気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 入院9日目 車椅子&ストレッチャー

▼車椅子
車椅子

昨晩、右の脇腹~背中にかけて、ちょっとした痛みがあり、寝違えたかな?
と思っていたら、段々ひどくなって、痰を出す咳をすると、恐ろしく痛む。

もしかして、また気胸?・・・と、看護師さんに言って、診てもらうと
生憎と呼吸器の医師がいないとの事で、消化器内科ではあるけれど


医師の診察を仰ぎ、念の為と車椅子で、レントゲンを撮りに行きました。
結果、気胸ではない・・・と、病室まで、知らせに来てくれたのはいいのですが
病室の向う側、入口付近で、バタンと何かが倒れる音・・・

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼ストレッチャー
ストレッチャー

看護師さんが、そっちへ飛んで行って、大丈夫ですか?という声に
う~ん、ちょっとふらついて、転んだ・・・と、云ったとたん
意識が無くなって、大いびき。こりゃ、僕にだって脳梗塞だと判ります。

すぐにドクターたちが飛んできて、ストレッチャーで処置室に。
翌朝聞いてみると、一命は取り止めたが、・・・との事。
お昼前になって、やっと病室に戻ってこられて、ヤレヤレ。


車椅子なんて大袈裟な・・・なんて、思っていましたが
万が一、転倒して、打ち所が悪かったら・・・という実例をまのあたりにして
備えあれば憂いなしと、改めて思った次第ではありました。

▼筋肉痛ならいいのですが・・・

さて、背中の痛みの方は、とりあえず、気胸ではないにしろ、原因ははっきりせず
痛みも相変わらずで、さて?なんですが、月曜日なんで、外来が一段落したところで
専門医の先生も見てくれるらしく、さすがに「入院中」は、安心ですね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼4月11日の朝食 全粥・刻み食
4月11日の朝食 全粥・刻み食

さて、食事の方は、相変わらず全粥の刻み食で、今朝は、卵焼きに切り干し大根。
やっと、まともな料理が出てきました(笑)。海苔の佃煮に牛乳、まぁこんなもんですね。

ところで、いかるが牛乳って、ご存知ないですよね。関西ではメジャーですが、
他のエリアではきっと、馴染みのない、なんだそりゃ??というブランド。


奈良時代には、日本の中心であった「斑鳩の里」と言えば、ご存知ですよね?
君が為に、春の野原で、かわいい「若奈ちゃん」をナンパして・・・イヤ、ほんの冗談です。

▼4月11日の昼食 全粥・刻み食
4月11日の昼食 全粥・刻み食

昼は、スズキかな?とにかく白身の魚は、パサつくので、ちょっと注意が必要です。
幸い、青菜のくずとじ煮が付いていたので、一緒に食べれば、何とか大丈夫。
明日から、もう一段、ランクアップして、様子を見たいと思っています。

医者の立場でいうと、このくらい食べれたら、一応は十分という考え方がなんですが
そりゃ「栄養補給」という意味の食事であって、それはその通りなんですが・・・


▼食事をすると言う意味

僕としては、職を通しての人付き合いとか、食文化の交流、美味しい笑顔の交歓など
つまりは、「コミュニケーションツールとしての食事」 ができることが望みなんですね。

たとえば、部下に「昼飯でも行こうか」と言えば、話がある・・・という意味だし
「今度お食事でも」というのは、デートのお誘い、客から誘いがあれば、もちろん商談で
家族サービスの定番は「美味いもんでも食いに行こか」というセリフ・・・


皆さんも、そうと気づかず、そうした食文化を楽しんでおられると思いますが
違いますでしょうか?また、僕のいう食事は「欲張りな話、贅沢」なのでしょうか?

▼持ち込みデザート
持ち込みデザート

昨日は、全粥の「多さ」に、胃袋も戸惑っていたようですが、少しは慣れてきたのか
物足りなくなってきて、冷蔵庫に持ち込んだプリンまで食べてしまいました。
これだけ食欲もあるという事は、少なくとも 内臓の病気ではなさそうですね(笑)。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/04/11/Mon 19:32:33  入院日記/CM:4/TB:0/
new 入院10日目 嚥下障害の実際 / MAIN / 入院8日目 公園お花見散歩 old

COMMENT

色々な病気が  from - aishinkakura
癌ダム4G様
こんばんは。

いきなり脳梗塞ですか。脳梗塞といえばいつもいきなりではありますが。
癌ダム様の入っておられる病院は色々な病気の方が入院されている
のでしょうね。
私の入院していた病院は癌専門病院ですので癌の患者のみです。
そして私がいた4階は喉頭がん、咽頭がん専門フロアーです。
他の階はどうなっているのか解りませんでしたが全て癌なので
感染する心配はありませんでした。

愛新覚羅
2016.04.11-19:52/aishinkakura/URL/EDIT/
Re: aishinkakura さま:  from - 癌ダム4G
こんばんは。
確かに総合病院ですから、いろんな患者さんがいらっしゃいますが
僕の入院先は、<消化器内科>なんで
「胃がん」とか「肝臓がん」「胆管がん」なんて患者さんが多いですね。

ただ、その患者さんは、胃がんで入院されていて
転倒して、脳梗塞を起こしたわけですから、
脳梗塞で入院された訳ではありません。

僕にしても、喉頭がんは、耳鼻咽喉科・頭頸部外科
自然気胸は呼吸器内科、バルーンは消化器内科ですから
いろんな専門医のいる総合病院の方が、何かと都合はいいですね。

お互い いい歳ですから、いろんな病気も出てくるもんで
いちいち違う病院に通うのも億劫なもんだし
そこら辺が、悩みどころですよね。
2016.04.11-20:20/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.04.12-19:03///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
心臓の重い不整脈での長期入院、大変でしたね。

> 整形などは、比較的若者が多く明るい雰囲気でしたが、
> 循環器の部屋は、大手術を終えたばかりの者など、重苦しい雰囲気で
> そして、知らない内に、ひっそりと部屋から居なくなる方もあり・・・

僕の消化器内科病棟も年齢層は高く、重苦しい雰囲気
また、以前いた別の病院では、ケア付き老人ホーム直結で
何人見送ったか分からないくらいの死に直面して
本当に、気が滅入ってしまいました。

> そのような経験をしたので、癌ダム4Gさんのブログを拝見し、
> 悟りを開いているのかと、いつも感心させられます。

悟りを開いてはおりませんが、僕の経験が、誰かの役に立てばと思い
役に立ちそうな情報を見つけては、日々の記事に生かしています。

病気の情報って、医師の立場からの情報は多くても
患者の立場からの情報は、ほとんどないのが実情です。

また、書いていて思うのは、患者に必要な生活情報は
患者にしか、わからないことも、案外と多くあるという事です。

僕も書きますが、出来れば、皆さんも、書いてください。
貴方の貴重な経験や得た知識は、必ずや、誰かの役にきっと立つはずです。
コメント、ありがとうございました。
2016.04.17-07:49/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1891-55829098


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。