気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 里芋の炊き合わせ・糸造り昆布添え サバの味噌煮

▼小芋の炊き合わせ・糸造り昆布添え
里芋の昆布煮UP

山に自然に生えている「自然薯:じねんじょ」の事を「山芋」または「山の芋」と言い、
それを里に移植して、品種改良したものを「里芋」というのだそうです。
里芋には、親芋と小芋があって、今日は粘りの強い「小芋」の炊き合わせです。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼小芋の炊き合わせ・糸造り昆布添え
里芋の昆布煮

小芋と人参に絹さやを合わせた、野菜の炊き合わせですから、出汁はカツオ出汁。
まぁ、顆粒の出汁の素でOKです。ここにタケノコとか鶏肉が入ると「煮締め」になりますが

今日はそういう趣旨ではなく、糸造りに仕上げてトッピングした、刻み昆布が主役です。
この昆布、実は、先日来、あれこれの鍋で使った、出汁昆布を刻んだ物。


大阪でいう処の「始末料理」ですが、これがまた、びっくりぽんの美味しさ・・・なんですね。
小芋と昆布の粘りもあり、食べやすく、がん予防にも良い、という 乙な小鉢です。

▼サバの味噌煮
サバの味噌煮

メインのおかずは、サバの味噌煮。子供の頃、いやというほど食べたおかずの定番で
若い頃は、肉や、揚げ物ばかりに目が行き、サバの煮付けなど見るのも嫌でしたが、
歳を重ねて、段々と恋しくなるという、日本人のルーツみたいな食べ物だと思うこの頃です。

▼三つ葉のお浸し
三つ葉のお浸し

お浸しは、三つ葉。独特の苦みがあって、それが美味しいモノですよね。
材料は、まぁ、何でもいいのですが、青いモノを一品付けるというのが大事です。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼豆腐の味噌汁
豆腐の味噌汁

お汁は、豆腐とワカメの味噌汁。味噌は減塩のモノを使っています。
ジュースもありますが、できれば汁物も、一品欲しいところ。
味噌汁は、大豆発酵食品ですから、食事療法的にもお勧めです。

▼人参・りんご・レモンジュース&オクラ
人参・りんご・レモンジュース&オクラ

で、いつもの人参・りんご・レモンジュースですが、がん予防の健康ジュースである
と同時に、唾液不足を補う、嚥下補助様の「水分補助」にも役立ちます。

味覚的には、やや問題がありますが、食べ物と一緒に少し口内に含み
食べ物を水分で柔らかく伸ばして、飲み込みやすく調整する・・・という使い方です。


あくまで、水分補助ですから、味噌汁でもお茶でも水でも構いませんが
ビタミン補給や酵素の摂取という意味からは、ジュースが好ましい訳ですね。

▼サバの味噌煮と里芋の昆布煮のマクロビご飯
サバの味噌煮と里芋の昆布煮のマクロビご飯

以上、一汁三菜、魚と野菜の伝統的な日本の食事スタイルですが
減塩味噌や減塩醤油を用いて、塩分の摂りすぎを押さえ、食事療法にも配慮して
さらに嚥下障害にも対応したスタンダードなマクロビ晩ご飯メニューでした。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/02/01/Mon 20:31:32  食事療法/和食/CM:0/TB:0/
new 湯葉どんぶり / MAIN / 盆景 月見うどん、菜の花ラーメン、長崎皿うどん old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1825-b2cedac8


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。