気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ カシューナッツは、上手く喉を通るだろうか?

▼鶏のカシューナッツ炒め
鶏のカシューナッツ炒めUP

鶏肉とカシューナッツ、野菜類を 甘辛く炒めて、水溶き片栗粉の餡でまとめた
四川を代表する料理の一つ「鶏のカシューナッツ炒め」、美味しくて大好きな料理ですが
食道狭窄になって以来、ナッツ類が喉に詰まるのを警戒して、料理を封印して来ました。

呼吸は、喉に開いた気切口でしていますから、食道に食べ物が詰まっても大丈夫だし
また肉類などは、喉に詰まっても、その内唾液などで、少し溶けて飲み込めるけど
丸いナッツが、スポンと喉に詰まると、本当にどうしようもなくなる・・・からなんですね。


退院して10日間、おっかなびっくりですが、あれこれ食べてみて、喉の広さを実感し
そろそろ良かろう?!・・・と、今日は、鶏のカシューナッツ炒めにチャレンジしてみました。

★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
       続きを読まれる方は ↓ から
 

▼鶏のカシューナッツ炒め
鶏のカシューナッツ炒め

本来の名前は、宮庁鶏丁(ゴンパオジーディエン)・・・鶏の桃肉、カシューナッツ
(本来はピーナッツ)、玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、白ネギなどを同じくらいのサイズに
カットして、赤唐辛子と共に胡麻油で炒め、水溶き片栗粉でまとめたモノですね。

▼鶏のカシューナッツ炒め 小鉢
鶏のカシューナッツ炒め小鉢

鶏は、腿肉が美味しいけど、がん対応の食事療法なら胸肉が良く、唐辛子の辛さは
お好みで・・・夏場てや抗がん剤などで食欲にない人も、ピリ辛で、食欲もアップします。

▼モロヘイヤの中華スープ
モロヘイヤの中華スープ

モロヘイヤをミキサーにかけ、中華スープと合わせて温めた滋味あふれるスープです。
温めるので、ネバネバはなくなりますから、嚥下障害の方は、冷製スープがお勧めですが
そうでない方は、ミネラルやビタミンは豊富な薬膳風スープとして、お楽しみください。

ご来訪の証しに ↓ このあたりでクリック。
     

▼陳・麻婆豆腐
陳・麻婆豆腐

もう一品は、同じく四川風の「陳・麻婆豆腐」・・・こちらは、挽き肉に豆腐ですから
嚥下に問題はなく、安心していただける料理ですが、辛さは控えめにしてあります。

▼陳・麻婆豆腐 小鉢
陳・麻婆豆腐小鉢

四川料理というと、とにかく「辛い」・・・唐辛子が山ほど入った料理と思われていますが
実は、「唐辛子」も使うけど「花椒の痺れるような辛さ」をベースにしているのが特長。
という事で、僕は、唐辛子控えめ、花椒多めの味付けで、四川料理を楽しんでいます。

▼四川料理 二品の夕食
四川料理 二品の夕食

以上の二品にスープの夕食でしたが、心配したナッツも、一切喉に詰まることなく
補助食材のオクラなども一切不要。ある意味快適に食べ進むことが出来たのですが

食道が太くなっても、まだ、歯の噛み合わせの問題があり、唾液も少ない為
スープやジュースなどで、水分を補いながら嚥下する必要があり


尚且つ、食道が太くなって、食べ物のかみ砕き方が「ラフ」になった分、今度は
胃袋の消化作用の負担が大きくなった様で(苦笑)、胃もたれの心配とか消化薬とか、
そういうフォローが必要になってきたような気がします。難しいですね(笑)。

本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、四角い枠のすぐ下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト
2016/08/26/Fri 19:18:20  食道狭窄/CM:4/TB:0/
new 一汁三菜+一品 食事療法 マクロビ贅沢御膳 / MAIN / 暮しの手帖が「先生」でした。 old

COMMENT

  from - Piyosophy
退院されてまだ10日なんですね。お身体の回復をお祈りしております。
やはり人間生きることは食べることだなとつくづく感じます。
私も来週ジストニアの治療が待っているのですが、副作用で嚥下障害が出るようなので、モロヘイヤのスープ参考にしたいと思います!癌ダム4Gさんのように、前向きに食を楽しみながら闘病してゆきたいです。
2016.08.26-19:30/Piyosophy/URL/EDIT/
Re: Piyosophy さま:  from - 癌ダム4G
おかげさまで、「普通の食事」に近いモノが
何とか食べれるようになりました。
よく生きる事は、よく食べる事、本当にそう思います。

> 私も来週ジストニアの治療が待っているのですが、副作用で嚥下障害が出るようなので、モロヘイヤのスープ参考にしたいと思います!癌ダム4Gさんのように、前向きに食を楽しみながら闘病してゆきたいです。

同じ嚥下障害でも、ジストニアと喉頭がんの場合はかなり違うと思いますから
やってみて、色々アレンジして、良い方法を模索してみてくださいね。

食事療法と嚥下障害は、特に分類してはいませんが
ここ2年くらいの料理は、ほとんど嚥下障害対応ですから
ブログ右側の、食事療法(イタリアンとか中華とか)唐
あれこれ検索していてくださいね。

大変ですが、お互い、前向きで頑張りましょう。


2016.08.27-11:06/癌ダム4G/URL/EDIT/
うれしい悲鳴  from - あたごウクレレ
気道戦士 喉頭癌ダム さま
スムーズに通るので食べ過ぎられて胃に負担ですか、うれしい悲鳴ですね。

歯が悪いのは小生もです。オペ前に2本抜歯したのですが。

子供のころの手入れの悪さと放射線で抜く歯が出てきてますが、東大で相談したらリスクあるので食べれるのならそのままの方が…といわれてだましだまし使用してます。

気道戦士 喉頭癌ダム さま 抜歯されるようでご報告を待ってます。
2016.08.27-13:00/あたごウクレレ/URL/EDIT/
Re: あたごウクレレ さま:  from - 癌ダム4G
こんにちは、
決してうれしい訳ではありませんが、胃が悲鳴を上げているのは確かですね。
過去、胃潰瘍の経験もあるので、
少し慎重になった方が良さそうです。

抜歯については、また、ご報告いたしますが
これもまた、残念ながら、さして良い話はできないように思います。
2016.08.27-21:33/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/2003-eff411f1


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。