気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 次回のバルーンは月曜日

▼重湯+エンシュアの朝食 ・・・エンシュアは10時のおやつです。
重湯+エンシュアの朝食

今日は 8月6日、広島の原爆祈念日ですね。僕自身は 被爆者ではありませんが
一応は、元・広島市民でしたから、朝一番で黙とうして、世界の平和を祈念します。

そしてまた僕は 、がん治療の為、喉元に50ベクレルの放射線を浴びた・・・という
違う意味での被曝者でもあり、放射線というヤツは、後になるほど効いて来るので
肺が潰れるとか、唾液が出ないとか、いろんな後遺症に苦しんでいます。


・・・等々と言う事を想いながら、今日と明日は、治療オフの静養日。
月曜日と水曜日は、再バルーンとなる一方、呼吸器内科の酸素検査も入る予定で
来週は、何かと忙しい 治療&検査の日々となりそうです。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼消化器内科:バルーンは月曜日と水曜日

次回のバルーンは、月曜日と水曜日に、連続して行います。バルーンを入れると
食道を拡げた分、食道内の粘膜に亀裂が入り、2~3日で若干収縮して修復されますが
その収縮する前に、もう一度バルーンを入れて、拡張を固定化する作戦です。

1回目(今週)は、4mmの内径を10mmに拡げ、数日置くと、多分7mmくらいに縮むので
それをまた10mm程度に拡げ、縮まないうちに、つまり裂けた粘膜が戻らない内に
もう一度拡張することで、拡張を確実なものにしよう・・・という事なのだそうです。


以前の入院では、1~2回の拡張で、1回拡張では4か月、2回拡張でも半年で
再度の狭窄⇒入院となっていますので、今回は、ちょっと徹底的にやる方針ですね。

▼週の前半は、再び点滴生活かな?

バルーンを入れる時間は不明ですが、仮にお昼頃とすれば、日曜日から絶食&点滴
月曜の夕方から「重湯」で、火曜日の夜から絶食で、水曜日に再びバルーン。
その間、点滴は、つなぎっ放しで、木曜日くらいにやっと外れると思います・・・ヤレヤレ。

・・・と、覚悟していたら、点滴は月曜の朝からで、夕方には終了して食事(重湯)
火曜日は、食事もステップアップして、水曜日 バルーン当日に絶食で点滴、
その晩、様子を診ながら食事開始という、大丈夫かいな?という感じですが、さて?


▼食事は、週の半ばからステップアップ

となると食事は、今週~来週 月曜日までは「重湯」で、火曜日から三分がゆ~、
水曜日、バルーンを入れて一旦重湯に戻るか、そのままで、木曜日の夜から
五分がゆ~七分がゆとステップアップして、軟食くらいまで来たら、退院・・・

という段取りのはずですが、手術がうまくいけば、ステップアップは早いと思います。
それにしても、結構長い、点滴に重湯の生活・・・ちょっとうっとおしいですね(苦笑)


肺の酸素量に問題がなければ、土~日か月曜日あたりの退院でしょうか?
まぁ、あくまで、取らぬ狸の何とやら・・・ですから、先の事はわかりませんが、ね。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     


▼呼吸器内科:胸部 CTは、問題なし

昨日の晩、放射線内科の先生が病室に来て、CTの結果を教えていただきました。
今年1月に発症した「自然気胸」は、すでに治癒して、新たな気胸もなく、肺臓は安定。

肺の上半分は、放射線治療の後遺症で潰れていて、機能はしてはいないが、
それ以外の要因で、特に悪化した様子はなく、急激な酸素摂取量の低下は認められない。


現状の所見として、息苦しさの原因は、肺機能の低下によるものか、もしくは
食道狭窄によって体重が減り、その結果の体力不足によるものか?その辺りは不明。
もし後者なら、体重と体力が戻れば解消される問題でもある、との事。

▼月曜日に、酸素量の検査機器を装着

言われて見れば、なるほどの話で、現在 体重は40㎏しかなく、体力もないので
息切れするのも、当然と言えば当然。食道狭窄が改善されて、食事量が増え
体重が戻ってくれば、息切れも解消されるのかも知れませんが・・・さて?

という訳で、月曜日から、肺の状態というか、酸素量の検査を行うことになりました。
はじめての検査なので、詳しくは またご報告しますが、とりあえずは24時間
検査の機械を付けて過ごし、その間の酸素の摂取量を診る・・・ということの様です。


▼肺機能の総合診断は、それから…

それから、活動時の酸素量の検査というのがあり、それらを総合して診断
必要なら、酸素吸入のボンベを持って歩くとか、そういう訓練を始める訳ですが

出来れば、食べられるようになって、それで解消出来るなら、それがいいな・・・
とは思いますが、さて? そうは問屋が卸すかどうか?・・・ですね(笑)。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/08/06/Sat 19:37:12  食道狭窄/CM:0/TB:0/
new 入院グッズの研究 / MAIN / 今日は、胸部CT old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/1988-df13980a


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。