気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ たかがムニエル、本気でリゾット&ラタトゥイユ

▼舌平目のムニエル・茄子とたっぷりのラタトゥイユソース
茄子のラタトゥイユ・舌平目のムニエル乗せ

舌平目のムニエル・茄子とたっぷりのラタトゥイユソース・・・と、名付けてはみたものの
実際には「茄子のラタトゥイユ・舌平目のムニエル乗せ」の方が、当たっているかも?
要するに、ラタトゥイユの上に、小振りのムニエルを乗せたハイブリットメニューですね。

ラタトゥイユは、野菜を油で煮て旨味を出す料理ですが、日本人には「油で煮る」という
概念がないため、鶏肉やベーコンなどと野菜を炒めて、味付けをしますが
本来は、野菜をたっぷりの油で煮て、野菜の旨みを引き出す・・・という料理です。


ラタトゥイユは、柔らかくて、食べやすいし、野菜を煮込む事で、自然のとろみが付いて
嚥下もしやすく、魚のパサ付きも押さえてくれるという、理想的な組み合わせ。
ごはんも、お粥・・・ではなく、リゾットにして、食べやすく、しかも栄養にも気を配りました。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼舌平目のムニエル・茄子とたっぷりのラタトゥイユソース
舌平目のムニエル・茄子とたっぷりののラタトゥイユソース

ラタトゥイユの作り方を日本的に言うと、まず、たっぷり目のオリーブオイルで
オレガノやタイム、にんにくのスライスを炒め、香りが立って来たら、茄子を入れて焼き
(茄子は一旦出して)、その油で、玉ねぎ、パプリカ、人参、キノコ、をじっくり炒め

全体にとろみが付いてきたら、トマトを入れてさらに炒め、仕上げに白ワインと水を加えて
塩・コショウ、バジルなどで味を調え、全体に一煮立ちさせて出来上がり。
茄子は、煮込まず、ムニエルと一緒に、トッピングして、やや深めの皿に盛り付けました。


便宜上、炒めると書きましたが、低温の油でじっくりと煮る・・・と云うのが、正しい概念。
僕の家とは少し違うけど、このレシピ↓も、同工異曲で参考になると思います。
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/17545_本格ラタトゥイユ.html

▼鶏ガラスープのプレーンリゾット
鶏ガラスープのプレーンリゾット

リゾットは、ご飯をスープで煮た「西洋雑炊」ではなく、生米で作る「米のスープ煮」です。
米は、まずオリーブオイルで炒めますが、米が割れるので、絶対に洗ってはいけません。

米が透明になったら、鶏のブロード(ブイヨンでOK)をヒタヒタになるに加えて煮込み
煮詰まって来たら、また加えて・・・を繰り返し、米がアルデンテになったら 粉チーズを加え、


バジルを振って、出来上がりです。オリーブオイルにニンニクと玉ねぎを入れて
香りを立てるとか、煮込む際に白ワインを入れるとかは、ネットでチェックしてください。

▼豚しゃぶ肉のミラノ風 イタリアン・ハムサラダ
豚しゃぶサラダ

ロースハムの代りに、豚しゃぶ用のロースを茹でて、冷しゃぶ風に冷やし
茹でた野菜を、すりおろした玉ねぎのドレッシングで和えてみました。
今回はやりませんが、レタスを添えて、パンに挟んでも美味しいと思います。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼新じゃがと新タマネギのポタージュ
新じゃがと新タマネギのポタージュ

ジャガイモと玉ねぎをブイヨンで煮て、柔らかくなったところを ミキサーですり潰した
かなり手抜きのポタージュスープです。サラヤの「とろみ名人」でとろみも付けて
飲みやすく、また、他の料理を嚥下する時の 補助食材になるようにも考えています。

▼ジュース&オクラ
ジュース&オクラ

今日のレシピは、どれも食べやすいので、冷凍オクラは、まず不要?とは思いますが
ラタトゥイユやイタリアンサラダに混ぜてもいいし、免疫力アップで、癌予防にも効果的。
いつもの人参・りんご・レモンジュースも、イタリアンメニューに良く合います。

▼ラタトゥイユとリゾットの夕食
ラタトゥイユとリゾットの夕食

などなどと、ウンチクの方が多かったような気もしますが、これでも嚥下障害メニュー。
柔らかくて、嚥下もしやすいけれど、オリーブオイルにバターやチーズなども
たっぷりと入って、タンパク質などの栄養もしっかり摂れるのが、大きな特長です。

そして、ムニエルはもちろん、ラタトゥイユも リゾットも、冷やしゃぶ風ハムサラダも
本格というよりむしろ「正統的な」本来の作り方で、嚥下障害とは関係なく伝えたい味


障害者と暮らす、ご家族の方はもちろん、どこも悪くない、グルメなみなさんにも、
ぜひ味わっていただきたい、ちゃんとした欧風レシピの洋食です。そしてまた、
嚥下障害があっても、いや あるからこそ、ちゃんとした料理を味わいたいモノですよね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

参考▼別名:ドーバーソール、舌平目のムニエル一匹付け、三種の野菜添え
舌平目のタルタルソース
参照記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1826.html

イギリスとフランスを隔てるドーバー海峡は、潮の流れが早く、明石海峡と同じように
美味しい魚に恵まれています。という訳で、ロンドンの魚は、ちゃんと美味しいのですが

物知らずの馬鹿は、安いツアー業者に騙されているだけなんですね(苦笑)。
新鮮な魚の入るロンドンでは、その新鮮さを活かして、シンプルに調理する


逆に新鮮な魚の入らない内陸部のパリは、それをごまかすため、あれこれと加工する
これって「江戸前」と「京都」の、料理の差と同じ事ですよね(笑)。

参考▼太刀魚のムニエル
太刀魚のムニエルUP
参照記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1873.html

ムニエルは、舌平目以外の魚でも、美味しいメニューです。
太刀魚は、縁側がないので、寂しい反面、食べやすいのがメリットですね。

参考▼真鯛のムニエル・トマトソース キノコ&アスパラ添え
鯛のムニエルUP2
参照記事<http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-1633.html

パサつきやすい鯛も、ムニエルにすると、食べやすくなります。
ラタトゥイユに添えるなら、ボリュームのある 鯛もいいかも知れませんね。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/05/31/Tue 23:55:00  食事療法/洋食/CM:2/TB:0/
new たとえば十割蕎麦、味覚って何だろう? / MAIN / ムニエルじゃない舌平目。 old

COMMENT

リゾット大好き  from - あたごウクレレ
気道戦士 喉頭癌ダム さま
リゾットは、手術してからいただくようになりましたよ。
イタリアンのお店でパスタ食べたいけど喉にとおりづらかったので食べてみたら食べやすい、美味しいのではまってしまいました。
最近ではイタリアン等外食の機会には山芋のすったものかめかぶを持参してます。
スムーズに食べれるので嬉しいです。)^o^(
2016.06.02-05:41/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
リゾットは、食べやすくて美味しいし
雑炊よりは栄養も豊富なので、お勧めですよね(笑)
僕も大好きです。

最近は、嚥下障害がひどくて、外食は控えておりますが
以前は、冷凍オクラをタッパーに入れて
保冷剤を添えて、ペットボトルケースに包んで持参してました。

嚥下の補助食材があれば、外食でも、何とか楽しめるモノですよね。
2016.06.02-11:17/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1932-7420ed0a


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。