気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ <保存版>入院便利グッズ

▼病室の収納テレビ台に装着したハンガーラックとフック
入院便利グッズ

退院して、耳鼻科の検診も受けて、やっと一段落。荷物を整理して、
次回の入院に備えて、リ・パッキングしているところですが、ふと思いついて、
持っていくと絶対便利な、入院グッズをご紹介しておこうと考えました。

喉頭がんになって、足かけ8年・・・思えば、この間8回も入院していますから
まぁ、僕のように、いろんなグッズで「入院を遊ぶ」訳ではないにしても
どんな時、何が欲しくなるか?などと言う事は、いやというほど解かっています。


という訳で、今回は、病院の入院案内には、たぶん載ってはいない
誰でもきっと、必ず役に立つ<保存版>入院便利グッズのご紹介です。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼絶対安静の友、小型のFM/AMラジオ
小型のFMラジオ

入院するからには、手術とか検査とか、抗がん剤投与とかで点滴をつながれて
絶対安静・・・なんて時間が、ほぼ必ずある訳ですが、麻酔から覚めて、
しばらくすると、却って目が冴えて、何とも居心地の悪い時間があるモノです。

そんな時、ラジオがあると、気も和み、ウトウトしたりもできる、という訳で
まず、お勧めしたいのが、こうした小型のFM/AMラジオなんですが
ホームセンターなどで980円程度ですから、是非1台、持っていくと重宝です。


ヘッドホンの片方にテープを巻いているのは、暗闇や手探りでも
L/Rが判るようにするためで、この辺りが実践ノウハウという処ですね(笑)

▼あると安眠、なければ発狂しそうになる、いびき対策の「耳栓」
耳栓

使わずに済んだら、ラッキーというモノですが、相部屋で、ほぼ必ず出会うのが
いびきや歯ぎしりのキツイ人…ですね。中には、呼吸停止症候群なんて人もいますし
ここは、不眠症になる前に・・・ですが、病院の売店には、案外と売っていません。

100均のモノで、必要十分ですが、ついでに、耳かきと爪切りも買っておくと
これも、何かと重宝するものです。さらに言うと、綿棒に、爪楊枝、輪ゴム、
そして、それらを入れる、小さな小分け袋なども、あると便利ですね(笑)


▼何かと重宝な、ハサミと絆創膏
ハサミと絆創膏

入院してみればわかりますが、家族が持ってきてくれた手紙を開封したり
売店で買った何かの袋を開けたり、などなどと、ハサミがあれば何かと便利。

同様に、テープがあれば、書類をピンナップしたり、袋を閉じたり、補修したり
・・・と、こちらも何かと便利なんですが、手でもカンタンに千切れて、
外れかけたガーゼの止めにも使えるよう、ここは「絆創膏」がお薦めです。


ナースコールのコードをベッドの柵に止めて、使いやすい位置に置く・・・とか
ラジオのイヤホンに目印をつけるとか、マグカップに貼って名前を書くとか
25mmくらいの幅広絆創膏が一本あると、何かと便利に使えるものですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼病室には時計がありません・・・目覚まし時計
目覚まし時計

大抵の場合、病室には「時計」がありませんから、持っていく方が便利です。
僕のは、小型の旅行用 目覚ましですが、夜中に目が覚めた時などにも便利なよう、
ベッドから見える位置に 「絆創膏で」軽く固定して使っています。

チクタク音のするものは、周囲にも迷惑なので、あまりお薦めできません。
目覚まし機能は、まず使いませんが、昼寝の時間調整などには便利。
生活のリズム(即ち、社会性)を保つためにも、是非持って行きたい一品です。


▼消灯後の暗がりでの探しものに・・・LEDライト
LEDライト

ほとんどの病院は、夜10時が消灯で、朝まで病室は、真っ暗ですが
夜中に目が覚めて、周りに迷惑をかけない範囲で、ちょっと明りが欲しい時
などに使える、100均で買った、小型のLEDライトです。

僕は、夜中に、時間を見たり、パソコンのキーボードを照らしたりするのに
使っていましたが、夜中に耳栓を探す・・・とか、時間を確認するとか、などなど
深夜、手元をちょっと照らしたい時など、何かと便利です。


▼髭剃りに、傷口チェック、情けない顔のチェックに・・・スタンドミラー
スタンドミラー

僕の入院していた病院は、各病室にトイレと洗面台があり
大きな鏡も付いていましたが、手近に鏡がないと、案外と不便なモノ。。

また、変な言い方ですが、鏡を見て、情けない顔をしていないか?とか
身だしなみが乱れていないか?などのチェックも必要ですよね。


実用性は、もちろんですが、そうした意味でも、鏡は、是非持って行きたいモノです。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼ご飯の友
ご飯の友

入院中の記事にも書きましたが、どこの病院でも「朝食」のおかずは少なく
内容もちょっと残念なものが多いのが、実情です。

そんな朝食をサポートする「ご飯の友」ですが
「海苔のつくだ煮」とか「ゆかり」、「ふりかけ」の類は、大抵付いてきますから
ここは「形のある」、鮭のほぐし身とか、なめ茸なんかがいいですね。


病室に冷蔵庫があれば、温泉玉子やバナナ、チョコレートやプリン
なんて「おやつ」もいいものですが、その辺りはお好みで。
ついでに言うと、小さなティースプーンも、あれば、何かと重宝です。

▼紙コップとホルダー
紙コップとホルダー

自分用のお茶やコーヒーカップは、もちろん用意しておくとして
プラスアルファで、野菜ジュースを飲むとか、看病に来たご家族用とか
何かと便利なのが、使い捨ての「紙コップ」ですが、
ホルダーがあると、熱いお茶などを入れても 飲みやすいモノですね。

▼お食事バスケット
お食事バスケット

食事をデイルームや談話室で食べる人には必須ですが
病室で食べるにしても、カップや食事の友、ティッシュペーパーなどを
まとめて運べる、バスケットがあると、便利なものですね。

お箸やスプーンは、ナプキンにひもを付けて、写真のように巻いておくのが
スマートで、使いやすいと思います。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼ハンガーラック"
ハンガーラック

レギュラー読者の方には、お馴染み、100均ののハンガーラックですが
冒頭の写真のように、ラックの淵と、タオル掛に引っ掛けて、二段重ねで使っています。

徹底的にやるなら、<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-766.html>とか
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-768.html>をご参考に、ですが
短期入院なら、(いや長期でも)、もちろんこんな必要はありません。

でも、入院中って、結構ヒマですから、することがなくて、病気のことで悩むより
現在の「入院生活を楽しむ工夫」をしてる方が、人生楽しいというものです・・・ね。

▼書類ファイル用クリアフォルダー
クリアフォルダー

入院には、あれこれ書類が付き物ですが、いちいち覚えてられないし
こういうファイルがあると、整理も出来て、なくすこともなく、とても便利です。

このファイルは、横入れ32ページのヤツですが、まぁ20ページもあれば十分ですね。
ついでに、A4のコピー用紙を何枚か入れて置いて
折に触れての日記や忘備録を書いてファイルしておいてもよく


このように一冊にまとめて置けば、後になって、何かが必要な時も
サッと取り出せて、そういう意味でも便利なものですね。

▼ポケットWi-Fi ルーター
ポケットWi-Fi ルーター

それから、僕のように、病院でも本格的にブログを書きたいなら
スマホやパッドでもいいけど、やっぱりパソコンとキーボードが便利。

Wi-Fiルーターをお持ちでないようなら、レンタルが案外と便利です。
ちなみに、この機種は、1ヶ月レンタルで約7,000円。
ネットで注文すれば、2~3日中に届いて、その日からすぐに使えます。


僕も、この際、タブレット・・・とか思いましたが、慌てて適当に買うくらいなら、
ルーターのレンタルの方が、案外と安くて便利かも知れませんね。

以上、これから入院される方、入院中の皆さまの、何かの参考になれば幸いです。
本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/10/10/Sat 20:10:10  入院日記/CM:14/TB:0/
new コンビーフ肉じゃが / MAIN / 翌日の耳鼻科検診 old

COMMENT

  from - どんぐり
ご退院おめでとうございます。食事も摂れるようになられたようで、なによりです。

それにしても、入院前の食道の細さに驚くと同時に、人体の持っている可能性や柔軟性には驚かされます。もちろん、お持ちのバイタリティの高さには感服させられます。

さて、先日はコメントへのお返事をありがとうございます。
体調の悪さと放射線治療の関係については、ご指摘を頂く前から拝読していました。
とても参考になりました。ありがとうございます。

最近のニュースで、大震災の時に、トモダチ作戦で活躍されたアメリカの水兵5000名のうち、約2000名が体調不良を訴えていると知りました。

がんの標準治療として勧められている放射線治療だけに、確立された分野だと思っていました。被曝の影響について、もっと研究が進むことを希望したいです。

話が逸れてしまいましたが、
「入院グッズ」の記事には、大きくうなずきながら拝読しました。

私が入院した病室には、一人ひとりに有料でしたが「冷蔵庫」が付いていました。ヨーグルトや飲み物が保存できて便利だなぁと思いましたが、ケチな私は電源を入れずに使用していました(笑)

廊下側のベッドだったせいか、持参した「ラジオ」は電波が届かずに使えませんでした。
その代わり、スマホが使い放題でしたので、radikoのアプリで聞いていました。動けない時の慰めにラジオ放送はうってつけでした。

「耳栓」も必需品ですよね。お隣の方が、とても良い人なのに、夜になると豹変するんです。イビキマシーンという凶器に変身されたんです(笑)大部屋の切実な問題です。

「ハンガーラック」は気が付きませんでした。あると便利でしょうね!
入院中は、小物が散らかって、散らかって困りました。

私が気付いたのは、「履き物」の選定です。スリッパやサンダルでも良いのでしょうが、介護用品売り場で見つけた「室内履き」が、とても便利でした。ご紹介済みならば、失礼しました。

これからも、いろいろとご教授ください。

安定された予後になりますように。



2015.10.11-10:51/どんぐり/URL/EDIT/
Re: どんぐり さま:  from - 癌ダム4G
丁寧なコメント、ありがとうございます。

原因不明のだるさも、何トン九ではあれ「原因」らしきものが判れば
それなりに元気が出てくるから、不思議なものですね。

さて、入院グッズは、ホント、入院してみなければなかなか判らないモノ。
特に、がんだと長くなるので、あれこれ工夫が必要ですね。

履き物の工夫、確かに、転びにくい・・・という意味では
介護用の室内履きもいいものですね。

僕は、よく「散歩」にも出かけていたので
足裏刺激のツボの付いた バレンチノの「つっかけ」と、
ナイキのスニーカーを使い分けていました。

パジャマは、黒一色で、JYUNKO KOSHINO とクレージュの二つ。
病気だからこそ、おしゃれにも気を遣いたいものですよね。
2015.10.11-16:20/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
こんにちは。初めまして。色々と為になる記事をありがとうございます。
84才の父が、(お酒もタバコも20年以上前に止めているのに)頸部食道癌になり、転移はなかったのですが、先々の誤嚥回避を目的に、永久気管孔になりました。
入院中の本人は、〈癌を取ってサッパリした〉という風に見受けられますが、(内心は分かりませんが)父には明るく対応している私の方が、毎朝起きる度、〈気管孔で声が出ない〉と頭に浮かび、気鬱気味です。こちらの記事を読む事で、気持ちを落ち着かせています。本当にありがとうございます。

2015.12.05-13:40/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは、コメントありがとうございます。

お父上の癌、大変でしたね。
現在は、多分「筆談」だと思いますが、何かと勝手の違う事も多く
看護する方も、される方も、色々苦労されると思いますが
段々と、馴染んできて、それなりのコミュニケーションも
取れるようになると思いますので、頑張ってくださいね。

たとえば、声は出なくても「クチパク」でも、
「お茶」「「トイレ」「寒い」などの単語くらいなら十分通じます。
ただ、高齢になると、普通の状態でも、口をほとんど動かさず
下を向いて、もごもごとしゃべる人が多いので、それでは無理。

前を向いて、大きく口を開け、一音づつ口の形を調えるよう
鏡を見て、練習してもらってください。
マーマレードさんは、逆に、唇を読む練習ですね。

退院したら、また永久気管口のケアとか、食事とか、
いろんなことも出てきますから、

判らないことがあったら、また何でもご相談くださいね。




> こんにちは。初めまして。色々と為になる記事をありがとうございます。
> 84才の父が、(お酒もタバコも20年以上前に止めているのに)頸部食道癌になり、転移はなかったのですが、先々の誤嚥回避を目的に、永久気管孔になりました。
> 入院中の本人は、〈癌を取ってサッパリした〉という風に見受けられますが、(内心は分かりませんが)父には明るく対応している私の方が、毎朝起きる度、〈気管孔で声が出ない〉と頭に浮かび、気鬱気味です。こちらの記事を読む事で、気持ちを落ち着かせています。本当にありがとうございます。
2015.12.05-22:45/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
こんばんは。お返事をありがとうございます。

今はお見舞いに行くと私も筆談です(笑)父だけ書くと、気が焦ってか走り書きなのが、私がゆっくり書くと本人も見やすく書くもので。

今日は悠声会の定例会の見学をして来ました。お喋り好きな父なので、シャント法も考えていたものですから。
でも、高齢だと難しい気が…。

その代わり、こちらの記事から得た事を元に、言語療法士の方に色々質問ができました。記事を読んいなかったら、質問も思いつかないです…。人工鼻のサンプルも頂いて来ました。
そうですね。聞く側も練習ですね。病院での、マイクの練習には参加する事にしています。

今後もよろしくお願いします。


2015.12.06-20:09/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
お返事遅くなりました。

大丈夫です。どの方法かはともかく、
おしゃべり好きの方なら、きっとしゃべれるようになりますよ。
頑張ってくださいね!

さて、お父上の食事は、どの段階でしょうか?
経口食は、始められたでしょうか?
ちゃんと食べておられますでしょうか?
それともまだ、経鼻流動食、もしくは胃瘻でしょうか?

喉頭摘出の問題は、もちろん、言語機能の喪失なんですが
本当に辛いのは、実は、ちゃんとした食事が出来なくなることなんですね。
病院では、その辺りは病院がやってくれているので
あまり気が付きませんが、
退院したら、一番大変なのが、実は「食事」です。

声の事は、他の人にも、辛さがなんとなく理解できますが
食事の事は、残念ながら、本人以外は、何がどう辛いのか
家族の方にも、ほぼまったく理解できません。

しかも、しゃべれないので、そのことを言葉巧みに伝えることも不可能。
この辺りが辛いところなんですね(苦笑)

たかが蕎麦一杯がすすれない。口の端からこぼれてしまう。
食事にやたら時間が掛る、食べ物によっては、すぐ喉に詰まる。
松茸も鰻もすき焼きも、香りがまったくわからない。
つまり、食べる喜びも、四季を感じることもできなくなっている。
なんだか、めちゃめちゃに情けない話です。

だからこそ、人も羨む美味しい食事を用意すべきなのですが
病院や栄養士さんの考える食事は、
食べやすくはあっても、決して精神的に満足できる食事ではない。

だから、僕もこういう記事を書いている訳ですが
参考になれば幸いです。

これもまた、時間と共に慣れて、段々と克服できますから
頑張ってケアしてあげてくださいね。
2015.12.08-11:45/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
ご心配ありがとうございます。
返信の時期は、お気になさらないで下さいませ。

やはり、前のようには食べられないんですよね…。
手術は先月16日で、術後は順調と言われた割には、水を飲むのが今月5日からでした。
術後2日目の検査では飲み込みも良かったのに、5日は水が飲めず、「喉が飲み方を忘れてる」と言われたそうで…。
昨日も、氷を口に含んで刺激してから水を飲む練習でした。
励ますつもりか、先生が手術の説明の頃、「前のように食べられる」と話していたので、本人もそう期待していて、何とも…。それに私の言う事は信用せず、お医者様が神ですから。
食事の記事も参考にさせて頂いています。(夜中に見るとお腹がグーグーです)本人が何やら言い出し始めた時、慌てないで済むと思います。オクラのアイデアは簡単で良いですね。

お忙しい中、色々とお気遣い頂き本当にありがとうございます。


2015.12.10-13:55/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
お父上の、現状は、まだ、経鼻流動食又は胃瘻でしょうか?
それとも、チューブが取れて、食事をされているのでしょうか?
また、放射線治療は受けておられますでしょうか?

とりあえず、よろしければお教えください。
・・・というか、それがわからないと、お返事のしようがないもので(苦笑)

さて、医者は、患者が手術を怖がらないよう
何でも、元に戻る、普通の生活ができるようになると言いますが
たとえば、乳がんで、乳房を全摘しても、衣食住に問題はなく
元の生活に戻れるという次元の話ですね。

声帯を摘出する場合は、喉仏の骨も一緒に摘出します。
その部分が、嚥下=ごっくんするのに重要な場所で
普通の人は、筋肉と蠕動運動で、食べ物を飲み込むので
逆立ちしていても、食べたものが飲み込めますが
僕らは、食べたものを、重力で胃袋に落とす感覚。
寝転んだら、もうモノを飲み込むことが出来ません。

食道も細くなって、よく噛まないと、喉を通りませんし
イカの刺身を丸ごと飲み込むなんて事は出来なくなりますが

とりあえず、口からモノが食べられる…という意味では
元通りに食事が出来るといっても、ウソではありませんし
患者さんが、勝手に拡大解釈するのは責任の範囲外という事ですね。

とりあえず、現状をお知らせいただければ幸いです。
2015.12.10-18:36/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
こんばんは。詳しい説明をありがとうございます。
父は経鼻栄養です。放射線、抗がん剤治療はどちらもしていません。

寝転んだら飲み込みが出来ないのですか!?ゴックンがそんなに難しいとは…。

そうなんですね。先生の説明とはそういうものなんですね。永久気管孔ついても、聞けば答えるけど、聞かないと、入浴は、肩までしかお湯につかれません、だけしか説明がなかったです。

84才には、何だか前途多難な気がします…。寿命が先でも良かったんですが…とも思ってしまいます。


2015.12.11-21:59/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
> 父は経鼻栄養です。放射線、抗がん剤治療はどちらもしていません。

では、味覚異常はありませんから、随分と楽ですね。
香りは感じにくくなりますが、味覚は大丈夫だし、唾液も十分出ますからね。

実は、においを感じる細胞というのは、鼻の奥にあって
鼻で呼吸することで、においを感じている訳ですが
喉頭を摘出すると、鼻の奥の空気は動かない=においを感じない訳ですね。
慣れてくれば、口から鼻に空気を抜くなどして、
においを感じるようになりますが、やはり練習が必要です。


> 寝転んだら飲み込みが出来ないのですか!?ゴックンがそんなに難しいとは…。

身体を水平にしたら、」多分アウトです。
ベッドを少し起こした状態にすれば、何とか飲み込めますから
寝たきりになっても、まぁ大丈夫です。
ただ、自分の唾液が上手くごっくんできないので、
ティッシュペーパーを傍に置いてあげることが肝心です。


> 84才には、何だか前途多難な気がします…。寿命が先でも良かったんですが…とも思ってしまいます。

そりゃ、当時58歳だった、僕でも、随分と面くらいましたが
なんとなく、自然に慣れて、あれこれ出来るようになるモノです。

お風呂は何とか入れても、頭は多分洗えない。
めは、肩や首、腕が動かなくなって、自分で洗髪が出来ませんから
ご自宅の洗面台や台所の流しで、シャンプーハットを被せて
頭を洗ってあげてください。

ごっくんについては、この記事を参考にしてください。
「喉頭癌は飲み込みが悪いのだ!」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-135.html

また、インデックス記事も作っていますので
この記事から、あちこち飛んで調べてくださいね。
「喉頭癌 治療INDEX」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-category-27.html

ところで、障碍者認定の手続きなどは済ませられましたか?
自治体にもよりますが、吸入器や吸引器、電気式発声器、FAXなどの購入費は
肩代わりしてもらえるはずです。
税金も安くなります。その他、いろんな特典もあります。
例えば、NHKは無料、高速道路や公営の駐車場、JRの運賃などは半額です。

えっと、生命保険も、入院保障は残したまま、死亡給付金が全額出るはずです。

ご本人に前向きの意志さえあれば
多少のトラブルはあっても、何とかなっていきますから、
元気出していきましょう。

あんまり、助けすぎると、何もしなくなる、本当にできなくなるので
自分で出来ることは、できるだけ手を貸さないことも肝心です(笑)

判らないことがあれば、また何でもご相談ください。
プライベートな事なら、鍵付きコメントでご相談くださいね。
2015.12.12-00:47/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
こんばんは。色々とご心配頂きありがとうございます。

お陰様で、お役所等への手続きは手配済みです。

マイクでの発声練習も始まっているので、こちらの記事で知りました〈マイボイスのお試し〉もお願いして使ってみました。
ユアトーンの方が合うみたいです。(言語療法士さん曰わく、音域が合わないみたい。)
記事のインデックスは、もちろんありがたく利用させて頂いています。

何とか慣れていくものなんですね。そういえば、本人は割と前向きで、「経鼻チューブが取れたら、髪位洗えるからケープを準備してて」など言ってきます。
気管孔の痰取りも、〈昔からみんなやってるでしょ〉的な、手慣れた感じでやっています。
戦争経験者世代は違うのね…と、友人と話していたのですが。

私の方が鬱なので、母は、怖いと言って、父の病状を聞くのを避けるので…。(お見舞は行きますが)相談も出来ないので、元気を出してと言って頂き嬉しいです。
又、分からない事がありましたら、よろしくお願い致します。


2015.12.12-21:31/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。ちょっと家を空けていたのでお返事遅くなりました。

> 母は、怖いと言って、父の病状を聞くのを避けるので…。

う~ん、これが一番の問題ですね。
介護放棄につながりかねない・・・というか、すでに放棄状態ですよね。

介護とまでは行きませんが、一応は障害者ですから、声が出ないだけでなく
食事や日常生活に、ある程度の理解と気配り、サポートが必要です。

マーマレードさんは、ご両親と同居ですか?
又はご近所=日常ケアのできる距離にお住まいなのでしょうか?

お母さまの方も、時間と共に慣れて、
自然なケアが出来るようになるといいですね。

あと、冬場は空気が乾燥してタンが絡みますから、加湿器が必需品です。
また喉の穴からノーガードで呼吸している訳ですから
肺を守るためにも、喉エプロンや空気清浄機が欠かせません。

食道が少し細くなり、嚥下(ごっくん)がちゃんと出来なくなるので
タコやイカ等、噛み蹴れないモノが丸飲みできなくなり
喉に詰まったら、息が詰まることはありませんが、なかなか取れません。
時には、病院で取ってもらう事も必要かも?・・・なんですが
こういう事は、あまり教えてもらえないと思います。

ある意味、覚悟して、頑張ってくださいね。




2015.12.16-10:15/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - マーマレード
こんにちは。
父は来週退院が決まりました。

私は両親と同居の独身です。家事は母がやっています。
面倒くさい場所の掃除は私ですが…。

退院後の事は、私が父に色々提案しても、お医者さんが言わない限りいちいち反対するので、それを説得するのも疲れます。

プロテクターは、不慣れなうちは市販品が良いかなと、阪喉会さんに注文しました。
病院ではヒモにガーゼを引っ掛けただけで。
でも、それで良いと、これまた最初本人は言っていましたが、自宅での就寝時が心配だったので。

父は母が好きなので、私は備品の準備が済めば、後は二人でやっていくことを期待しています。

私は、いちいちうるさい、医者にも質問なんかして、という位置付けなので、(相談されたら対応しますが)

色々とありがとうございました。
気温差が激しい冬なので、今年は体調管理が難しいです。お身体お大事に。


2015.12.20-14:49/マーマレード/URL/EDIT/
Re: マーマレード さま:  from - 癌ダム4G
お疲れさまでした。やっと一段落ですね。
・・・と言いたいところですが、本当はこれからが大変です。

まずは、毎日、腕を上げる体操をしないと、腕が上がらなくなります。
首を動かす体操も必要です。本当に首が廻らなくなります。

病院の空気は、管理された空気ですから、ガーゼで十分ですが
外の乾燥して汚れた空気には、喉エプロンが必要です。
当然ながら、ご自宅には、加湿器と空気清浄機が必需品です。

準備が不十分だと、タンが喉で固まって、吸入・吸引が必要になりますが
加湿器があれば、そうそう詰まることはありません。

> プロテクターは、不慣れなうちは市販品が良いかなと、阪喉会さんに注文しました。

阪喉会なら、ウインプロンですね。
慣れてきたら、こっちをお勧めします。
「気切口フォームフィルター」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1720.html
僕はアマゾンで購入していますが、銀鈴会でも扱っていると思います。

> 父は母が好きなので、私は備品の準備が済めば、後は二人でやっていくことを期待しています。
> 私は、いちいちうるさい、医者にも質問なんかして、という位置付けなので、(相談されたら対応しますが)

残念ながら、一般に、医師は、がんが再発しないか、手術の後に不具合はないか
などについては熱心ですが、患者さんのQOLについては、ほぼ関心がありません。
つまり彼らは「がん」と闘って勝つことが重要で
その結果、患者が生きようが死のうがどうでもいい話なのですね。
お父上も、その内気付かれたらいいのですが・・・さて?

また、食事についても、僕の記事が参考になると葉思いますが
香りがわからない、ラーメンがすすれない、肉やイカ等が喉に詰まる・・・などなど
体験してみないことには、お父様もお母さまも、
事の重大さを、理解できないように思います。

お困りになるのは、ここからだと思いますので
また、何なりとご相談ください。
ぱた、プライベートな事などは、メールアドレスを書いて
シークレットでコメントいただければ、そちらのメアドにお返事いたします。
2015.12.22-03:22/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1724-16ec17ef


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。