FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ ボイスプロテーゼを入れようと思います。

え~っと、どこからしゃべるべきなのか?迷うのですが
とりあえず手術をすることになりました。

と言っても、癌などが転移したり、
病状が悪化したわけではなく


喉に設けた<シャント>という穴が、チョット大きくなってきたらしく
大きく明瞭な声でしゃべれるのはいいのですが
そのぶん「液漏れ」が少し多くなってきて、飲食がかなり「不便」になってきた
…という事を、新たな手術で
つまり「逆流防止弁」の付いた、新型のシャントを装着する事で解消しよう
というものです。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

僕の喉には声帯がなく、その代わりに食道に「仮声門」という部分が設けてあり
気管から食道に細い穴が開けてあるので
その穴から空気を送り込んで、食道を振動させてしゃべっているわけですが
穴が開いてるわけですから、食事や飲み物が若干漏れてきたりする訳ですね。

僕のシャントは「天津式」といって、単に穴が開いてるだけですから
まぁ欠点としては、上記のように「チョット液漏れ」することがあげられ
反面メリットとしては、「生身」の気管を利用して穴を作ってるわけですから
手入れ不要、メンテナンスフリーという捨てがたい特徴があります。
 

今度のシャントは、ボイスプロテーゼ(商品名:プロヴォックス)という
逆流防止弁の付いた人工のシャントを挿入するわけですから
<液漏れしない>つまり、自由に飲食が出来るというメリットがある反面
4ヶ月程度で部品交換の必要がある…つまり、お金も手間もかかる
というデメリットもあるわけですね。

まぁ、そうしたことから
液漏れに不満はあるものの、メンテフリーのメリットも考え
現在まで、その天津式のシャントと付き合ってきたわけですが
 

そのシャントがここしばらくの間にチョットだけ大きくなったみたいで
液漏れが かなりひどくなってきて

一口食べる度に、下を向いて食べものが気管に落ちないように構え
ティッシュを喉もとに当てて、漏れてくる食べものを受けないといけない
…というような、チョット面倒な事態になり
 

こりゃ、やっぱりボイスプロテーゼを入れるか!
という考えに至った…と、お考えください。



★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から

手術は、2回に別れ
まず現行のシャントを閉じて、傷の癒えるのを待ち(約1ヶ月)
然る後に、もとあった場所の近所に新しいシャントの穴を開けるというもの。

その事前の手術が、この20日に決まって、約1週間程度の入院?
経過を見て、1ヶ月程度後に、2~3日の入院という事になるようですが
 

問題は…。

手術自体は大したことないのですが
二つの手術のその間、シャントを閉じているので「しゃべれない」という事。
 

前回の手術時は
そりゃステージⅣの癌ですから、そっちの方が心配で
無事でよかったよかった!と、しゃべれない事は二の次。

また初めての経験で、訳のわからないうちに、時間が過ぎていったのですが
今回は「その、もどかしさ」が解かっているだけに、チョット…ですね(苦笑)
 

社員さんも、慣れたモンで
社長!また例のパソコン筆談ですか?!と笑っておりますが
なに1週間もすれば、またラリンクス(電気式発声器)も使えるので
久しぶりに、あの抑揚のない電気振動の声で
ワレワレハ、ウチュウジンダ…などと、冗談をかまそうと思っております。


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

癌患者の方も、食いしん坊の方も
よろしければコメントをお寄せください。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト




2011/07/15/Fri 15:15:15  喉頭がん/CM:0/TB:0/
new プロヴォックスを選ぶ理由 / MAIN / 省エネ家電の罠 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/645-6148c3c2


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房