気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 鮎の塩焼き ちょっと懐石風 夏御膳

▼鮎の塩焼き、たで酢添え
鮎の塩焼きUP

湖産の鮎(琵琶湖産)ながら、大きいのが入るようになり、早速に塩焼きです。
養殖モノなので、味はイマイチながら、やはり、美味しいモノですよね。

若い頃、鮎釣りにハマり、和知川から紀の川まで、あちこちで釣っていましたが
がんを患い、身障者になって、さらに肺まで潰れちゃったカラダではもう無理。


阪神百貨店辺りで、いいのがあれば・・・と、家内に買ってきてもらう日々ですが、
魯山人の愛した川の・・・などとウンチクを垂れなくても、やっぱり鮎はいいものですね。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

先付▼三色薬味の冷奴
冷奴

先付とか、向付というと、本当は、ちょっとこだわった酒肴の三品盛り合わせとか
一品なら、本日の趣向を感じさせる、お楽しみの逸品・・・となる訳ですが

そこは、食道の細い、嚥下障害対応という事で、柔らかな食材を喉の通して
粘る唾液を除去したり、食道を少し押し拡げて、次の食材を通りやすくする為の


食道の慣らし運転というか、準備運動と( 無粋な話ですが )、ご理解ください。
食道の細さは、相変わらずながら、それなりの工夫で、何とか食べ繋いでいます。

煮物▼曲竹の炊き合わせ・小鉢
曲り竹の炊き合わせ

家内が、青森で熊と格闘しながら(嘘です)ゲットしてきた、ヒグマの好物
曲竹をメインに、人参とサヤインゲンを合わせた、食べやすい 炊き合わせです。
お椀に彩り良く・・と行きたいところですが、まぁ、日常の晩ご飯という事で(笑)

汁▼しじみの味噌汁
しじみの味噌汁

汁物は、滋味あふれる しじみのお味噌汁。無痛なら、身も全部いただくモノですが
喉も細い事ですから、身の方は適度にいただいて、汁のみ美味しく味わいました。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

焼き物▼鮎の塩焼き
鮎の塩焼き

流れの激しい渓流を泳ぎ回って身の引き締まった鮎なら、串を売って約処ですが、
運動不足の湖産鮎ですから、そのままストレートに塩焼きです。
とはいえ、鮎らしく身離れも良く、たで酢も付いて、美味しくいただきました。

薬味▼大根おろし
大根おろし

鮎は、身離れの良い、白身の川魚ですが、結構 脂が多く、案外とパサつかず
割合すんなりと喉を通ります。とはいえ、食道の太さは、5mm以下ですから
大根おろしを添えて、ご飯を糊化しながら、スムーズな嚥下を心がけています。

御膳▼鮎の塩焼き 一汁三菜 夏御膳
鮎の塩焼き 夏御膳

今日は、オクラがありませんが、鮎が食べやすいのは、こういうことでも明らか。
食べる時間歯かかるけど、懐石料理の様に、一品づつ味わいながら
ゆっくりと食べ進むと、それなりの「夏の風情」も楽しめる、一汁三菜御膳でした。

デザート:果汁▼人参・りんご・レモンのスムージー
人参・りんご・レモンジュース

今日のジュースは、デザート扱い。人参は野菜だけれど、本当はすごく甘くて
フルーツはサンふじ(りんご)に、レモンだから、まぁ、それでもOKですよね。
後で考えると、しまった「凍らせて」シャーベットにすべきだったかな?とか(笑)。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

えっと、このブログは、喉頭がんの患者さんとか、嚥下障害の方とかの為の
障害があっても、こうすれば美味しいモノが食べられる!・・・という、障害支援情報
ですから、単なるグルメ自慢のお食事日記だとは思わないで頂けたら幸いです。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/07/27/Wed 20:40:05  食事療法/和食/CM:2/TB:0/
new うなぎの肝焼き、土用の丑の日 直前パワー御膳 / MAIN / 鴨せいろ old

COMMENT

こんにちは。  from - mixer-go
梅雨の無い北海道といわれますが、この時期に雨が続くようになったのは・・・やはり、異常気象という言葉が、使われ始めた頃からでしょうか。( 蝦夷梅雨ということばができました )本州方面とは、気候も食生活のちがいなども、テレビや昔、旅してた頃に感じましたが、あらためて・・・鮎と鯛に、あまり関心がありません。生まれも育ちも北海道、特にこだわりがあるわけではありませんが、鯛はとれないし(笑)、鮎は放流して、釣れる所もありますが、食べたいとおもいません。うにも、かにもあまり・・・食べたいと思いません。これは、ただの爺になっただけなのでしょうか・・・?失礼しました。

GO
2016.07.28-17:32/mixer-go/URL/EDIT/
Re: mixer-go さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは。コメントありがとうございます。

鮭に、にしん、ホッケ・・・と、北海道には、美味しいモノが沢山あるし
地元で採れない、鮎とか鯛とかを、わざわざ食べる事はありませんよね。

とはいえ、僕だって、オホーツクの牡蠣を食べてみたり
奄美大島の醤油を使ってみたり
盛岡のじゃじゃ麺にチャレンジしてみたり・・・ですから
そこは「好奇心」というモノかも知れません(笑)

まぁ、人生いろいろですから、いいんじゃないでしょうか。
2016.07.28-19:43/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1978-ee3f84c2


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。