気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ カツ丼セパレート(カツ皿)

▼カツ皿 又は、カツ丼ダブルエッグ・セパレート
カツ皿UP

「カツ皿」って、元々は、街のお蕎麦屋さんの「裏メニュー」というヤツなんですが、
早い話、カツ丼の上に乗せる具材を、別のさらに盛り付けたもので

カツ丼は食いたいが、どんぶり飯は多すぎる・・・なんて時に頼んだモノでした。
ただし、別皿にすると、玉子が少々物足りないので、二個使いが順当。


昔よく通った、大阪の秋葉原 日本橋のカツ丼専門店 「こけし」では
これを称して「ダブりエッグセパレート」と呼んでいましたが、美味しいモノですよね。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼カツ玉、カツ皿、セパレート・・・
カツ皿

まぁ、呼び方は、様々ですが、要するにカツ丼のセパレートですから
作り方は、カツ丼とまったく同じなんですが、カツ丼の場合、ご飯がつゆを吸いますが
カツ皿では、やや「つゆだく」となり、その分ダブルエッグで丁度という感じです。

▼カツ玉は、ご飯に乗せて…
適宜 かつ丼

セパレートにした・・・とはいえ、どうやって食べるか?といえば、やっぱり
つゆをたっぷり吸ったカツと卵を、ご飯の上に乗せて・・・と、カツ丼と大差ない食べ方
なんですが、強いて言えば、カツ丼はご飯がメイン、カツ皿がカツがメインでしょうか。

▼昨日のヒレカツ
ヒレカツは食べ放題?

毎日、ご訪問いただいている皆さまなら、とっくにお判りの通り、このメニューは
昨日作ったヒレカツの応用なんですね。余ったカツは、お昼のカツカレーか、カツ丼。
・・・なんですが、こうして「カツ皿」にすれば、立派な夕食メニューに変身です。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼菊菜のお浸し
菊菜のお浸し

とはいえ、夕食メニューですから、カンタンながら、小鉢くらいは用意するとして
まずは、ほうれん草よりは柔らかな、菊菜(春菊)とシラスのお浸し。

▼ひじきの煮物
ひじきの煮物

鉄分も豊富で作り置きの可能な常備菜、ひじきの煮物も、小鉢に入れて少しだけ。
昨日の「小松菜とあ揚げの炊いたん」もそうですが、こうした常備菜も、
一品二品あると、食卓も華やいで、箸も進み、何かと便利なものですよね。

▼赤出汁
赤出汁

お汁は、メインがトンカツですから、当然「赤出汁」です。ですが、これって、
関西のとんかつ屋さんなら常識なんですが、全国的にはどうなんでしょうね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼人参・りんご・レモンジュース
人参・りんご・レモンジュース

それでも、今日は、代替ジュースではなく、ちゃんと、人参・りんご・レモンを絞って
酵素たっぷりの、いつもの生絞りジュースをプラスしています。

▼カツ皿セット
カツ皿セット

以上、昨日の残り物とはいえ、ちょっと立派な、カツ皿セット御膳でした。
衣も汁を吸って柔らかくなるので、絵bb下障害のある方でも、食べやすいモノ。
また、買ってきたトンカツでも、一工夫して、美味しくなるので、一度ぜひ。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2015/12/20/Sun 20:37:56  食事療法/和食/CM:0/TB:0/
new コンニャク&鰆、冬至なのに春っぽい、春待ち御膳, / MAIN / ヒレカツ&代替ジュース old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1789-d03ef183


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。