むと、ほんの少しになり、これでも、結構お腹いっぱいになる量です。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼9月11日 夕食
11日 夕食
●おかゆ、ツナの卵焼き ブロッコリー添え、つくね、キャベツサラダ

この日の夕食、「ツナの卵焼き」は、シンプルな半熟煎り卵に、片栗の餡が乗ったもの。
角皿の右手の青いのがブロッコリーで、舌の小鉢が鶏つくねに付け合わせの野菜。

右側の黄色いのが、キャベツサラダですが、ちょっとねっとりした舌触りで
これは、サツマイモかかぼちゃ+増粘剤などで固めた感じです。
そのままだと、少し硬いけど、お粥と合わせると、喉の通りもスムーズです。


この辺りのテクニックなら、自宅でも簡単に応用が効きそうですね。

▼12日の朝食:お粥・味噌汁・梅ひしお
朝食・うめひしお

本来は「パン食メニュー」を、無理やり「お粥」に変えた感じですが
海苔のつくだ煮や なめ茸の瓶詰めなどがあれば、それなりの朝食になります。
病室に冷蔵庫があれば、温泉玉子なんかもいいんですけどね(笑)

▼朝食後のデザート? 牛乳&バナナ
朝食 バナナ

牛乳にフルーツも、朝食と考えず、朝食後のデザートと思えば、悪くはないし、
何なら10時のおやつ扱いでもいい訳ですよね(笑)バナナも牛乳も、僕は大好きです。
※自宅なら、これに加えてカロリーメイト一箱(200kcal)&人参ジュースで、立派な朝食になりますよね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼12日 昼食
12日 昼食
●おかゆ、白身魚の西京焼き、オクラ添え、もやし炒め→白菜煮、サラダ、漬物

白身魚の西京焼きは、多少パサつくけど、オクラのみじん切りがついて
これは、僕が自宅でやっているのと同じテクニック。
その下の紫色の小鉢は、柴漬けを刻んで、増粘剤を加えたものです。


右上の赤い小鉢は、トマト入りポテトサラダの増粘剤入り。
下の小鉢は、白菜を煮付けて、マッシュポテトと増粘剤で固めたモノですが
このポテトと増粘剤で固める手法も、あれこれ応用の効くテクニックですね。

▼12日 夕食
12日 夕食
●左上:豆腐の炊き合わせ、右上:大根サラダ、 右下:ほうれん草のソテー、お粥

豆腐に茄子、青菜の炊き合わせは、それぞれ材料ごとに潰すのがポイント。
右上の大根サラダ歯、増粘剤でとろみが付けてあり
右下上のほうれん草のソテーが白っぽいのは、ポテトで和えてあるからです。


白ご飯であれば、それぞれのおかずには、「とろみ」や「粘り」などがないと
パサついて、喉を通りにくい物ですが、お粥の粘りで、スムーズに食べられます。

▼考えてみれば、毎日の普通のご飯でも・・・

一膳のご飯をよく噛んで食べるも、お粥さんでお代わりするのも、同じ量?
だったら、消化も良くて、嚥下もしやすい「お粥」の常食化も、
考えてみてもいい話かも知れませんね。(食事時間も、絶対、短縮できますよね)


歯茎や嚥下障害が治って、普通の食事になったとしても
茶粥に芋粥、薬膳のお粥…何がかこっちの方が、カラダに良さそうですね。
さて、今回の病院食の研究、皆さまの食事のお役に立ちますでしょうか?

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/09/20/Sun 20:20:20  食事療法/CM:4/TB:0/
new 湯豆腐三変化 / MAIN / 抜歯後の準・刻み食 old

COMMENT

病院食  from - あたごウクレレ
梅びしお、病院で出ますね。

大山まきば牛乳・・・・不思議に病院食だと何故かこのメーカーなんですね。

刻むと少量になるが絶対量は不変ということですか、なるほど。
2015.09.21-08:28/あたごウクレレ/URL/EDIT/
  from - みゅう
とても考えられメニューですね。管理栄養士の方が熱心な方なんだろうなあ。良い病院に入院されたんでしょうね(というか、いつも感じるのは、癌ダムさんのかかっている病院の耳鼻科や口腔外科の先生がたのフォローがすごいです)。
ちなみに、キザミ食なのに、バナナが丸々一本でてきたり、食パンがパン粥じゃなかったり、?と思う点もありましたが、べつに大したことじゃないですねw
私のFC2ブログのほうにコメントいただいて感謝してます。癌ダムさんにハッパかけていただいているのがよくわかります。コメントに対する返事はだいぶ先になると思います(ちょっと別なことを考えているのと、現実のプライベートなことでいろいろ忙しくなりそうなので・・・といっても、本当に毎日が戦いの日々です。現実の生活・人生への戦い・・・)。
すみません、コメント欄に長々と・・・
これからも頑張ってください。
2015.09.21-09:54/みゅう/URL/EDIT/
Re: 病院食 あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
「梅びしお」に「大山まきば牛乳」・・・関東でも出るんですね(笑)
病院用の食材ネットワークとか、給食センターにコネがあるんでしょうね。

では「チチヤス牛乳」とか「いかるが牛乳」はご存知でしょうか?
関西では、これも一般的ではありますが・・・さて?

> 刻むと少量になるが絶対量は不変ということですか、なるほど。

まぁ、その辺りは、奥様にご確認ください(笑)
2015.09.22-01:03/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: みゅう さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。

> とても考えられメニューですね。管理栄養士の方が熱心な方なんだろうなあ。良い病院に入院されたんでしょうね(というか、いつも感じるのは、癌ダムさんのかかっている病院の耳鼻科や口腔外科の先生がたのフォローがすごいです)。

う~ん、とくにそういう訳ではなく、普通に良心的な病院なら、どこでも同じだと思うんですが
患者さんっていうのは、(特にがん関係の場合)は、自分の病気のことで頭がいっぱいで、
そこまで気が付かないっていうか、思考停止に陥っているというか
病気の現実と向き合うのが、怖くて、嫌で、ただただ、この病院という場所から、逃げて帰りたいだけなので
みんな、病院食には「うわの空」で、ちゃんと味わおうともせず「不味い」という訳ですね。(笑)

医師の先生方のフォローにしても、僕が聞くから、ちゃんと答えてくれてるだけで
何も聞かない患者さんは、何も教えてもらえない…という事かも知れませんね。
ほとんどの患者さんは、自分が治ることにしか興味がなくて、
自分勝手そのものだから(まぁ、病気だから仕方ないところですが)
病気やその周辺知識についても無知のまま退院し、
同じ過ちを繰り返して、また、病院に戻ってきたりします。

> ちなみに、キザミ食なのに、バナナが丸々一本でてきたり、食パンがパン粥じゃなかったり、?と思う点もありましたが、べつに大したことじゃないですねw

実際に食べてみればわかりますが、バナナは「歯がなくても」つぶれますし、
「粘り」があるので、牛乳と合わせれば、美味しくて呑み込みやすい食べ物です。
食パンは、刻み食のメニューではなく「一般食」ですが
刻み食希望デモ、「軽度」の場合は、トーストでも行けるし
牛乳に漬けて、パンがゆ風にして食べてる方もおられるようでしたね。
(トースターや電子レンジも病棟には用意されています)

> 私のFC2ブログのほうにコメントいただいて感謝してます。癌ダムさんにハッパかけていただいているのがよくわかります。コメントに対する返事はだいぶ先になると思います(ちょっと別なことを考えているのと、現実のプライベートなことでいろいろ忙しくなりそうなので・・・といっても、本当に毎日が戦いの日々です。現実の生活・人生への戦い・・・)。
> すみません、コメント欄に長々と・・・
> これからも頑張ってください。

みゅうさんも、ネガティブ思考から、早く脱出できたらいいですね。
目の前のテーマから、目を背けていると、何も解決しませんから
僕は、いつもその原因や解決策を考えるようにしていますが
知らないことには、何もできませんから、率先して知識は得るようにしていますし

考えるだけで、何もしなければ、やはり、問題は解決しませんから
毎日が、やってみて、失敗したら、改良することの繰り返しです。

2015.09.22-02:28/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1701-e68ae360


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。