気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 気胸は、相変わらず・・・

▼昨日、病院に行ってきました。

肺に穴が開いて、肺と胸膜の間に空気が入り込む病気「自然気胸」を発症して
このところ、毎週のように病院に通っています。早い話、肺のパンクですね。

タバコとか、喉頭がんとか、放射線治療などなどで、棒の肺はボロボロの様です。

自然気胸が見つかったのは、去年の10月でしたが、先月の初め急に酷くなり
何かのショック(おそらくは新幹線による気圧変化)で穴が、ドンと拡がった様です。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼まずは、レントゲン撮影

本日の検診は、まずはレントゲン。先日はCTでしたが、今日はレントゲンで
通常の撮影と、横になって、穴の開いた美技が輪を上にして撮影するという
2パターンの撮影。CTほどではないが、これでも大体は判る・・・ということです。

▼画像比較で診る限り・・・

写真データーが、呼吸器センターに転送され、さて診察ですが
画像比較で診る限り、先週の画像とさしたる変化はなく、まぁ悪くなってはいないが
良くなっている訳でもなく、特に変化はない・・・という事ですが

悪化していないという事は、傷口が癒着した可能性もあり、これは良い兆候。
先生も、う~ん、何とも言えませんねぇ…苦笑、という、困った症状です。


▼血中酸素と心拍数は安定してるので・・・

他方、人差し指に機械を挟んで行う、血中酸素と心拍数の検査では
先週に比べて、血中の酸素濃度は96%程度と似たようなものながら、

心拍数は105から92に下がって、こちらは安定してきた様子。
つまり、呼吸が深くなって、回数が減り、酸素交換も順調になって来たという意味で
そういう事からすると、傷口はすでに癒着したのかも知れません。


ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


▼穴は複数個、開いているらしい

ただし、過去3度のCT画像から診て、肺の上部に小さな空洞が数か所あり
肺に開いた穴は、一か所ではなさそう。・・・つまり、たとえ手術で穴を一つ塞いでも
それで治ったとは限らず、すべての穴を塞いでも、すぐまた破れる可能性が高い

・・・ということで、このまま静かに、すべての傷口が癒着して「自然治癒」を待つ
というのが、現在考えられる、ベストの治療法ということになるようです。


▼タン切りは自力で、

幸い、じっとしている限り、肺周辺にいた身はなく、ただ痰を切る際に
咳き込むと、相変わらず、右胸の下部(脇の下あたり)が傷む・・・という事で
この辺りは相変わらず。この辺りを相談したところ

自分で痰が切れるのなら、吸引機を使わず、自力で切った方が良いとの事。
それでも、痰が切りやすくなるよう、吸入器は準備したほうがよさそうです。


▼飛行機は禁止、新幹線は?

あと、気になる新幹線の気圧変動について聞いてみましたが、
現時点では、とくにそうした事例はないとの事。

しかしながら、飛行機の気圧変動は、大問題で原則 乗ることは禁止。

新幹線でも、トンネルの多い区間で気密性がゆるければ、ありうるとのお話で
これもまた、君子危うきに近づかない方が良さそうですね・・・多分。

▼絶対安静ではないけれど

と、少々取り止めのない話ですが、結果として、絶対安静とまでは言わないけれど、
肺に穴が開いていることを意識して日常の活動は、最小限に留め

呼吸の速くなるような事はしない。右胸の周囲は、意識して大きく動かさない
などと言う注意が必要だ、という事になりました。


食事に制限などはなく、お酒も、少しくらいなら飲んでも大丈夫。
その辺りがせめてもの救いですが、要するにブラブラしてなさいという事ですね。

▼来週、またCTを撮って診て、

ということで、来週もまた検診、今度はCTという事ですが
レントゲンだと1000円+αの診察料が、CTだと5000円以上。

いや、そんな事ではなく、CTも放射線を使いますから、被ばく量が問題で、
そんなに毎週、毎週やって良い訳ではありませんよね。


いずれにせよ、癒着まで、しばらくかかりそうですから、当然ですが
肺の検査は、まだまだ予断を許さない状況の様です。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/03/02/Wed 20:30:00  未分類/CM:4/TB:0/
new しぐれ煮、佃煮、塩こうじ焼き / MAIN / きりたんぽ 親子鍋 old

COMMENT

ご質問の回答  from - aishinkakura
癌ダム4G様
こんにちは。

昨日の質問の回答です。
手術は、内視鏡です。先生がいうには開く方が肉眼で見えるのでやる方は楽です
しかし最近は内視鏡の性能が上がっているので成功率は同じですと言われました。
がん保険には入っています。癌と宣告されただけで支払られます。
手術後の治療にも対応しています。
その保険は内視鏡手術もカバーしていますか?これは解りません。
調べてみないとなりません。
以上です。

癌ダム4G様のブログは色々とためになることが書いてあり私のような者にとっては大変ありがたいのですが読むと怖くなってきますので詳しくは手術後に読ませて戴くようにしたいと思っています。勝手を言って申し訳ありません。

愛新覚羅
2016.03.03-13:56/aishinkakura/URL/EDIT/
ウ〜ム。。。  from - yokoblueplanet
こんばんは。
昨日の返コメの内容、分りました。
難しいですね、、、細胞再生が簡単にできれば、と思わずにはいられません。
急激な気圧の変動は御法度ですね。
どうぞお大事になさって下さい。
ここ数年、医者に行っていないのですが、先日アーユルヴェーダの蓮村先生の予約をとったので、間もなく診てもらいに行きます。
ちょっと気になることがあるので、安心のために。
きりたんぽ、ご推薦の食べ方も試してみます!
2016.03.03-18:26/yokoblueplanet/URL/EDIT/
Re: aishinkakura さま:  from - 癌ダム4G
なるほど、がん保険があるなら
入院のご褒美に、最新型のノートパソコンに大型テレビくらいは買えそうですね。
僕の保険では、内視鏡手術は、普通の手術の半額支給ですが
一時金に、手術給付金、入院給付金に、健保の医療費上限控除のおかげで
ちょっとした入院でも、おつりが来ます。・・・安心ですよね。

> 癌ダム4G様のブログは色々とためになることが書いてあり私のような者にとっては大変ありがたいのですが読むと怖くなってきますので詳しくは手術後に読ませて戴くようにしたいと思っています。勝手を言って申し訳ありません。

そうでしたか、申し訳ありません
今日の禁煙の記事にも、恐い事書いちゃいました。ごめんなさい。

では、元気の出る話を、過去の記事から・・・
「(癌と)闘わずして負けるなどありえない!」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-950.html

またこちらは、今から役に立つお話です。
「入院準備」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1644.html

「<保存版>入院便利グッズ」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1724.html

こちらは、貴君の記事に書いたコメントの補足になります。
恐い話ですから、今読まなくても結構ですが・・・
見識ある大人ですから、真実を知ったうえで、そこから目をそらすことなく
医療機関と正しく付き合うことが大事だと僕は思います。

「癌は治らないと思ったほうが賢明です」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-968.html

「癌治療の現実(補強版)」
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-961.html

それでも、僕らは、まだ生きています。
たかが、ステージ2のがんなんぞに負けてたまるものか!
前を向いて、さぁ、闘いに出かけましょう!
2016.03.03-19:07/癌ダム4G/URL/EDIT/
Re: yokoblueplanet さま:  from - 癌ダム4G
お見舞いありがとうございます。

まぁ長年の喫煙がベースにあっての話ですから
いまさら、どうこう言っても、後の祭り、手遅れなんですが
まぁ、僕の免疫力、細胞再生力、ガンバレ!としか言いようがありませんよね。

せめて、良質なタンパク質をいっぱい摂って
細胞の材料を肺に提供することに励みましょう(笑)

> ここ数年、医者に行っていないのですが、先日アーユルヴェーダの蓮村先生の予約をとったので、間もなく診てもらいに行きます。
> ちょっと気になることがあるので、安心のために。

なるほど、僕も、そんなに本格的ではありませんが
アーユルヴェーダも取り入れながら、食事療法をやっています。
調べていくと、ゲルソン式も、漢方も、アーユルも、マクロビも
そして国立がんセンターも、半分くらいは「同じ事」を勧めていますので
原理原則というか、根っこの部分は同じなんだなぁ・・・と、つくづく思います。

きりたんぽの食べ方も、是非!
2016.03.03-19:32/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1856-748a14bf


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。