FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ 鍵コメさんインパクト

リンさん・・・つまり「拍手・鍵コメ」さんに「お返事ください!」
と何度もこだわったのには、それなりの理由がありました。

最初にいただいた「拍手・鍵コメ」がこんな内容だったのです。

「ガンダム様初めまして。実は1ヶ月程前からブログを読ませて頂いておりました。
今週、父親の喉頭癌の全摘出手術でした。
手術が12時間かかり、予定よりだいぶ長引いたので嫌な予感はしておりました。
案の定甲状腺にも腫瘍が見つかり、
肺付近のリンパも腫れていて、全部は摘出出来ませんでした。
手術前に、全摘出し、左の甲状腺、左のリンパを
予防の為にとっておけばまず大丈夫との事でした。
父も手術をとても恐れておりましたが、頑張ろうと思い直し挑んだのに...。
嫌なオマケが付いてきてしまいました。とてもショックです(;_;)」

・・・えっと、ちょっと待って!
しかもその日のブログは「胸の潰れるようなお話」の折・・・。
もしや、僕のブログが「逆作用」で
<ただでさえやりきれない気持ち>を、暴走させちゃった?


だから、状況が知りたかったし
出来れば、なんとかしてあげたかった・・・。
僕に解かる話なら
慰めや感情論ではなく(それも大事なことですが)
それはカクカクしかじかの理由で大丈夫ですよ・・・
と、言ってあげたかった訳です。

そのあたりは、呼びかけの記事にも書きましたが
僕はどうも「そういうタイプの人間」のようです(苦笑)


その後のやり取りは、昨日のブログの通り。
そして、一段落して以下のメールをいただきました。


ガンダム様:

お忙しい中、早速のお返事をありがとうございました。
ただ今、丁度会社にきておりまして、
泣いたり笑ったりしながら返信メールを読ませていただきました。


笑える話ではない手術についての内容も
面白いので、失礼ながら笑いながら読んでしまいました。

ブログを読んでいても思ったのですが、
ガンダム節は大変楽しく、不思議な力を与えて下さいます。


(最初はパソコンで見せてあげたい・・・と思いましたが)
そうですね・・・父にはガンダムさんのブログをプリントアウトして
見てもらった方が良いかもしれません。
なにせアナログ人間なものですから・・・

自分の知りたい事がたくさん書いてあるし、
ガンダムさんの文章でしたら(父自身も)同じように
前向きに考えることが出来るように思います。


父にはその作戦で行きますので、
私の事もどうかブログに書いて頂きたく思います。
実は皆様にも分かるように、
ちゃんとコメントを残したいという気持ちもあるのです。

あまり良く眠れないので、
毎晩このブログにお邪魔していますが、とても心が楽になります。
頑張っているのは私一人だけじゃないですもんね。


筆談グッズは病院の下の売店で売っておりましたので購入致しました。
因みに入院しているのは、都内の大学付属病院です。
近所の総合病院から紹介して頂いたのですが、
大きな病院では先生がたくさんいらっしゃって、お話を伺うにも非常に厄介です。

自分で甲状腺の癌の事や放射線治療・抗がん剤の事など
ヒマさえあれば調べておりますが、あまり調べすぎも良くないかも・・・と
最近は少し感じています。


それにしても、ブログを拝見できることだけでも有難いことですのに、
私のような者にまで温かいメールを下さり、大げさでなく夢のようです。
こんな状況の中、ガンダム様にお会いできたことは何よりもラッキーでした。
本当にありがとうございます。

今後もブログは常に拝見させていただきます。
そしてまたコメントさせていただきますのでよろしくお願い致します。

リンより ←取り合えずこれで行こうと思います(^^)


以上、プライバシーに関わる表記、ならびに、
過度な敬語表現は(僕が恥ずかしいので)省かせていただきました。



●僕は僕で、メールでお返事していますが
何か気付かれた点や、アドバイス、がんばエール!など
思いついた方は、またコメントしてあげてください。

ご訪問ありがとうございます。
喉頭癌の患者様の目に止まりやすいよう、ブログランキングに参加しております。
喉頭癌の認知と理解促進のためにも、、今回もぽちっと押して行ってくださいね。




●また、こんなメールもいただいています。

「ガンダム様: 今父は空腹と闘っています。
13日の手術以来点滴のみで、水はおろか唾液も全てすいとっています。
イライラするようですが頑張っています。可愛そうですが仕方ないですね。
日常は元気なふりをして堪えていますが、
こちらのブログを拝見していると涙が出ます。
ガンダム様をはじめ皆様とても温かい方ばかりです。」

僕が皆さんからの、頑張れメールを頂き
それを本編に掲載した日の「鍵コメ」です。
僕もうれしい限りです。

きっと癌友の「ayaさん」も、何か書いてくれるに違いありません!
スポンサーサイト




2009/05/28/Thu 20:23:27  病気/CM:4/TB:0/
new 復活の日? / MAIN / 鍵コメさんから・・・ old

COMMENT

またまた~ (´-∀-`;)  from - aya
これはこの前の仕返し記事・・・いや、お返しの記事の
仕返し・・・いや、お返しでしょうか 笑

最近、癌ダムさんにやられっぱなしな気がするぅ~(-"-;)
最後に名前を出すの、やめましょうね~。
ドキッとするし、コメントしないわけにはいかなくなります(´-∀-`;)
(癌ダムさんのように、文才があるわけじゃ~ないので、気の利いたコメントなんてなかなか思いつかなくて大変なんですよっ 泣)

といっても、私も放っておけないタイプなんで・・・(^^;)



りんさん、癌ダムさんと出会い心が少し楽になられたようで良かったですね。
みなさんからの、温かいコメントにもとても励まされますよね。

私は乳がん患者なので、喉頭癌の知識はありません。
なので、アドバイスなんかも全くできず。。。。
私なんかが、コメントしてもいいのかしら、と思うのですが(-"-;A


でも同じく「癌」と闘う、という立場から少しコメントをさせていただこうと思います。

癌は、なんとも憎たらしい病気ですし
私も癌になった当初は、なんで私が。。。。と相当落ち込みましたが
今では、癌になって良かった・・・とさえ思っています。

癌という病気が、私に「人との縁」という人生で何より大切なプレゼントを
与えてくれました。
病気にならなければ、こうしてここで、癌ダムさんのブログにコメントしている私もいないわけですから。
癌になり、私の世界は広がりました。

それに、癌という病気になったおかげで
私は、ようやく人間らしく生きられるようになりました。

それまでの私は、常に自分に自身がなく
自分を受け入れられない。。。素直に感情を表現することも出来ず
自分で自分を苦しめるような生き方しかできない人間でしたが

この病気になって、死というのをすごく身近に感じるようになってからは
そんな生き方、バカバカしいと思うようになって
しっかり、自分らしく生きていこう!!と考え方、生き方が180度変わってしまいました。

りんさんのお父さまも、りんさんも、とても辛い体験をしてしまいましたが
きっと、癌は素敵なプレゼントも用意してくれてるはずです。
現に、こうして癌ダムさんと出会う、という最高のプレゼントをもうもらっているでしょう?〃^_^〃
癌になって悪かった事を数えるより
癌になって良かった事を数えてみれば、きっと良かった事の方が多くなるはず。
今は、そう思えなくても
いつか絶対、そう思えるときが来るので
癌ダムさんの楽しい「ガンダム節」に笑いながら、一歩一歩進んで行きましょう♪

癌も、見方を変えるとそう悪いもんじゃありませんよ(^^)

(乳がん2年生の、まだまだひよっこの癌患者が、毎度毎度、生意気なコメントをして申し訳ありません~<(_ _)>)


※癌ダムさん~、私自分のブログ記事より
癌ダムさんのブログのコメントの方が、よっぽど闘病記っぽい内容になってるんですけどっ(^^;)

2009.05.28-23:11/aya/URL/EDIT/
はじめまして  from - リン
最近お騒がせ致しておりますリンです。
昔のちり紙交換のようなご挨拶になってしまいました(^o^;)
ガンダム様、お忙しいところ連日メールをしてしまい、申し訳ありません。
AYA様たくさんのコメントをありがとうございます。
只今私、大変情けなく思っております。
ガンダム様、そしてAYA様、『癌患者の方々に励まして頂くなんて、私って何様?』
非常にお恥ずかしいです。
今頃気付いたの?って感じですよね...
すみません。自分に呆れ返っています。
確かにここ何ヵ月かは父の病気の事で、ぐっすり眠れないし食欲も無いし、頭がおかしくなりそうでしたが、自分の中でキャパオーバー気味だったんですね~...

何だかすっかり目が醒めました。
もともと放っておけないタイプのようで、家族からも『もうだいぶ具合も良くなったんだから、そこまで無理して行かなくても...』とか言われてしまいます。
そう思えるようになれたら楽なのに...
そんな風に考えられない私は、そんな家族を時には羨ましく思ったり、時にはムカついたりしています。
代わってあげたくても代わってあげる事は出来ないので、私の出来る限りの力で支えてあげるしかないですよね...
AYA様のお言葉...大変心にしみましたm(__)m
私だったらAYA様のように優しくなれないような気がします。
想像すると、見事にたちの悪い自分が浮かんできます(>_<)
凹んだり、ちょっぴり元気を出してみたり、イライラしたりとまだまだ多重人格になるとは思いますが、今後も事ある毎に(イヤ無くても)お邪魔させて頂きたく思います。
こんな私ですが、よろしくお願い致しますm(__)m
2009.05.29-01:20/リン/URL/EDIT/
みなさんこんばんは!  from - NAVI
みなさんこんばんは!NAVIです。今年の冬、父親が手術を受けました。
ガンダムさんに大変お世話になり、父の入院した病院や主治医以上の
安心感と心の安らぎをいただいています。
こうしてみなさんのコメントを読ませていただいて、みんな一人じゃないんだ、という
連帯感も感じています。
自分は親とは同居していなくて、いろんな意味で苦労をしているのは
母親かも知れません。その母親も、ストレスからか、ちょっと痴呆?の様な気が出て来たり
一気にいろいろ押し寄せてくる”今まで解らなかった事、その現実”に
耐えられなくなって来たり、元気でいなければいけないはずの自分も胃をやられてしまったり
とにかく、みんなで大変・・・なこの数カ月間でした。
父は、自分の体の中の菌(先生がそうおっしゃいました)で傷が感染、リンパが腫れて
放射線治療を受け、今はゆっくり昼くらいまで寝ている毎日です。
うちの場合は、父が弱音と言うか、愚痴を言わないのです。母には言っているのでしょうか?
嘆いたり、頭を抱え込んだりしていません。そうする事を良くないと思うのか、
開き直っていると言う訳でもなく、ごく普通にしています。
母も「大丈夫だから心配しないで、遠いからそんなに来なくていいよ」
(・・・そー言われる方が、心配だっちゅーの!!)
大変な時は遠慮しないで吐き出して欲しいと思うのですが・・・

ガンダムさん、私など、自分の事を”コクって”ばかりで、申し訳ないです・・・。
2009.05.30-23:18/NAVI/URL/EDIT/
なんと!  from - 癌ダム4D
僕が居ない間にちゃんとコミュニケーションの場が出来ている・・・。
何か「凄くうれしい」ですね。
みなさん、どんどん書き込んでください。

新しい「拍手・鍵コメ」さんも、よろしければ
普通にコメントください。
一緒に「癌ライフ」を楽しみましょう・・・何か変だけど(笑)

ayaさん:
やっぱり2日間連続で仕込んだ甲斐がありました(ゴメン~・笑)
コメント、凄く良かった!野は、跡に続くリンさんのコメントで明らかです。

リンさん:
本人より家族の方が辛いこともあります。
僕も親父が喉頭がんで、しかも実家は遠く離れた場所だし
仕事は毎晩徹夜のようなハードな職場で、天を仰いだこともありました。
そして、癌でも前向きな人もいれば
どこも悪くないのに後ろ向きな人も多いもの。
「癌という病」と向き合う事で、返って前向きな人生を考えるようになる・・・
それはそれで、素晴らしい人生だと、僕は思います。

NAVIさん:
おひさしぶりです。お父さまお元気でしょうか?
僕の娘は割合近所に住んでいて、毎週のように顔を出しますが
僕だって「娘に愚痴る」ようなことは、決して有りません。
父親というのは、そういうものだと思います。

お母様に愚痴ってるのか、クレームつけてるのか、おんぶに抱っこか?
などは知りません(笑)。まぁ貴方に相談がない・・・という事は
何とか上手く行ってるのでしょう。

僕だって、喧嘩ばかりしていますが・・・感謝もまた同じくらいしています。
まぁ長年暮らしてる関係なんて、そんなものだと思います。


そして、リンさんにNAVIさん:もっとしっかりしなさい!
ayaさんや僕が、癌なのに、自分のことより人の事を思いやるのは
自分の「死」と正面から向き合って、それを受け止めて生きてるからです。
大変でしょうが、お父さまもそう遠くない日にやがて死にます。
そして貴方ご自身にも、ご主人にも、必ず死んで行く日は訪れます。

どうか恐れず、前を向いて「お父さま」や「ご主人」
そしてご自身の「生と死」をちゃんと見つめてください。
お葬式はどこでなさいますか?
檀家の皆さんは?宗派はご確認できていますか?
艶の連絡先と来て欲しいお客様は?
喪主は誰がやります?・・・ちゃんと向き合うことには、
お葬式の予算や墓所の手配など、具体的な話ももちろん含まれます。

僕たちは、小学生ではなく「ちゃんとしたいい大人」のはずです。
お父さまは、後何年生きられますか?
10年ですか?だったら、お葬式は3650日後ですね。
20年後ですか?それでも、お葬式は7300日後ですね。
その時、貴方はおいくつですか?

一見残酷なお話のようですが本当の優しさや、
ちゃんと前を向く生き方は、その向こう側にあると、僕は思います。
2009.06.02-04:32/癌ダム4D/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/177-465913ff


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房