気道戦士 喉頭癌ダム

タバコの吸いすぎから喉頭癌ステージ4でシャント法手術を受けました。声帯摘出、放射線治療、抗癌剤・・・。これから手術を受ける人、治療の後がつらい人。私の体験や工夫が、何かのお役に立てばうれしく思います。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 明日はプレゼンです!

久々に書いた気がする「がん患者」さんへの応援メッセージ
沢山の拍手とコメント、大変にありがとうございました。

その間、同じくがん患者さんを応援する
ブロ友のtomotan さん のところの
(がんばって)は言いにくい?」 と、「癌治療、あきらめないで、、。」の記事に
「乳がん」患者さんの心に塩を擦りこむような
不埒なコメントが入ったり


妙な治療を行なった変な医師のせい?で
喉頭がんステージ1なのに、3年後に命を失った
ご主人の「ちょっと許せない」治療の話などがあって
(前回の記事のコメントあり)

この話は、ご本人様の許可があれば
また記事にさせて頂きたいところですが…


(現在、お返事待ちです)…さっきOKをいただきました。

ご来訪の証しに ↓ とりあえずクリック。
     

一方、良い方のお話もいろいろあって、

ひとつは、病状の悪化で、今にも死にそうなメッセージが入った
ポポカさん>がブログを更新してくれたこと。


何しろブログの更新はないし、溜まったコメントも「承認待ち」のまま
いや、一時はどうなることかと気を揉んでいましたが
承認待ちのコメントが開き、お返事が書き込まれ
そして、しばらく後 次のブログがアップされて、ホッと一息

そうカンタンに死ぬような人じゃないとは思っていましたが
心配させるんじゃないよ、バカヤロウ!…ですね(笑)



それから、また「下咽頭がん」+「食道がん」で手術して
僕と同じように、エレクトロ・ラリンクス(EL)でしゃべってらっしゃる
pleiades:プレアデスさん(五つ星の星座すばる ですね)から

そのELで授業(学校の先生です)をやってる!!!というコメントをいただき
僕も大変に勇気付けられた気が致しました。
※コメントは、この下の、前回と前々回の記事でご覧いただけます。


シャントを閉じちゃったので、同じくELでしゃべってる僕
頑張らないといけませんね。


そして、三つ目は
入院中、僕の向かいのベッドで親しくなったTさんが
今度の土曜日、無事退院となったこと。


Tさんは、pleiades さんとは逆に
「食道がん」がベースで「喉頭がん」も見つかった患者さんで
pleiades さんと同じく、食道を切って胃の吊り上げ手術を受け
喉頭がんの方は、軽かったので
放射線治療と抗がん剤で対処したのですが

僕も経験しましたが
手術後の放射線と抗がん剤の併用はとてつもなく辛い治療で
一時は見る影もなくやつれちゃって
コトバをかけるのもためらわれる…ほどでしたが


昨日、お見舞いに行くと
これがまた、見違えるように元気になっていて
なんともうれしい限り。

ただ一つ、気になっていたのが…
せっかく教えた「食事療法」の実行。


本も数冊貸してあげて(ご本人もその後購入)
ご本人も、その大切さや自分でがんと闘うことの重要さを
十二分に理解したんだけれど…

何だかんだ言って、人参ジュース(ゲルソンジュースですね)は
結局飲まないような気がして仕方なかったので
この際だし…と、思い立って


低速回転ジューサーで絞る僕の人参ジュースを余分に1本絞って
昨日、彼に届けに行ったわけですね。


★続きは後半。↓ ランキングにご協力下さい。
      ありがとうございました。
             続きを読まれる方は ↓ から
          続きはこのまま下に書いていきます

食事時に合わせて飲むのがいいので、夕食時に訪ねましたが
案の定、ちょっと嫌そうな顔をするので(苦笑)
「飲んでみて」と勧めましたが
イヤイヤひと口飲んで「あれっ旨いやんコレ!」と態度が一変
話しながらゴクゴクと美味しそうに飲み
500㎜Lのペットボトルを見る間に飲み干してくれました。

実は今年の春、高校時代からの大切な友人を
がんの再発で失ったのですが
その彼は、何度勧めても「食事療法」をしようとせず
人参は嫌いだと、ジュースにも口をつけようとはしなかった…


ジュースを飲めば再発しなかったかどうか?
済んでしまった過去に「もしも」はありませんが
どうにも、その事が胸の奥につっかえていた訳ですね。

そのこともあって、Tさんには
どうしても人参ジュースを飲んで欲しかった分けですが
彼が言うには、
昔飲んだ「ジューサーの青汁」の、物凄く不味かった記憶があって
野菜のジュースは、どうにも飲む気がしなかった。


この(低速回転ジューサーで絞った)ジュースはまったくの別物だ。
俺もさっそく買って、このジュースは続けるワ(大阪弁)
と言ってくれたので、僕もやっと一安心。

彼にはどうしても再発などして欲しくないし
出来れば自分で癌と闘って欲しいなと思うわけですよね。


過去は変えられないけど、未来は変えられます!
            ●

…と、がんの話ばかりしていますが、仕事もちゃんとやってます(笑)

実は先日、クライアントさんから
「競合プレゼン」のお仕事を頂いて、退院後 初チャレンジ!

これからプレゼンですから、中身は企業秘密ですが(笑)
久々の競合合戦…先週と今週は、ちょっと頑張りました


サッパリわからない方のためにちょっとだけ解説しますと
僕は「広告屋」というか、
新聞や雑誌、そして折り込みチラシなんかの制作を担当している
企画&コピー/デザイン会社のクリエイティブ・ディレクターなんですね。

で、競合プレゼンというのは
クライアントに声をかけられた同業の数社が集まって
それぞれのプランとアイデアを「企画書」と「原稿」にまとめ
提案の場(プレゼンテーション)に持ち込んで
一番いいアイデアを出した会社が、その仕事を受注する…というシステム


「しんどい」と言えば、しんどい仕事ですが
広告屋としては、いちばん「燃える」仕事でもあります(苦笑)

しかしながら、さすがに
病後で「お初のプレゼン仕事」は、ちょっとコタエますね(笑)


久々の企画なので、コトバが中々出てこなかったり
ページ構成の感が鈍っていたり…
本業のはずのコピーライティングがヘボかったり
(アイデアは出なくっても、ダメなのは良くわかります・苦笑)

でも、一昨日はちょっと頑張って企画書が完成
昨日は、デザイナーの諸君が頑張ってくれて広告原稿が完成
今日代理店とやり取りして、若干の修整があって
いま、最後のフィニッシュ作業の真っ最中…


※ディレクターの僕は、みてるだけ(苦笑)で
 ブログを書いてるわけですが

さて、明日は朝からプレゼンテーション。
エレクトロ・ラリンクスで抑揚のない声ではあるけれど


明日のプレゼン、頑張って説明してきます!


本日も、ご愛読ありがとうございました。

よろしければ、↓ ランキングにご協力下さい。
     
     ありがとうございました。

PS:プレゼン、さっき行ってきました。とりあえず無事終了!
   結果は、一週間後くらいかな?勝てたらいいけど、さて、どうなるか?
   皆さんも成功を祈っててくださいね~(笑)

出来れば ↓ 拍手もね!
スポンサーサイト

2012/11/14/Wed 20:54:00  日記/CM:6/TB:0/
new ちょっと許せない話 / MAIN / 世の中、捨てたもんじゃないな old

COMMENT

ありがとう  from - tomotan
癌ダムさん、本当にありがとうございました。
「Tomotanさんの友人として不愉快です」が嬉しかったな~~!! お会いしたことはなくても心の友人です。 
自分で克服してるつもりでも、やはりぎくりとすることもたくさんありますね。 もう少し強くならなくチャですね。

すごいですね、プレゼン! いい結果だと信じています。 今はELというのを使ってはなしてらっしゃるのですね。 喉に当てるものですよね? 退院してすぐにお仕事に戻られてすっごいなーと思います! 
ぽぽかさんもよかった~!! 心配でした。
それから喉頭癌のご主人のお話、ぜひ読みたいです。
2012.11.15-15:15/tomotan/URL/EDIT/
Re: ありがとう / tomotan さま:  from - 癌ダム4G
どう致しまして。当然のことをしたまでです。
しかし、他の皆さんも、
同じように非難のメッセージを送ってくれたら
あの馬鹿も、いかに大変なことをしたか、もう少しピンときたかも?
…と思うと、その辺りが少し残念ですね。

> 自分で克服してるつもりでも、やはりぎくりとすることもたくさんありますね。
 もう少し強くならなくチャですね。

いやいや、あれは明らかに書いたやつが悪い。
強くなるならないの問題ではないと思います。

僕も、ずっと前のことですが
僕の喉の孔を見たある人に「その孔、いつふさがるの?」と聞かれて
絶句した覚えがあります。(苦笑)

その方に悪気はないんですが、たとえば足のない方に向かって
「その足いつ生えるの」と聞く馬鹿はいないでしょう
ところが喉頭がんに対する「関係のない人の一般の知識」なんて
(ひょっとしたら乳がんも)そんなモンなんでしょうね

だから、僕も特別に腹が立ったのかも知れませんが
「そういう事」も含めて
また、僕のブログでも取り上げてみたいと思います。
tomotan さんの中では「終わった話」なので
むし返すつもりはありませんが
「身障者の気持ち」という意味では、共通点はあるように思います。

> 今はELというのを使ってはなしてらっしゃるのですね。 喉に当てるものですよね? 

その通りです。食道に皮膚でパッチを当てて補修しているので
食道発声などで喉を膨らませると、又破れるとイカンから
1年くらいはヤルナ!と言われてますから、仕方ありませんね(苦笑)

> ぽぽかさんもよかった~!! 心配でした。

僕もうれしい限りです。
ここだけの話、あれだけ書けるならしばらくは死なんでしょうな(笑)
心配させやがって、バカヤロウですね。

> それから喉頭癌のご主人のお話、ぜひ読みたいです。

はい、現在執筆中です。もうしばらくお待ちください。
2012.11.15-16:53/癌ダム4G/URL/EDIT/
管理人のみ閲覧できます  from - -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.15-17:03///EDIT/
Re: 鍵コメさま:  from - 癌ダム4G
応援、ありがとうございます。

お返事のメール、送らせていただきました。
2012.11.15-23:25/癌ダム4G/URL/EDIT/
  from - Nobuko
本当にポポカさんのことは私も嬉しいです。
癌ダムさん、本当にお仕事、頑張っていらしゃいますね!
EL使用でのプレゼンはいかがでしたか?
一年ほどと書かれておられますが、手術の後が綺麗になおり、その部分の皮膚が強くなるといいですね。
時間はかかりますが、我慢してくださいね。
私も人参ジュース、くじけそうになっても続けています。。。。。あとかたずけとか。。。面倒なんすよね。
2012.11.16-11:55/Nobuko/URL/EDIT/
Re: Nobuko さま:  from - 癌ダム4G
> 本当にポポカさんのことは私も嬉しいです。

とは言え、彼に限らず「いつかは訪れる話」ですから
それなりの覚悟は、きちんとしておいた方がいいのでしょうね。

僕にしても、こうしてブログを書いていることが
生きた証しの一つだと思っています。

> 癌ダムさん、本当にお仕事、頑張っていらしゃいますね!
> EL使用でのプレゼンはいかがでしたか?

まぁ、企画書のストーリー説明は、代理店の人にやってもらって
僕は「書いてないこと」や発送の経緯、広告効果や
質疑応答、各案の比較、オススメ案の匙加減…などなど
プレゼンテーションの「ミソ」の部分をしゃべっただけでしたが
概ね、上手く言ったと思います。

ただ、最初の順番だったので、クライアントの反応は読めませんね(苦笑)
後の2社が、凡庸な案を出してくれるといいんですが、さて?

> 一年ほどと書かれておられますが、手術の後が綺麗になおり、その部分の皮膚が強くなるといいですね。

はい、ありがとうございます。
放射線を当てているので、細胞が不活発。皮膚の再生力が弱い…という事なので
シッカリくっつくまで「時間がかかる」という事だと思います。
現に8月、1回破れて1月ほど再入院しましたから用心に越したことはありませんね。

> 私も人参ジュース、くじけそうになっても続けています。。。。。あとかたずけとか。。。面倒なんすよね。

アレね…ジュースを絞った後で受ける容器を換えて、投入口から水を注ぐんですよ。
そしたら、水と一緒に(もちろん別出口で分離されて)中に溜まった絞りかすがほとんど出てきますから、
洗うのがとてもカンタンになりますよ(笑)。
2012.11.16-15:29/癌ダム4G/URL/EDIT/

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://gandam4d.blog8.fc2.com/tb.php/953-e7aecb73


MAIN
copyright © 2006 気道戦士 喉頭癌ダム. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。