気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ サバの味噌煮&けんちん汁

▼けんちん汁
けんちん汁 UP

幸い、胃の具合は、一晩で収まりましたが、さすがに不安ですから、
今日の食事も「喉:嚥下」ではなく「胃:潰瘍」の負担が軽そうな、マクロビ和食です。

まずは、人参、大根、里芋に豆腐の入った、優しい味の「けんちん汁」
里芋の粘りがあるので、喉の通りも良く、消化の良さそうな根菜類を煮込んだ
胃にも優しく、滋養強壮にも優れた、心もポカポカになる汁物ですね。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼けんちん汁
けんちん汁

ご存知とは思いますが、けんちん汁は、お精進の料理で肉類は使いません。
代りに「豆腐を入れる」のがお約束です。発祥は、鎌倉の建長寺ということで、
建長寺汁なんですが、それがなまって、けんちん汁となったようですね。、

▼サバの味噌煮
サバの煮付け UP

肉類は、胃の負担が大きいので、今日のたんぱく源は「魚料理」です。
魚は、ポピュラーなサバの味噌煮ですが、青魚ですから、がん対策にもよく、
DHAもたっぷり。味噌煮なので、しっとりして嚥下しやすいのも良い点です。

どうでもいい話ですが、魚は、「酒菜」とも書き、「肴」とも同義語です。
別名を「真菜」といい、それをさばく板が「真菜板」なんですね。


ついでに言うと、「菜」とは、「食材」という意味で、野にある食材だから「野菜」で、
山の食材が「山菜」です。百人一首「君がため、春の野にいで若菜摘む…」の
「キミ」はダンナや貴方の事ではなく、君=陛下の事ですから、覚えておきましょう。

▼茄子の煮浸し
茄子の煮浸し

さて、野にある食材=おかずの方は、茄子の煮浸し。
アントシアニンたっぷりの皮も食べたいところですが、噛み切りにくく
消化も悪いので、半分剥いて、食べやすくしてあります。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼つるむらさきと桜えびのお浸し
つるむらさきと桜えびのお浸し

ムチンも入って、食道や胃の粘膜の保護にも良いつるむらさきには
桜えびを加えて、ちょいと料理らしく、ひと手間加工。
旨みもうんと増して、カルシウムもプラスして…という処ですね。

▼生絞りジュース&冷凍オクラ
生絞りジュース&冷凍オクラ

ご飯は、いつもより少し柔らかく炊いて、いつもの冷凍オクラも用意して
抗酸化作用に強い酵素もたっぷり入った、いつもの定番ジュースも用意して

▼サバの味噌煮&けんちん汁 田舎ご飯
サバの味噌煮&けんちん汁 田舎ご飯

魚と野菜で作った、ちょいと田舎風の、一汁三菜、マクロビご飯でした。
地味で、ブログに載せるような料理ではありませんが、地味は滋味にも通じます。
こういうのが、一番ホッとする、日本人の日常ご飯なのかも知れませんね(笑)

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/10/30/Fri 20:30:27  食事療法/和食/CM:0/TB:0/
new コンビーフ肉じゃが 糸コン入り / MAIN / 天津飯 胃潰瘍 対策ごはんRART2 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1737-0f3d01a8


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。