気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 天然猪のぼたん鍋

▼天然猪肉のぼたん鍋
天然ぼたん鍋

日本人が肉を食べ始めたのは明治以降・・・なんて、実は、真っ赤な大嘘なんですね。
そりゃ、江戸時代までは、いろんな制約があって、表向き「肉食禁止」でしたが、
そこは方便、武士も町人も「薬食い」と称して、結構、肉食を楽しんでいたのでした。

肉料理の専門店もありましたが、お店の看板に「肉」とは書けませんから、
猪は牡丹。馬はさくらで、鹿はもみじ、鶏肉はかしわ、で、鯨は魚の一種だからOK
などと言う、言い訳めいた、元へ、風流な呼び名が定着した訳ですね。


なんて、うんちくはともかく、天然のイノシシは、イノブタよりも脂身が少なく
さっぱりしているくせに、旨味がぎゅ~っと詰まっていて、それはそれは美味しいモノ。
今回は「コープ自然派」で購入しましたが、どこかで見かけたら是非お試しください。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼天然イノシシのコマ肉
天然イノシシのコマ肉

ぼたん鍋は、猪肉の鍋・・・のはず、なんですが、通常は、猪と豚を掛け合わせた
バイブリット豚(イノブタ)を用いた鍋が、一般に提供されています。

余談ながら、ハイブリットの語源は、ラテン語のヒュブリタ(イノブタ)の事で
だから、ハイブリット車って、イノブタ車なのかも知れませんね。(これ、本当です)


ところが、最近は、山にいた猪が、里の下りてきて、害獣となって畑を荒らすようになり
その駆除とジビエブームに乗って、天然のイノシシ肉が、結構出回るようになりました。

▼猪肉
猪肉

牡丹鍋といえば、周囲に脂身の付いたロース肉を円形に並べたものが一般的ですが
味本位に考えれば、コマ肉の方が食べやすくて美味しいモノ。第一安くてうれしい。

脂身も少なくてヘルシーなので、両方あって選べるなら、迷わず、こちらをお勧めします。

さて、西欧だと、肉にはスパイス・・・胡椒を振って、臭みを消して、下味をつけますが、
日本の定番スパイスは、山椒。たっぷり振って、味をなじませておきましょう。

▼葉物野菜と椎茸
葉物野菜と椎茸

鍋は味噌仕立てですから、定番の白菜に白ネギ、シイタケなどの野菜に水菜
肉を柔らかくする・・・かどうかはともかく、ちょっと癖のある芹:せりも用意しました。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼出汁と根菜類
出汁と根菜類

大根に人参、ゴボウ、コンニャクなど、根菜類は、予め鍋に入れて煮込んでおきます。
出汁は、猪肉に付いていた味噌を使いましたが、詳しくは、ネットで調べてくださいね。

▼肉と野菜を入れて
肉と野菜を入れて

猪の肉は、煮込んでも固くならず、ほくほくして食べやすいモノ。
初めから全部入れてもいいのですが、そこはバランスを取って、半分くらいにして
鍋が煮立ったら、猪の肉と、ネギや白菜、シイタケなどを入れて、アクを取り・・・

▼セリを入れたら、出来上がり
セリ

仕上げに、水菜と芹を入れて、サッと煮たら出来上がり。
まぁ、僕らは、嚥下障害があるので、喉に詰まらないよう、ゆっくり食べたら良いのですが
そういう意味でも、煮込んで美味しい「ぼたん鍋」はいいものですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼七味、山椒、冷凍オクラ
七味、山椒、冷凍オクラ

薬味は、七味に山椒、香りが良いので、ミルタイプのモノを使っています。
えっと、この前使っちゃったので、無くなりましたが、原了郭さんの黒七味もよく合います。

冷凍のオクラは、嚥下補助の食材ですが、熱すぎる鍋の具を、ちょっと冷ましたり
取り鉢に入れて、出汁にとろみを付けて、食べやすくしたり・・・と大活躍。


ネバネバ成分が嚥下を補助するのはもちろん、喉の粘膜を保護してがんを抑制する
喉頭がん患者にとって、願ってもない食品ですから、積極的に摂るようにしてください。

▼人参・りんご・レモンジュース
人参・りんご・レモンジュース

もちろん、がんを抑制する、いつもの、人参・りんご・レモン生絞りジュースも付けて
※ 詳しくは、過去の記事「保存版・ジュース材料の目安」から。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-441.html

▼天然猪肉のぼたん鍋
天然猪肉のぼたん鍋

などなどと云う事で、当たり前といえば当たり前なんですが(苦笑)
天然イノシシ肉を使った、本物のぼたん鍋の作り方でした。

この日は、サッカー教室帰りの孫も、生まれて初めての、ぼたん鍋。
三人で、ゆっくり食べていたら、迎えに来たママ(うちの娘)も上がり込んで食べ始め


駐車場で待っていたパパ(義理の息子)も呼んで、肉はほとんど食べちゃったけど
ラストは、賑やかな「猪鍋煮込みうどん」になったのでした(笑)。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/03/11/Fri 19:56:22  食事療法/鍋/CM:8/TB:0/
new 気胸は回復傾向、嚥下障害は擦り傷が原因? / MAIN / 豚しゃぶロースの生姜焼き old

COMMENT

  from - petero k
まだ夜など寒いので、ぼたん鍋、身体も温まっていいですね~
私はまだ一度も食べたことがないのでぜひ食べてみたいです。
実は山好きの息子が昨年漁師の免許を取り、年配の方々と一緒に
週末は猟に出ています。 今年は雪が少ないとのことで、不猟だそうですが
この辺りでは鹿が増えすぎ、なかなかイノシシには出会えないと言っていました。
それぞれのお肉に付けられた名前、うまく付けたものですね。
かしわというのは、樹木の柏のことだっったのですね!
初めて知りました。 ありがとうございます。
2016.03.12-12:11/petero k/URL/EDIT/
Re: petero k さま:  from - 癌ダム4G
ぼたん鍋、猪肉は、煮れば煮るほど美味しくなるといって
身体が芯から暖まる、美味しい料理ですが
ラストは、雑炊ではなく、細うどんがお勧めです。

息子さんが、猟師さん・・・それは、うらやましい。
しばらくしたら、美味しい猪や鹿が、手に入りますね。

猪は、牡丹鍋もいいけど、一番美味しいのは焼肉というか
鉄板焼きで、脂身がサクサクで、何とも言えず美味しいのですね。

鹿は、何と言っても「赤身の刺身」が美味しい。
脂身も筋もまったくなく、味が濃いのに、さっぱりして最高です。
(ただし、血抜きの腕前が問題で、当たり外れがあります)

ジビエ(野生の動物)は、食わず嫌いの人も多いのですが、家畜と違って
餌も少なく、動きまわっているので、旨味が濃く脂身が少ない。
つまり、筋肉量が豊富で、筋肉内のグリコーゲンがたっぷりなのですが

逆に言うと、餌が豊富で運動量の少ない家畜は、筋肉なしのメタボ状態。
天然の鯛と養殖の鯛、ブロイラーと話し飼いの地鶏を、例に挙げるまでもなく
どっちが美味しいかは、明らかですよね。

> かしわというのは、樹木の柏のことだっったのですね!

あらまっ、petero k さんともあろう方が、びっくりぽん。
鶏を捌いた姿が、柏の葉に似ているから・・・ということの様ですね。

鹿肉は、ブルーベリーなどにもよく合います。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1500.html
以前の記事ですが、よろしければご参考に。
2016.03.12-14:04/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - たー坊
こんばんは☆
美味しそうですね!
猪の肉、スキーの帰りに、一度だけ
食べました。
残念ながら、味は忘れてしまいましたが・・・

たしか、戦国武将でも、肉食べてた武将、
いたと思います。
2016.03.12-20:33/たー坊/URL/EDIT/
Re: たー坊 さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは、牡丹鍋、美味しいモノですよ。
今度は、ちゃんと味わって食べてくださいね(笑)

> 残念ながら、味は忘れてしまいましたが・・・

若い頃 食べた味って、あてになりません。
とくに若い男性は、おなかがいっぱいになったら何でもいいので
30過ぎたぐらいから、やっと、モノの味が解かるようになる
と言うくらいで、普通だと思います。(昔は僕もそうでした)

> たしか、戦国武将でも、肉食べてた武将、いたと思います。

伊達政宗のことですかね?金沢の前田家には鴨の治部煮があって
熊本の加藤清正は、馬刺しを食い、鹿児島では、琉球伝来の豚。
みなさん、結構あれこれ食ってたと思いますよ。

喰う、寝る、遊ぶ、ではないけれど、食べる楽しみは人生最大の楽しみの一つ。
あれこれ食べて、食の楽しみを拡げてくださいね。
2016.03.12-21:04/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - たー坊
こんばんは☆
勘違いかもしれませんが、
武田信玄も、治療のため、
鶏肉食べてたような気がします。
自分の、あやふやな記憶ですが・・・

1度だけ、アグーという沖縄の豚肉を
食べましたが、とても美味しかったです^^

馬刺しは、酒飲むように、なって、
しばらくしてから、好きになりました^^
2016.03.14-03:09/たー坊/URL/EDIT/
Re: たー坊 さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。

> 武田信玄も、治療のため、鶏肉食べてたような気がします。

う~ん、僕も良くは知りませんが、きっと食べてたでしょうね。
というか、この時代の人は、ほとんど全員、食べてたんじゃないでしょうか?
宣教師の影響もあって、南蛮料理も食べていたと思います。

肉食が始まったのは、明治以降とする「根拠のない刷り込み」の方が
間違いだという認識でいいのではないでしょうか?

> 1度だけ、アグーという沖縄の豚肉を
> 食べましたが、とても美味しかったです^^

アグー豚、たまたま当りが悪かったのか、
評判の割に、美味しいのにあたったことがなく、よくは解かりませんが
ミミガー―とかラフテーは美味しいモノですよね。

> 馬刺しは、酒飲むように、なって、
> しばらくしてから、好きになりました^^

ブログにも時々書いていますが、僕も馬刺しは大好きです。
熊本の人は、案外と食べませんが、タテガミなんかもたまらないですね。
馬刺しがお好きなら、鯨や鹿の刺身も機会があれば是非。
似た味ですが、鯨や鹿の方がさっぱりして、美味しいモノです。

でも、こんな感じで、いろんな食材や料理に目覚めていくのは
とてもいいことだと思います。
病院で、初めて知った変な料理も、街の小料理屋さんで食べてみたら
まったく異なる「美味しい味」とわかるはずですから
どこか馴染みの店を見つけて、是非・・・とお勧めいたします。
2016.03.14-05:41/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - たー坊
鯨好きです^^
でも、残念ながら、自分の世代は、
学校給食にでませんでした・・・
2016.03.15-02:31/たー坊/URL/EDIT/
Re: たー坊 さま:  from - 癌ダム4G
> 鯨好きです^^
> でも、残念ながら、自分の世代は、
> 学校給食にでませんでした・・・

どんな鯨がお好きですか?

鯨の竜田揚げに、鯨カツ、鯨肉のカレー、僕は結構好きでしたが、
まぁ、給食の鯨なんて、たいして美味しいモノではなく
それが元でクジラ嫌いになった人も数多くいらっしゃいますから
知らなくて幸いかも知れませんね。

大人になってからは、皮鯨におばけ、コロ、おでんのサエズリ
鯨ベーコンに、百ひろ、鹿の子に尾の身、軟骨にハリハリ。
日本人に生まれて、あ~しあわせだぁ、などと思ったものでした。

鯨がお好きなら、こちらの記事も、是非ご参考に。
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1820.html
2016.03.15-05:38/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1868-2c4f931e


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。