FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ ナチュラルチーズ考

ゴールデンウィークですから、ある程度ゆっくり本を読むゆとりもあります。

帰省中の事とて、写真が添付できないのが残念ですが
とある「雑学の本」を読んでいて、ある記述に目が留まりました。


ナチュラルチーズはアルカリ性食品で
プロセスチーズは酸性食品なのだそうです。


ナチュラルチーズというのは、牛乳に酸を加えて凝固させ
残った水分(ホエ―)を捨てて搾り、
その凝固したものを集めたのが「カッテージチーズ」や「モツァレラ」
それを熟成させたのが、「チェダー」や「エダム」など。

白カビを付けたのが「カマンベール」や「ブリ―」などの白カビチーズで
青カビを付けると「ロックフォール」や「スティルトン」「ゴルゴンゾーラ」の青カビチーズ。
などなどとなり…すべてアルカリ性食品なのだそうですが


プロセスチーズというのは、
悪く言えば、形や味の問題で、売り物にならない屑チーズを混ぜ合わせて
良く言えば、多様なナチュラルチーズを、美味しくなるようにブレンドして
それらを溶かして型に流し込んで作る「成形チーズ」の事ですが
その過程で、数種類の添加物を加えるため「酸性食品」になるのだそうです。

で、話を「癌」に移しますと
食事療法では、四足系の肉は駄目だし、乳製品もNG.
ただし良質のチーズなら食べてもよい…とあったのですが
「良質のチーズ」って、なに?


…という疑問が、ずっと残っておりました。

あの「今ある癌が消えてゆく食事」という本。
確かにすばらしい本だとは思いますが
著者の先生は「お医者様」で、当然の話しながら料理はもちろん素人だし
レシピをサポートしておられる方も、たぶん栄養士さんで
僕に言わせれば、栄養学の専門家ではあっても
プロの料理人やグルメの視点で、料理を見ているわけではない…のは
(僕だって、料理研究家のはしくれですから)
紹介されているレシピを見れば、すぐわかります。


まぁ、僕は「食事療法」のブログを始めたのも「そういう事」で
それらの本に出てくる料理が、余りにも美味しくなさそうなものばかりだったので
それなら「旨い食事療法」レシピを作ってやろうと思ったのがきっかけ。

まぁ2年近くもやっていると、それなりに自信もついて来ましたが
チーズに関しては、どうしたものか?ずっと考えていたわけです。


でも、自己流の解釈ですが、乳製品ではあるけれどアルカリ食品の
ヨーグルトがOKなのですから、たぶん同じアルカリ食品のナチュラルチーズもOKのはず。
良いチーズというのは、たぶんナチュラルチーズの事だと思う訳ですね。

そこで、早速店頭でいろんなチーズをチェックしてみました。

↑の方に書いた、ちゃんとしたチーズはもちろん「ナチュラルチーズ」です。
日本製のチーズの多くは、プロセスチーズ。
「チェダー」や「カマンベール」と名前が付いていても
裏を見ると「プロセスチーズ」と書いてあるものが多数見受けられます。

シート型のとろけるチーズや、6Pチーズのように成形してあるチーズ
また切れてるチーズや、ピザ用のチーズ、バターのように塗るチーズは
ほとんどがプロセスチーズと考えて間違いありません。



●その中で見つけたのが、カップに入った明治の「マスカルポーネ」
日本語でパッケージングされたチェスコの「アメリカンクリームチーズ」
フィラデルフィアの「クリームチーズ」など3種類のクリームチーズ。

マーガリンもちょっと飽きてきたし、トランス脂肪酸は大丈夫とは言え
大量に使うのは少々気が引けるし、他の銘柄はトランス脂肪酸が心配だし
蜂蜜もエキストラバージンオリーブオイルも毎日では飽きてくるというもの。


早速、パンに塗って食べてみたところ
これが実に、僕の「膨らまないパン」によく合うんですね。
全粒粉のざらついた食感を滑らかなチーズがカバーしてくれますし
マーガリンでは受け止め似れないライ麦の癖も
これらのチーズなら、どっしりと対等に受け止めてくれて大満足。

オクラを乗せてよし。トマトを乗せてよし。
パサつく魚や鶏の胸肉も、しっとりカバーしてくれるのでこれはよい食材めっけ!
なんてイメージです。


(これも食べちゃ駄目!とか言われるとショックですが)
アルカリ性食品ですから、たぶんOKでしょう。
そして、カマンベールやブリ―などの白カビ系ならヨーグルトなどと同じ
「発酵食品」系ですから、クリームチーズよりもっと大丈夫なはずです。

というわけで、しばらくはバターの代わりに
帝国ホテルマーガリン、エキストラバージンオリーブオイル、
そして、これらのクリームチーズを交互に使ってみることに致しました。


●確証のない話ですから
癌の方で、「食事療法」真っ最中の方にはあえてお勧めもしませんが
僕のように、ある程度<回復>が形になって現れた方
癌とは関係なく、健康のために
「食事療法」的な食事やマクロビ食を実行されている方には
ぴったりのお話かな?と思います。

※癌の方は、あくまで自己責任でお願いですよ。
とはいえ、抗がん剤だって、効くか効かないかは神のみぞ知るような世界。


まぁ、対処療法主体の癌治療で、
ステージ3以上の癌が完治する見込みはほぼありませんから
※5年間、転位・再発がなければ、完治したと「みなす」だけです。
 6年目や8年目に再発・転位など、よくある話ですね。
たかが「一かけのクリームチーズ」でごちゃごちゃいうこと等ないのかも知れませんね。

ま、ナチュラルチーズはアルカリ性食品で
プロセスチーズは酸性食品であることだけは事実ですから
たぶんですが、癌に効くかどうかはともかく
アルカリ性食品の方が基本的には、体に良いとは思います。


とりとめのない話でしたが、
とりあえず「知識」として、お聞き流しいただければ幸いです。

  ※2013-10-14 追記:ナチュラルチーズは、プロセスチーズより、
  はるかに安全で健康に良い食品と思われますが
  癌治療が目的の食事療法の場合、多少の疑問も残ります。

  そこで、食事療法の方には「ヨーグルトディップ」
 <http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-460.html>をお勧めします。



●喉頭がんステージ4で声帯摘出手術を受けたがん患者で、
声帯のない身体障害者ですが、シャント法という手術で声を取り戻しています。
放射線治療で、一旦は味覚を失いましたが、
現在は、このような記事が書ける位に回復しています。


ランキングに参加しています。
喉頭がんで、情報を探しておられる方の目につきやすいからです。
よろしければ、ご協力下さい。



ありがとうございました。
もちろん、癌でない方のコメントも大歓迎です。


PS.本当は昨日帰ろうと思ってたんですが、
実は猫がいなくなりまして…近所に出たきり、帰ってこないんですよ。
ちょっと困ってるわけですが
…という訳で、帰るのは一日伸ばすことにしました。


4日の夕方なんて、めちゃめちゃな大渋滞でしょうから
逆による遅く出て、深夜に帰着のつもりです。
スポンサーサイト




2010/05/04/Tue 04:04:04  食事療法/CM:0/TB:0/
new アジの手捏ね寿司 / MAIN / ゲルソンジュース考 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/398-bd8cca34


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房