気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 顎関節・・・口が大きく開かない人の口腔ケア

▼エンシュア・リキッド
エンシュア・リキッド 2種

右の奥歯に雑菌が入って、歯肉炎を起こし、顎関節のすぐ横まで腫れあがって
上下の歯と歯の間が、5mm程度しか開かなくなりました。

痛いし、口が開かないので、ちゃんとした食事もできず、噛まなくて良いおかゆとか、
バナナラッシー、エンシュアドリンク、ゼリー飲料などで、2~3日をごまかしました。


食道が細くなって「嚥下障害」を起こしている話や、「自然気胸」で肺に穴が開いて
まともに息ができない話ばかりしてきましたが、下顎も軽い骨髄炎を発症しており
放射線治療後という事で、後回しにしてきた奥歯も、いよいよ抜歯の様ですが・・・

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼バナナラッシー & コーヒー
バナナラッシー & コーヒー

▼ロキソニンS
ロキソニンS

まずは、腫れが引いて、口が開かないことには、抜歯の器具も入らず、とりあえずは、
4日間、点滴で抗生剤を入れて、炎症が収まるのを待っているところです。

現在は、治療の甲斐あって、少し腫れも引き始め、1㎝くらいは開くようになったので
素麺とか、冷麺、昨日のハムチーズクロワッサンなども食べられるようになりましたが
専門医によれば、抜歯出来る程度に開くには、2~3週間かかる・・・という事です。


抜歯は、前回同様、大事を取って入院ですが、そもそも、こんな事態になった事には
喉頭がん治療の為の、50ベクレルの放射線照射が大きく影響している訳ですね。
※ 抜歯入院の記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1697.html

(とはいえ、照射していなければ、今頃はこの世にいませんから、う~むですけどね)

参考▼自家製オイルサーディンのオープンサンド
aオイルサーディン・アップ
参照記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-129.html

7年前、退院して1年半ほどの頃は口も大きく開いて、平気で食べていましたが、
現在では、腫れが引いたとしても 最大で3㎝程度の開口しか望めず、まったくの無理。
放射線治療の後遺症って、後から段々に、ひどくなってくるみたいですが


要するに、歯だけではなく、顎関節にも問題があって、さらに放射線治療で
筋肉が萎縮して、現在のような結果になった模様です。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼エネルギーチャージ用ゼリー飲料
エネルギーチャージ用ゼリー飲料

参考▼エンシュア・コーヒー味
エンシュア・コーヒー味
参照記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-789.html
歯科医では手に負えない・・・ということで、口腔外科の専門医に紹介され
全周レントゲンにCTを撮って、検査していただきましたが

左の顎関節がの軟骨がすり減って変形しており、
顎が半分外れた状態であるため、口が大きく開かない。
また、骨が変形しているため、元の位置には戻らない・・・との所見。


原因としては、元々、悪かった歯をかばう為
1.長年にわたり偏った噛み方をしていたところに
2.放射線を当てた為、顎の筋肉が萎縮して、顎関節のゆがみが進み
3.食道に穴が開いて、1年以上経鼻流動食だったため、顎が固まった
という三重苦が重なったモノ・・・ということでした。


また、歯の噛み締めによって、歯のすり減ったこともあるようで
それを防止しながら、変形した顎の位置を、少しでも正常に戻すために
左右のバランスが少し異なる、マウスピースを作っていただきました。

▼マウスピース…「喉」と「歯」と「顎」の悪循環
マウスピース
詳しい説明は<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1599.html

その結果、位置がずれていた顎関節を治療するため、マウスピースを入れて2ヶ月半、
顎関節の位置は、段々と正常な位置に戻ってきたのですが
困ったことに、今度は歯の噛み合わせがずれて、隙間が出来てしまいました。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1669.html

その後、歯の方をトータルに治療して、同時に噛み合わせも
治療した歯を高くするなどの工夫で改善。
相変わらず、大きくは開かないまでも、何とか普通に噛めるようになり


「噛める」から、食べ物を細かくつぶせるようになり、その分、喉が細くても
「嚥下」がスムーズになって、食事事情も、随分と改善したように思います。
そこに掘って来て、今回の歯茎の炎症事件だった訳ですが・・・(苦笑)

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼液体歯磨き、マウスウォッシュ
液体歯磨き、マウスウォッシュ

ちゃんと歯磨きができないいま、使っている液体歯磨き、マウスウォッシュです。
左から、20秒クチュクチュしてから、歯ブラシを使う、クリニカの液体歯磨き
歯ブラシを使わなくても良いタイプの、液体歯磨き「クイックウォッシュ」
そして、うがい用のマウス洗浄液の3趣を、場合によって使い分けています。

▼超コンパクトヘッド歯ブラシ
超コンパクトヘッド歯ブラシ

手前が、奥歯まで届く、クリニカの超コンパクトヘッド 柔らかめ。
中央のは、ピュオーラのコンパクトヘッドで、密集ブラシで歯の表面を磨いています。
( 奥のは、比較の為の、普通の歯ブラシです。)

口が開かないと、歯の裏側に歯ブラシが入らない為、液体のマウスウオッシュで
歯垢を溶かし、前の面だけはしっかり磨いて、鹿bンブラシを前から使い
少し開くようになったら、裏面も、磨けるところだけ磨いて行く…と云った処ですね。

▼歯周ポケット、奥歯の奥用ブラシ
歯周ポケット、奥歯の奥用ブラシ

さらに、奥歯の奥まで届く、歯周ポケット用の特殊ブラシも、歯科で分けてもらって
磨けるところは、出来るだけ、あれこれとケアしています。

▼うがい液、歯間ブラシ
うがい液、歯間ブラシ

さらに、裏ワザとしては、歯科医で処方してもらったうがい液を、原液のまま
歯間ブラシに漬けて、歯の間や、プラーク(歯肉に開いた穴)に入れて、歯間を洗い
膿んでいる部分を含めて、全体を消毒することで、治療を早める事。


これらのおかげで、奥歯の腫れも徐々に引いてきて、
5mmしか開かなかった口の方も、何とか1㎝程度は開くようになりました。
3㎝くらい開くようになったら、いよいよ入院して、奥歯の抜歯です。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/06/04/Sat 20:30:18  食道狭窄/CM:0/TB:0/
new ラーメン&皿うどん / MAIN / ハムチーズクロワッサン old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1865-34ea069e


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。