FC2ブログ


気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ コーヒーブレイク

学生時代からずっと、朝はドリップコーヒーと決めている。

▼コーヒードリッパ―"
コーヒードリッパ―

母の実家は、戦前から英国式の紅茶にマーマレードの朝食で
うちの家は電熱式のサイフォンコーヒーだったが
昭和30年代、なぜかコレをパーコレーターと呼んでいたと記憶する。

一人暮らしをするようになって、手入れの簡単なドリップ式に変更したが
それでも、豆だけは手回しのミルで自分で挽いていた。
屋根にサーフボードを乗っけて、九州や北海道にも行ったが
人気のない浜辺で入れるコーヒーの味は格別だったといまも記憶している。


働くようになって、ドリップはコーヒーメーカーに代わったが
毎朝のレギュ―ラ―コーヒーは、今日まで欠かしたことはない。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

という訳で、病院でも毎朝ドリップコーヒーを立てている。

喉頭がんで声帯を摘出してからは、香りや味がそう解かる訳ではないが
それでも、朝の一杯は格別の味で、やっぱりコーヒーは欠かせない。

▼モーニングコーヒー
モーニングコーヒー

そしてまた、病院にもコーヒー好きは結構多く
デイルームに広がる香りは、
適度なコミュニケーションのきっかけ作りにも役だってくれる。

知らない同士。しかも病気というハンデを抱え
癌などのやっかいな病気や、手術に向かう「言いしれぬ敵意と恐怖」
そして動かないカラダを引きずる「深い悲しみ」の渦巻く
誰しも<入りたくはない>病棟の暮らし…。


そんな空間に充満したマイナスのオーラを
ドリップコーヒーの香りが、さわやかに溶かしてくれる…と言ったら、
少し言い過ぎだろうが、確かにそんな気もする。


いい香り、私コーヒー大好き!とにっこり微笑む歩行器の女性。
私、少々「うつ」の気がありまして…と、突然、話しかけてくる中年男性。


コーヒールンバに歌われたように
「たちまち男は若い娘に恋をした」…というほどの力はないにしても

コーヒーブレイクって、本当はこういう事なのかな?
等と、思ってしまうくらいの力はあると思うが


缶コーヒーやインスタントコーヒーには、もちろんそんな力はない。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から

そして、また先週から新しい飲み物が加わった。

▼ゲルソンジュース
ゲルソンジュース

新しい…と言っても「おなじみ」のゲルソンジュースなのだが
経鼻流動食の細いチューブを通るよう
目の細かいフィルターで濾してある、スペシャルバージョンである。

▼500ミリボトル2本分のゲルソンジュース材料。
a人参ジュース2本分

普通なら500㎜ペットボトルに2本取れる量の材料から
半分の1本しか取れない、ちょっと効率の悪いジュースだが
これでなければチューブが詰まってしまうので仕方がない。

先日、腫瘍マーカーが異常値を示したのをきっかけに
僕も癌患者である事を思い出し(苦笑)
再発・転移などしたら、えらいこっちゃ!…と始めた訳だが


さすがに、低速回転臼式ジューサーで絞った
「酵素が生きている」ジュースの味で
酵素の死んだ<市販の野菜ジュース>とは、味・香り共「天と地」の差。

特に、人工加工物だらけの流動食では味わう事のなかった
細胞一つ一つに沁み込んで行くような味わいがそこに感じられる。


▼で、本来の1日分のジュースの分量がこのくらい。
aジュース材料3本分

本来なら、毎日このくらいの量をジュースにして摂りたいものだが
チューブの太さと、「作りたて」ではなく家からの輸送を考えると
いまはまだちょっと無理。(青いジュースは特に酸化しやすい)

食道の穴さえ閉じてくれれば…という事なんだけど
なかなか、思うようにはいかないものですね(苦笑)


ゲルソンジュースは、制がん効果の高いジュースですが
ダイエットや美肌にも大きな効果があります。
興味のある方は、↓ の記事もご参考にお読みください。

保存版・ジュース材料の目安
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-441.html



本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

よろしければコメントをお寄せください。※コメント欄は、3つの広告の少し下
 ちょっと見えにくいけど、赤い小さな文字でCMと表示してあります


出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト




2012/06/30/Sat 20:00:00  入院日記/CM:2/TB:0/
new いびき、寝言、ため息 公害 / MAIN / 追加の手術が必要かも? old

COMMENT

  from - ヨシムラ
うんうん、コーヒーの薫りには場を和ませて呉れる力がありますよね。

わが家もオヤジが淹れるコーヒーが朝の薫りでした。
ペコペコで煤けたアルミのパーコレータ。
ガラスのつまみ越しにポコポコ吹き上げるコーヒーの色がだんだん濃くなっていくのを
眺めるのが好きでしたよ。

この頃は、旅先でその地の名水を汲みその場でコーヒーを淹れて味わっています。
もっとも肝心の豆はパックモノの簡単ドリップに走っていますが・・・(^^ゞ
2012.07.03-08:56/ヨシムラ/URL/EDIT/
Re: ヨシムラ さま:  from - 癌ダム4G
アルミのパーコレーター…いいですね~。

僕も10年位前に見つけて、懐かしいので入手しましたが…

ところが、いまの若い連中は
コーヒー豆を売ってる専門店にも関わらず
「パーコレーター」という道具を知らず
「パーコレーター用に挽いてよ」と頼んでも「???」な顔

さすがに奥の方から、年配のご主人が出てきて
「失礼しました」と対応してくれたけど
本物の「アメリカンコーヒー」は、これでなくては!ですよね。

記事の写真は100均で見つけた一人用のドリッパ―
小さいし、軽いので、旅先でも使えるかも?ですよ(笑)
2012.07.03-15:01/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/863-057e0313


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房