気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 想・家族葬

唐突な話で、皆さまには、多大なるご心配を おかけi致しましたが
先日、家族にて葬儀を終え、無事大阪に帰って参りました。
皆さまには、数多くのお悔み、お励ましを戴き、心よりお礼申し上げます。

何分、高齢の母でしたから、いつかは・・・と覚悟はしていたものの
さすがに、まだ松も開けぬ 年の初め
おめでとうの声が飛び交う中、どうしたものやら、と、


少し戸惑いながら、僕としては、おめでとう、という訳にも相成らず
思案の末、事態を公表させていただく事とさせていただきました。
おかげさまで一段落致しましたので、ここにご報告させていただきます。

心に沁みる 暖かいお言葉、お見舞いの数々、誠にありがとうございました。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼葬式って、なんだろう?

母は、91歳という高齢の為、兄弟や友人たちも、その多くが すでに他界し、
残るは、ご近所の人たちと、僕の友人たちや、弟の友人、
そして、母とは何の関連もない、息子たちの会社関係の人々ばかり・・・

果たして、それが、母の葬儀にふさわしいメンバーか?といえば
はなはだ疑問に思わざるを得ませんよね。


思えば、父の折には、父もまだ60代後半の 現役バリバリで、
僕も弟も一応は社会人でしたから、参列者も多く、派手な葬式でしたが
それから30余年、母の場合は、そういう訳にも参りません。


▼今の時代、長生きをするって、本当に幸せなのでしょうか?

家族としては、親に長生きして欲しいのは、言うまでもない話ですが
さて、誰を呼ぼうか?となると、呼びたい人が、みんな先に逝っちゃってる・・・
と言うのも 何とも、やるせない話ではあります。

母は、やや呆け始めてはいたものの、認知症という訳ではなく
ただ体を悪くして、入退院を繰り返し、最後の数か月は
デイケアセンターのショートステイと実家を行き来する毎日でありました。


母の世話は実家で暮らす弟が看ていましたが、弟も60歳を過ぎた半高齢者。
僕は、大阪で、何度も入院を繰り返す日々で、見舞もままならず・・・
言いにくい話ではありますが、ホッとした面も、ないといえば嘘になります。


▼家族葬という新習慣

とりあえず連絡した僕の友人たちや仕事仲間、現役世代の娘夫婦は、
お通夜はどこ?葬儀はいつ?と、型通りの葬儀予定を問い合わせてきます。
でもね、母の知らない人ばかり集めて、母が喜ぶでしょうか?

話し合った結果、家族のみで、ひっそりと静かに見送る事と致しました。
お寺さんに連絡して、親父に見合う院号を付けてもらって、四十九日を決めて
お通夜をして、簡単な葬儀をして、お骨にして収め、それでいいですよね。


僕は、若い頃、実家を離れて大阪へ。実家に残った弟も、今や高齢の身。
父の会社はすでになく、母の友人も、多くは他界して、家族は、僕らのみ。
最近よく聞く 「家族葬」とは、実際、こういう事情なんだな と、心から思います。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


でも、それはそれで、静かに母を想い、家族で語り合う、心温まる通夜の夜更け。
誰に気兼ねすることもなく、母を囲み、母を語り、ろうそくの火を灯して
それぞれのペースで、しみじみと酒を酌み交わす、濃密な時間でもありました。

翌朝、何とか会館ではなく、長年暮らした実家から出棺して、
父や祖父、祖母と同じ 火葬場で、つかの間の 最期のお別れとなりましたが
僕には、母が小首をかしげ、何だか微笑んだように見えました。


明日は、初七日・・・一般に、女の子は父親、男の子は母親の時に泣くと言い
家の父も、生前、母親の死後、しばらくして大人げなく泣いておりましたが
一向に涙は出ないまま・・・僕はまだ、もう少し後の話なのかも知れませんね


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/01/11/Mon 20:30:40  日記/CM:14/TB:0/
new 正月明けの 鯛めし / MAIN / ハハキトク、スグカエレ old

COMMENT

そうそう  from - あたごウクレレ
気道戦士 喉頭癌ダムさま
現代では、選択されたのがベストですね。こちらも同じように致しました。
華々しくしても誰が喜ぶか・・・・・ですよね。
お疲れがでませんように。
2016.01.11-21:08/あたごウクレレ/URL/EDIT/
  from - ちょび 
お疲れ様でした、
私は兄と二人兄弟なので、家族だけでの葬儀を考えています。

 そろそろ自分のことも考えておかなければね~・・・・
2016.01.11-22:06/ちょび /URL/EDIT/
  from - おこちゃん
今は家族葬が多くなりましたね。
親族に見守られるのが一番良いと思いますし、
本人が知らない人が 沢山来てくれても、身内が
ゆっくりと、お別れもできず、疲れてしまいます。
私の時もそうしてもらいたいです。
2016.01.12-02:36/おこちゃん/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
> 現代では、選択されたのがベストですね。こちらも同じように致しました。
> 華々しくしても誰が喜ぶか・・・・・ですよね。

僕もそう思っております。
僕自身は、今すぐなら人も集まってくれるでしょうが
さてどうしようかな?・・・ですよね。

ありがとうございました。
2016.01.12-04:28/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: ちょび さま:  from - 癌ダム4G
> 私は兄と二人兄弟なので、家族だけでの葬儀を考えています。
>  そろそろ自分のことも考えておかなければね~・・・・

まぁ、それぞれのご家族の事情がありますから
一概には言えませんが、まずは順当という事でしょうね。

僕も、このカラダですから、親より先に逝ってはいけない
と、そのことばかり気になっておりましたが
なんとか、見送ることも出来て、少しほっとしております。

さて、順番から言って、次は僕の番。
今日明日の話なら、仕事仲間や友人たちも悲しんでくれるでしょうが
5年生きたら、やっぱり家族葬なんでしょうね。

再度のコメント、お気遣い、ありがとうございました。
2016.01.12-04:43/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: おこちゃん さま:  from - 癌ダム4G
> 親族に見守られるのが一番良いと思いますし、
> 本人が知らない人が 沢山来てくれても、身内が
> ゆっくりと、お別れもできず、疲れてしまいます。

若い頃は、それもまた、悲しみを紛らすために
あえてバタバタしてるのだ・・・と解釈しておりましたが
一歳ひろうと、やはり、静かに見送る方が良いように思います。

> 私の時もそうしてもらいたいです。

まぁ、人それぞれですから、何とも言えませんが
そういうモノかも知れませんよね。
諸行無常、葬儀はまた残されたモノの生きざまかも知れませんしね。

コメント、ありがとうございました。
2016.01.12-04:54/癌ダム4G/URL/EDIT/
合掌  from - mixer-go
大変でしたね。葬儀のあとは、体調崩したりしますから、気をつけてください。自営業の私は、父の時はほとんど休めなかったので・・・大変な記憶が・・・

GO
2016.01.12-16:49/mixer-go/URL/EDIT/
  from - 侍蛙
お疲れ様でした、いつかは誰でも同じ道とはいえ
もういないんだと思うとなんか寂しいですね
でも親しい人だけで旅立ちを送るっていいですね
私の時もそうしてと言ってはあります

2016.01.13-17:00/侍蛙/URL/EDIT/
Re: 合掌 mixer-go さま:  from - 癌ダム4G
ありがとうございます。

僕も、まぁ自営業といえば自営なんですが
幸い、抱えている案件がなかったもので、何とかなりました。

随分と昔の話になりますが
親父の時は、僕も大変だったんですけどね。

まずは、一段落して、ホッと一息です。
この連休は、たくさん寝て過ごしました。
2016.01.13-20:10/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: 侍蛙 さま:  from - 癌ダム4G
> お疲れ様でした、いつかは誰でも同じ道とはいえ
> もういないんだと思うとなんか寂しいですね

ありがとうございます。ホント、その通りですね。
とはいえ、まだ実感がありません。
そのうち、何かの弾みで感じるのでしょうね。

> でも親しい人だけで旅立ちを送るっていいですね
> 私の時もそうしてと言ってはあります

まぁ、現役時代の葬式と、引退してからの葬式
要するに、社会性の違いで、葬式にスタイルも変わるのでしょうね。
家族葬・・・それはそれで、いいものだと思います。
2016.01.13-20:16/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - masumi
癌ダム4Gさん こんにちは。

大切なお母様とのお別れだったんですね。
心からお悔やみ申し上げます。

お母様を偲んでの大切な時間・・・。
ゆっくり過ごされて、私も母を送るときがそう遠くもなくあると
思いますが、その時は微笑んでいるように見えるように心を
込めたいと思います。

癌ダム4Gさん、お疲れが出ませんようにご自愛ください。

合掌
2016.01.14-10:53/masumi/URL/EDIT/
Re: masumi さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。心温まるコメントありがとうございます。

> お母様を偲んでの大切な時間・・・。
> ゆっくり過ごされて、私も母を送るときがそう遠くもなくあると
> 思いますが、その時は微笑んでいるように見えるように心を
> 込めたいと思います。

デイケアセンターのショートステイを繰り返すようになり、
年末に、逢いたくなって、一度家族で訪ねましたが
それが最後の別れになりました。
いわゆる、虫の知らせ・・・というヤツでしょね。

おかげさまで、心残りなく見遅れたように思います。
お心遣い、ありがとうございました。
2016.01.14-20:19/癌ダム4G/URL/EDIT/
ご無沙汰しております  from - まつよいぐさ
お悔みが遅くなりました。
ご親族だけで心のこもったお見送りをされたのですね。
お母様もきっと喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。

私も今、一人の親族を看取ろうとしているところです。
2016.01.16-16:22/まつよいぐさ/URL/EDIT/
Re: まつよいぐさ さま:  from - 癌ダム4G
こちらこそ、ご無沙汰しております。
最近、更新がないと思っていたら、そういう事だったんですね。

でも、こういう事って、大変に書きにくい話・・・で、
僕も、正月明けでなかったら、多分書くことはなかったと思います。
とはいえ、さすがに、おめでとうございます、とはいえず
考えた末、実は…という話にさせていただきました。

お悔み、ありがとうございました。
そちらさまも、どうぞ、心残りのないよう
良くしてさしあげてください。
2016.01.16-19:46/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1806-bc7267cd


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。