気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 猪汁と鱸のみぞれ煮

▼豚汁(とん汁)ではなく、猪汁(しし汁))です
猪汁UP

ぼたん鍋用の「猪肉」が少し余ったので、(何しろ4人前でしたから・苦笑)
豚汁(とん汁)ならぬ、しし汁(猪汁)を作ってしまいました。

作り方は、豚汁とまったく同じ。人参、ゴボウ、コンニャク、大根、里芋に豆腐も入って
ぼたん鍋t大差ない材料ですが、味わいは、まったく違って美味しいモノですね。


作り方や材料が同じですから、味も似たようなものですが、やっぱり奥が深い!
というか、お肉が、サクサク ホロホロ、出汁が濃くって、こいつはやっぱり「格別」です。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼猪汁
猪汁

猪汁は、豚が登場する以前、遥か縄文時代からあったらしい食べ方ですが、凄いですね。
なんだか縄文人に嫉妬したくなる味わいですが、コンニャクと豆腐以外は
その辺に生えていた?根っこですから、今と大差ない味と想像に難くありません。

▼汲み上げ湯葉
汲み上げ湯葉

前菜は、こちらも平安の昔から伝わる、京の伝統料理、「汲み上げ湯葉」
少し高級ながら、関西では、普通に手に入る、手軽で美味しい植物性のタンパク源ですが、
上品な味わいで食べやすく、嚥下障害や、食事療法にもピッタリの一品ですね、

▼スズキのみぞれ煮
みぞれ煮スズキの

もう一つの主菜は、鱸のみぞれ煮。むっくりと焼き上げたスズキを(ガス火ですが)、
出汁とおろし大根で、さっりと煮た、ひと手間かけた、食べやすくて美味しい魚料理です。
嚥下障害にもお勧めで、本来ならメインなんですが、ちょっと影が薄いかも・・・ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼自家製 昆布の佃煮
自家製 昆布の佃煮

鍋の出汁を取った後の昆布に、シイタケとか、カツオの削り節を足して、醤油で煮込んだ
自家製、昆布の佃煮です。市販品と違って、塩分控えめ、ふっくら柔らかなのが特長。
いわゆる、大阪の始末料理ですが、これもまた粘り気のある、嚥下障害補助食品ですね。

▼ジュース&麦茶
ジュース&麦茶

いつもの人参・りんご・レモンジュースですから、とくに書くことはありませんが
お茶は、麦茶を使っています。本当は殺菌力の強いタンニン入りのお茶がいいのですが
唾液の質が悪く、茶渋(タンニン)が口の中で固まるので、食事中は麦茶です。

▼猪汁とみぞれ煮の、古代マクロビディナー?かも・・・
猪汁とみぞれ煮の夕食

それから、もちろん、冷凍保存で使いやすいオクラも添えて、嚥下補助にも対応。
猪汁(ししじる)と、鱸のみぞれ煮に、汲み上げ湯葉を加えた、ちょっと贅沢
平安貴族が、山のお狩り場辺りで食べたかも知れない、古代マクロビディナーでした。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/01/21/Thu 20:18:45  食事療法/和食/CM:0/TB:0/
new 烏賊イクラもずく小丼 / MAIN / 尾道ラーメン 六花亭 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1816-2ea33fbc


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。