気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 傷口(漏口)の現状

昨日、9月9日日曜日イーモバイルのWiFiルーターが届いて
やっと病院からも、ダイレクトなネット環境が整いました。

ルーターはレンタルなので、先日返却したばかりですが
こんなことなら返さなきゃよかった…訳ですが
まさか、こうなるとはだれも思っていなかったので(苦笑)仕方ない話ですよね。


EモバイルWifiルーター(レンタル)

さて、現在までにわかった話を、一応整理してみますと…

外から見た感じでは、食道に穴が開いて(または縫い合わせた部分に、裂け目が出来て)
そこに唾液が入りこんで、自分の肉を消化して孔が表面まで広がった


▼傷口:漏口アップ(左側の小さな穴が今回の漏口です)
漏口2

詳しくはわからないし、なんともナントの言えないが
通常、孔が開いて表皮に到達するのに、概ね1週間程度らしいので
逆算すると、先週の週末辺りに、「どかか」が破れたのかなぁ???という感じだが
いまさら考えたところで仕方ないので、詮索はここら辺でやめておきましょう。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

その「最初に破れた原因」については…
1.有被弁手術の皮膚が、(平らに吸収され始めて)痩せてきて突っ張り始め、食道を引っ張った?
2.食べ物(少し大きな固形物)を飲み込む際にテンションがかかった
3.首を動かす動作で、食道が引っ張られて皮膚との縫い目に小さな裂け目が出来た
4.それらの複合によるもの(何しろ内側はまだ糸がついている状態です)

…等などが考えられるが
こちらの方は、次回また同じ状況になることを防ぐためにも
ちゃんと解明しておいた方が良さそうな気がする。
もちろん、正確な事はわからないが
1はともかく、少なくとも2と3は自分で注意すれば防げる事故だと考えられる。

なお、傷口は小さいので
抗生剤で感染症を治し、食道周りの筋肉の「つっぱり」を緩めてやれば
十分にくっつく、つまり「自然治癒」する可能性は十二分にあるが
しばらく様子を見ないことにはなんとも言えない。


また、軽くくっついても、その力が弱ければ、またはがれるので
そうなると、再手術の必要も出てくるが

その場合、周辺を縫い合わせるだけでいいのか?
それとも、全回行った有被弁手術のさらに外側の皮膚を使った有被弁手術を再度行い
さらにしっかりと食道の周囲を固める…という大袈裟なことになるのか


とりあえず一番大袈裟な解決法はそのやり方…という事になりそうなので
たぶんそこまではいかないとは思うが、一応の覚悟はしておくことにする(やれやれ)

▼デイルーム
デイルーム2


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

裂け目(漏口)を発見したのが9月5日(水曜日)で
今日は、そこから4日経った9月9日(日曜日)だが

抗生剤を3日間、朝晩投与したおかげか?
それとも経鼻注入食で食道の負荷を無くしたせいか(多分両方?)


傷口はそれ以上広がらず
案外と、このまま閉じてくれる可能性もなくはない。


それでも、しばらくは大事をとって、経鼻チューブは外せないだろうし
食事を始めたところで、これも大事をとって、柔らかい食事中心になるように思うが
この状況で、また傷口が開いたりするようであれば
再び手術…とぴうコトになる。


その場合、まずは食道の裂けた部分の周囲をつまんで手術すると思うが
幸い裂けたのは、細くなっている食道に少し上の部分なので
現状以上に食道が細くなる心配はなく(細くなる部分が少し長くはなるけれど)
そうした手術も可能とのこと。

そして、それでもダメなら、右胸とか背中とかの皮膚を切り取って
食道に巻きつける<被弁手術>を行うか?


最後の手段としては、食道のダメな部分を切り取って
その部分に空腸か何かをつないでくっつける…といいう方法もあるように思うが
主治医の先生は、まぁ、そこまでは考えなくても良いと思いますよ…と言う事で
現状では、要らんことは考えないでおくことにしておきましょう(笑)



本日も、ご愛読ありがとうございました。


よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

まっ、最悪の事態を想定して、覚悟を決めておけば
それ以上落ち込む事もないし
案外と軽かったね!と笑っていられる。

前回(5年前の喉頭癌の折)は、最悪の事態は「あの世行き」でしたが
それならそれで、腹もくくれる…というもんです(笑)


最悪の事態を想定してそれに備えることと、悲観にくれることは別の問題ですから
いつも前向きでいる為にも、最悪の事態は常に想定しておきましょうね。

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト

2012/09/10/Mon 18:09:00  入院日記/CM:2/TB:0/
new 個室生活 / MAIN / 9月7日 入院2日目 old

COMMENT

  from - Nobuko
癌ダムさん
本当にご無沙汰いたしております。。。。。きっと順調に何でも食べられるようになっておられるかと思っていたのですがまたまたハプニングですね。
毎回書いておりますが、本当に癌ダムさんの”不屈の精神”と落ち着いた姿勢は見習わなければ。。。と思っています。唾液ってすごい力があるのですね~。癌ダムさんの手術のレポートなどを読ませていただいていつも思うのですが、人間の体ってすごくよくできていると感心します。またしばらく食の楽しみはなくなるかと思いますが、現状レポート続けてくださいね。応援しています!!!!
2012.09.11-02:15/Nobuko/URL/EDIT/
Re: Nobuko さま:  from - 癌ダム4G
そうなんですよ…

普通に家に帰って、ふと鏡を見たら
塞がったはずの喉に、小さな穴が開いてて
ジュースとか唾液とかが漏れ出している…

本当にびっくりいたしました。

> 本当に癌ダムさんの”不屈の精神”と落ち着いた姿勢は見習わなければ。。。

って、そんなもの大してある訳じゃありませんが
嘆いたところで、孔が塞がる訳じゃなし
看護師の皆さんから「お帰りなさ~い」とか言われると
笑って「ただいま~」と言うしかありませんよね(笑)

実際、その時はビックリしたけれど
自分でも笑っちゃったし、主治医の先生も苦笑い
いわゆる「笑うしかない」ってヤツですかね(苦笑)

> 唾液ってすごい力があるのですね~。癌ダムさんの手術のレポートなどを読ませていただいていつも思うのですが、人間の体ってすごくよくできていると感心します。またしばらく食の楽しみはなくなるかと思いますが、現状レポート続けてくださいね。応援しています!!!!

そうですね~自分でもエイリアンの唾液かいな?と思ってしまいます。
粘膜以外は、自分の肉でも何でも消化しちゃうのでしょうね。

入院日記はしばらく続くと思いますから
また応援、よろしくお願いいたします。
2012.09.11-15:11/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/914-b6721ced


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。